B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
真田十勇士
0

    制作:2016年
    制作国:日本
    公開:2016年9月22日
    配給:松竹・日活
    監督:堤幸彦


    何が嘘で、何が本当か!?破天荒で奇想天外で、“大逆転”!



    最高に面白かった!ゆう★
    先日、試写で観たけど、一般公開でも観に行くことがマサキの中で決定した。


    この『真田十勇士』は、堤幸彦演出の舞台で、舞台上演と同時に、
    映画も公開されるという、珍しいダブルプロジェクトな映画。

    もう映画の出だしから、舞台観劇時のあの幕が上がった瞬間の高揚を感じた。
    そのまま劇場に来たかのような楽しさがそこにあった。

    【物語】==============================

    「嘘も突き通せば真実となる」──。
    嘘から始まった「真田十勇士」の物語は、いつしか真実へと変貌を遂げ
    激しい戦の中で、彼らは「真の英雄」へと成長してゆく。

    関が原の戦いから14年。
    天下統一を目前にした徳川家康と、復権を狙う豊臣家の対立は深まっていた。

    世間から、名将として知られる男、真田幸村。
    だが実際は、黙っていても、知的に見える男前なルックスと
    幸運な偶然の連続で、たまたま勝ち、名将となっていただけだった。
    実像と虚像の違いに悩んでいた時に、猿飛佐助と運命的に出会う。

    忍びの里を抜けて、どでかいことをしたいと考えていた佐助は
    「幸村様を本物の天下の英雄に仕立てあげようじゃないか!」
    同じ抜け忍の霧隠才蔵を筆頭に、個性的すぎる十人の仲間を集めて
    「真田十勇士」を誕生させる!

    =================================


    舞台は9月11日から始まっていて、当然、舞台もとても楽しく見応えがありますが
    舞台は舞台の良さがあり、映画には映画の良さがあって、ただ舞台をそのまま
    映画にした訳ではなく、映画の良さをいかんなく発揮していた。

    映画では、舞台では決して表現できない、騎馬の躍動感、二十万の徳川軍、法螺貝の音
    合戦の怒号、飛び散る血飛沫、落ちる首…特に、十勇士達や久々津集団(忍)の
    華麗な戦闘アクション等など、見所満載。

    そして、戦だけではなく、ちらほらと見えるほのかなほのかな恋模様。
    淀殿と真田幸村の長い年月を超える秘めた恋あり、抜け忍とくの一の忍ぶ恋あり
    由利鎌之助(加藤和樹)と筧十蔵(高橋光臣)の恋あり(嘘)


    中村勘九郎さん演じる猿飛佐助を中心に、真田十勇士の面々は個性的で、魅力に溢れていて
    苦無や槍、刀、弓などを使った、華麗なスタイリッシュ英雄アクションは
    一瞬足りとも目が離せない。

    映画序盤は、才蔵役の松坂桃李くんの反則すぎる格好良さに見惚れたり
    贔屓の俳優を中心に映画を観たりと、ミーハーな観方をしていたとしても…
    物語が中盤に近づく頃には、いつしか十勇士に気持ちが入ってきていて
    十勇士に戦で死んでほしくない!という気持ちが、自然に湧いてくることと思う。

    佐助のコミカルな演技も相まって、基本は、笑える楽しい映画ですが
    そこは戦国時代、合戦である以上、誰かが死なない訳はなく―――。

    マサキも、もともと贔屓の俳優が出演しているので、観に行った試写でしたが
    あまりに十勇士の一人一人が、個性的で、魅力に溢れ、芸達者だったため
    途中から、十勇士に入り込んでしまい、贔屓の俳優とか全く関係なく
    仲間の討ち死では、どの場面も泣きそうだった。ていうか、泣いたわ!kyu


