B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 幕末奇譚 SHINSEN5〜剣豪降臨 | main | アンチヴァイラル >>
ザ・ホード -死霊の大群-
0

    制作年:2010年
    制作国:フランス
    上映時間:96