    十勇士以外にも、脇を固める実力派俳優陣がさらなる映画の面白さを引き出している。
    個人的に、松平健さん演じる徳川家康には、難攻不落の恐怖を感じた。

    真田幸村(加藤雅也)は、本当に黙ってると知将って感じで、雰囲気のある俳優。
    黙ってると渋い大人の男なのに、誤解されやすいタイプなだけで、実際は普通の男で
    佐助や才蔵達と話している姿が、とてもとても可愛らしい。
    正直な所、大島優子さんを差し置いて、劇中で最も可愛いのは
    真田幸村と言っても過言ではない。

    そして、淀殿役の大竹しのぶというのは、すごい女優なんだな……と改めて認識。
    そこにいるだけですごい説得力があった、かなりの威圧感を放っているのに
    恋する乙女の顔を覗かせた時だけは、少女のようにも観える瞬間があった。

    二転三転するどんでん返し、シリアスの中に混じるユーモアに、泣いたり、笑ったりと
    観ている側の表情も佐助のように、くるくる変わって、終幕まで、飽きさせない。
    本当に何が嘘で、何が本当なのか、最後の最期までわからない。
    でも、それがまた面白い!
    (エンドロールもお見逃しなく、上海行って、天草四郎とかマジかww)


    合戦の最中に流れる音楽も、戦国時代とは思えないポップな音楽でテンション上がる。
    戦装束などで、差し色のように使われる真田の赤が綺麗で、目でも楽しめる。
    とにかく、最初から最後まで、「楽しい」の一言に尽きる。


    舞台に出演していた一部の役者は、映画では異なる役を演じていて
    すでに舞台を観ていている人も、楽しめると思います。
    ちなみに、現在上演中の舞台には、松坂桃李君や大島優子さんは出演していません。
    霧隠才蔵役は加藤和樹さん、火垂役は篠田麻里子さんが演じています。

    映画を観たら、きっと舞台も観たくなる。
    マサキも、本当に久しぶりに遠征したくなった!あひゃネコ


    “大逆転”を目撃したい方は、是非、公式サイトから ⇒ 映画『真田十勇士』


    JUGEMテーマ:映画


    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | スペクタクル時代劇 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
    ミッドランドスクエアシネマ2
    0


      ちょうどポケモンgoが配信された日に、ポケモンGETがてらミッドランドスクエアシネマ2
      略してMS2(←メタルギアや、モビルスーツの略ではない…)に行ってきた!
      マサキの相棒は、カイロスだ!(ノ∀`)

      2016年7月15日、シンフォニー豊田ビル内にオープンした映画館。
      ミッドランドスクエアの中に、入ってる映画館では無いのにこのネーミング…


      確実に、MS2のチケットチケット買ったのに、間違えてMS1に来てしまって
      本編に間に合わない!((((;゚Д゚))))人とか出そう…
      ミッドランドスクエアからは、意外に距離あるから、早めに行動しないとマジ焦る焦る

      MS地下から、クロスコートタワー地下(チカマチラウンジ)を経由して
      うなぎひつまぶしの美味しい和食「竜むら」横のエスカレーターを降りて
      ちょっと長い通路を通り、一旦外に出て、エスカレーターで地上一階へ。
      その先にあるエスカレーターで、映画館内へ映画


      MS2は、MS1と比べると、ロビーが狭いせいで、早めに行き過ぎると居場所がなくなるゆう★
      立ったまま利用するカウンターが3つ(18人程度が利用可能)と、ソファが二つ。
      ロビーの入口に長椅子があるだけで、おそらく土日祝日とかはロビーが超混む。

      今回は、初映画館利用を記念して、ドルビーアトモスで、『伽耶子VS貞子』を観てきた。
      感想はまた別で書くけど、とりあえずドルビーアトモスの無駄使いだったとだけ言っておく。

      ドルビーアトモスは、通常、映画チケット代に「+¥200」かかるが
      マサキはMMC会員なので、¥1500+¥200で、¥1700。


      もともと旧会員だったので、新しく入会したけど、今回のMMC会員がお得すぎて
      今までの会員がなんだったのかと、ちょっと不満を感じてしまう…undefined

      新しくなった会員は、入会時のカード代だけで、更新料も年会費もいらない。
      一年以内に、一回でもMSで、映画を有料鑑賞すれば、自動的に更新されるだけ。

      大人の場合、一般料金が¥1500、レイトショーが¥1100。10日20日も¥1100!
      お誕生日月には、お誕生日クーポン(鑑賞料金¥1000)が届くなど。
      今までの会員制度よりも、お得感しかないきゃvネコ

      別に、ミッドランドスクエアシネマの回し者とかではないンだけど
      あまりにもメリット多くて、ちょっと…もにょるなぁガーンネコ

      一年間に、MSで2回以上は、映画を観るっていう人なら、入会して損はない。
      ちなみに、新しいカードは、百式のようにキラキラしていて良い☆彡



      あえてデメリットをあげるなら、入会するのに、映画館まで行く必要があり面倒。
      あと、今までは、飲食物やグッズの購入でも、ポイント付与されたのが廃止されたので
      旧会員で、飲食やグッズ購入が多かった人は、そのあたりに不満を感じると思う。


      ただ、何もない訳ではなくて、お買い上げ1回每に、無料鑑賞券等が当たる
      コンセチャレンジがあるので、グッズとかを多く購入すれば、抽選で当たる確率も上がる。
      マサキは、まだ一度も当たったことないけどね!kyu

      MMC会員も良いけど、劇場設備もすごく良くて、最近は、観たい映画が
      2で上映している時は、積極的に、こちらを利用している(´∀`)

      シートも広くて、前後左右の間隔が広めで、前に掛けた荷物が足に当たることもなく
      足を組んだ拍子に、前席の背面をうっかり蹴ってしまうこともない(すまん…)
      椅子もふかふかだけど、柔らかすぎず、適度に硬くて、腰に優しい椅子椅子

      座る気は一切ないけど、自動車用シートやエアバッグ等を作っている会社
      (株)トヨタ紡織がデザインした、プレミアムシート(入場料金 + 1,000円)もある。
      ちなみに1シアターにつき、最後列に約10席しかない。
      展示用のに座ってみたけど、若干、個室みたいになってた(笑)座り心地は最高だけど
      どうしても観たい映画で、プレミアムシートしか空いてないと言われたら購入する予定。


      MS2が快適だったので、この感動を誰かに聞いて欲しくて、思わず書いてしまった。
      途中にあるチカマチラウンジは、ランチ美味しいし、夜は飲み中心になって
      呑んでも名古屋駅まですぐ戻れるので、それもあってお勧めです。
      なぜか、まるは食堂とか入ってるkyu

      JUGEMテーマ:映画

      | 映画館 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
      ゾンビだらけでも大丈夫。トゥインキーがあるから!
      0


        ハワイより、帰ってきました!(。・`з・)ノ
        が、いまだハワイロスから、立ち直れず…アロハテーブルに通うマサキです!


        飛行機飛行機が苦手すぎて、揺れにいちいちドキ×2して眠れないので

        ハワイ⇔日本の間、ドキドキする映画見てりゃ良いじゃん!(。・`з・)ノ
        と思い付いてしまったことから、一睡もせず映画6本ハシゴ鑑賞した。
        ミッションインポッシブル → ダイハード → ジュラシックパーク → ジュラシックワールド

        そんなこんなで、ハワイでのミッションである「トゥインキー」を無事入手。
        ホステス社によって、開発された究極のジャンクフード☆きゃvネコ

        映画「ゾンビランド」でお馴染み、ゾンビで荒廃した世界で
        主人公と行動を共にすることになった、タラハシー。
        タラハシー登場から、映画のラストまで、情熱を燃やしに燃やし、病的といっても
        良い程の思いで、追い求め続けたお菓子、それがトゥインキーだき

        無数のゾンビが町を彷徨こうと、流通がストップしようと、お構いなしに
        トゥインキーを探し続ける諦めないゆう★

        途中から、ゾンビとかどうでも良くなって、トゥインキーを見たい!ゆう★
        一体、どんなお菓子なんだそれは!!?と、映画鑑賞の目的まで変わってくる始末。


        マサキも日本国内で、タラハシーのごとくトゥインキーを探し続けた。
        明治屋にも輸入雑貨屋にもないだと…どこだ、どこで手に入るんだ_| ̄|○
        通販すれば、日本にいても入手可能だけど、数$のお菓子に、3000円は出せん…;

        タラハシーと同じくらい、しつこいマサキは、その4年後
        ハワイハイビスカスに行くことになりトゥインキーを入手するチャンスを得たのだ。

        ABCストアで購入。ハワイならちょっと歩けば、何軒かすぐ見付かる便利なお店。
        一番近い店舗では、売り切れてたので、何軒か店を見て、三軒目で発見。
        二個入りで、$3.29くらい(2015.12現在)。






        直に触ると、手がスポンジの油で、ベタベタするのでフォークで食べる。
        とりあえず、くっそ甘い…普通、中のクリームがいちばん甘いと思うだろうけど
        くそ甘いのがクリームで、さらに死ぬほど甘いのがスポンジ。どーゆうことだ?
        ガーンネコ

        ちなみにマサキは、1個食べて限界を迎えて、二個目は食べていない。
        1個で145kcalだからな、カロリーメイトですら1本100kcal。
        ゾンビから逃げるためのカロリー摂取だと思えば、食えるレベル。


        本土には、揚げトゥインキーなるものもあるらしいが、殺す気かと…
        甘さを緩和させようと、冷蔵庫で冷やしてみたけどムダだった…orz

        ちなみに、飛行機の中で観た、ダイハードでもトゥインキーが登場している。
        もう二度と食べることはないと思う。世の中に、ゾンビが蔓延しない限りはね。




        そんなこんなで、2015年、『毎日がかゆうま』を読んでくださった方
        ご訪問してくださった方、本当にありがとうございます。
        日々、感謝しております(* ´艸`)

        最近、なかなか更新しないブログになっておりますが
        また来年も、お付き合いいただけたら、最高に嬉しいです!

        2016年も、皆様にマサキに、素敵なゾンビ映画との出会いがありますように!
        ではでは、皆様良いお年を!(´∀`○).:+


        JUGEMテーマ:日記・一般
        | ゾンビ | 23:52 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark
        ジュラシック・ワールド
        0


          公開年:2015年
          上映時間:2時間4分
          原題::Jurassic World
          制作国:アメリカ
          配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和
          監督:コリン・トレボロウ
          製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル



          ゾンビも良いけど、恐竜も良い!゜*。(*´Д`)。*°
          バイオハザードも好きだけど、ディノクライシスも好きだ!


          シリーズを全作観ていて、今までのシリーズは、1作目以外は微妙…と思っている。
          原作小説と、1作目をこよなく愛しているマサキです。

          今回の映画は、1作目(含む、シリーズ)を見ていなくても、十二分に楽しめる作品。
          しかも、3D・4Dには興味のないマサキですが、この映画はMX4Dをお勧めしたい

          椅子の揺れ、座席の傾き、吹き抜ける風や、銃を撃った時の衝撃、草原の匂い
          水しぶき、煙などの演出を存分に楽しめる。ポップコーンもぶっ飛ぶよ★
          これはDVDでは無理で、映画館でしか体験できないことなので是非。


          そして、1作目を観ている人には、にやり…とする建物や場面、BGM、カメラアングル
          小物などが、映画の随所に出てくるので、なかなかテンションが上がる!
          特に、ラスト30分は、ドキドキして観てた(;´Д`)ハァハァフンフンソウソウ
          1作目と同一個体のティラノサウルスに注目!

          ==================================
          恐竜ストーリー恐竜

          イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後
          インジェン社は、マスラニ社に買収され、島はマスラニ社長の所有となった。
          マスラニ社は、故ジョン・ハモンドが夢見たテーマパーク
          ジュラシック・ワールドを実現させ、今や世界中から
          毎日二万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として、成功を収めていた…

          パークの責任者であるクレアは遺伝子操作によって、新種の恐竜を誕生させる。
          知能も高い上に、共食いもする凶暴なハイブリッド恐竜が脱走してしまい……。

          ==================================


          ただ、惜しむらくは、1作目を超えることは出来ていないという点。
          なんというか、ストーリーもボリュームも、まだ、まだやれるだろう!
          もっと来い!という、伸びしろを感じさせる惜しさがある。

          あとは、単なるアニマルパニック映画の枠を超えられていない点。
          1作目が面白くて、何度も何度も観てしまうのは、パニック映画でありながら
          生命のあるべき姿とか、色々と考えさせられるテーマが根底にあったこと。


          前作では、パーク内の恐竜数を管理するため、メスのみにしていたにもかかわらず
          子孫繁栄のためか、一部のメスがオス化して、結局、管理することができずに…
          予測を超えた進化をして、生存の道を探すという、生命の神秘。
          等といったことが、ちと薄いというか、今作ではあまり感じられない。

          「ここは、人間の幼稚さを知るための場所だ。」というCEOの言葉には、全面的に賛成。

          途中で出てきた、マサキの嫌いなインジェン社に勤務するクソデブ警備部門長。
          弱肉強食がどうとか言ってたけど、その弱肉強食システムに、人間も組み込まれているということを忘れてる。どうして、人間だけは食物連鎖の輪から、弱肉強食システムから、外れて当然みたいに思えるのかわからない…(´Д`υ)
          人間なんて、恐竜どころか、このジャングルの前でもちっぽけな存在なのに。

          危険なテーマパークなのに、どこか甘い警備なのは、自分達の手で作り出したものが
          自分達よりも賢い訳がない、という無意識の侮りからくるものだよね。

          一般公開前だった1作目のパークと比べて、営業開始している今回の方が
          当然、被害も死者数も多くなるにもかかわらず、防衛システムがザル猿


          1作目で、あのような凄惨な事故を起こして、人が死んだにもかかわらず
          セキュリティが甘すぎやしませんかねぇ…ガーンネコ
          過去の反省を踏まえて、どう防衛システムを強化したのか、その上で
          それがどう破られるのか、っていうのを見たかったから、ちょっと残念


          動物園でも水族館でも、サファリパークでも、モンキーパークでも
          行くと一度は、いま檻が壊れて脱走したら…ガーンネコと想像するのに。
          そして、妄想という名の脳内避難訓練をやらずには、いられない。

          何事も「絶対」はない訳で、恐竜のいるテーマパークは必ず脱走するものだし。
          モンキーパークのゴリラだって、過去に脱走してるからね
          ゴリラゴリラ怖い、怖いよゴリラゴリラ



          1作目にも登場した、すべての元凶であるウー博士、今回も1作目のことを学習せずに
          複数の動物のDNAをハイブリッドした、超恐竜を生み出した!またか!

          ロスイルミナドスっぽい名前の恐竜、なんだっけ?インド…インドミナス・レックスか。
          最初はでけー!と思ったけど、だんだん見慣れてきたのか、開放的な空間のせいか
          途中から、大してでかく見えなくなってきた。モササウルスの方がデカいかも。
          イカのDNAにより、ステルス迷彩まで装備する始末…イカの能力上回りすぎww

          個人的に、恐竜は、大型よりも、小型〜中型がいちばん怖い。
          走って逃げるあの感覚、たまらない!ゆう★


          動物園で、散々ネタにされた、ラプトル達を制止させる「待て」のポーズ。
          映画で観ると、ネタポーズよりは、やや控えめだった(笑)

          あのラプトルと飼育員の関係は、あの恐竜が、完全な野生ではなくて
          外の世界を知らないからこそ、築けた信頼関係だと思う。
          慣れるけど、懐くことはないってやつだ。
          それで良いと思う、人間と恐竜は共存できないから
          弱肉強食システムの中でなら、共存もありかな、常に捕食の危険はあるけど恐竜


          とりあえずウー博士は、大事なサンプルを持ち逃げしたから、
          ここから次回作に続くンだろうな(´・ω・`)かなり期待。

          今作にハマった人には、1作目のジュラシック・パークを強くお勧め!
          2、3作目は、原作小説とあまり関係ない上に、ラズベリー賞入りを果たしてるので
          まぁ、そちらは興味があれば┐(´〜`)┌



          という訳で(どーいう訳か)、本日から、しばらくの間…
          ジュラシックパークの撮影地に行ってきます!
          設定では、中米コスタリカの沖に浮かぶヌブラ島という架空の島だけど
          実際の撮影地は、ハワイ!ハワイ

          観光メインではないので、あまり好き勝手な行動は出来ないけど
          馬か四輪バギーで、ジュラシックな土地を走り回ってきたいと思います。
          ミズーリ記念館は諦める…滞在先からちょっと離れてるから_| ̄|○


          来月くらいには、帰ってきます!ヽ( ´¬`)ノ
          ゾンビランドで、探し回ったことで有名な例のアレを買って帰ります。


          JUGEMテーマ:映画

          (´・ω・`)恐竜好きな方は、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
          | アニマルパニック | 11:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
          跡部様生誕祭〜なるほどSUNDAYじゃねーの〜
          0

            気づいたら手元にあった私物no跡部様…



            本日、Twitterでもインターネット上でもアニメイトでも、様々な場所で
            王国民達が、我らがキング・跡部様の御生誕祭を祝っているようだ王冠
            そして、今年も、各界の公式にも盛大に祝われることだろう…


            毎年、眺めるだけで寂しかったので、せっかくブログがあるのだから
            思い切って、今年は、地味に参加してみた!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
            ケーキの一つくらい焼いてみれば良かったな、お菓子とか作ったことないけどきゃvネコ

            毎年、思うけど、テニプリから、別のマンガ・アニメへと離れて行っても
            跡部様生誕祭薔薇バレンタインデーには、戻ってくる王国民達…
            納税だからと言ってしまえばそれまでだけど。
            尽きることのない跡部様の魅力は、底なしだな…ゆう★

            マサキはミュージカル経由で、テニプリテニスにハマり今に至る訳ですが
            マサキは王国民ではなく、推し校は別校であり、推しキャラは別に居る訳だが
            やはり跡部様だけは、なんだか別格だなと感じる訳ですよ。
            女性だけでなく、男性にも人気のある氷のエンペラー

            舞台は好きでも、2.5次元否定派だったマサキが、一気にハマった全盛期ミュ。
            跡部様恐るべし、加藤和樹の跡部様恐るべし…跡部様を抜きにしても
            跡部様役キャストや諏訪部氏は、格好良いと思う。
            あんな風に美声で歌えたらなぁ(*´д`*)

            昨年、テニミュのチケットを発券しに行った際に、コンビニの店員さんに
            テニミュ行くんですか?私もなんですよ〜ヤッタvと話しかけられ、テニモン人口の多さを痛感…ww
            「誰が好きなんですか?」と聞かれ、思わず、「あ、跡部様…」と答えたマサキに
            罪はないと思う。跡部様だもん、仕方ないんだ。死角丸見えなんだ。スケスケなんだ。
            可愛い店員さんから「私もなんですよ〜v」と返ってきて、跡部様に感謝した(-人-)

            現在のテニミュ3rdには、思う所は色々あるけど、関東氷帝までには活気づいて欲しい。
            キャストも演出も諸々含めて、盛り返してくれることを切に願うテニス
            すべてのメディアにおいて、マサキはテニプリが好きだ。

            原作、アニメ、テニミュと、10年以上続く驚異の作品。
            マサキはまだまだ見ていたいので(面白いし)、あと10年くらいは
            許斐剛先生に、ぜひ続けて頂きたいなと密かに思っている。

            跡部様、14回目の御誕生日、本当におめでとうございます!




            JUGEMテーマ:日記・一般
            | 日記 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark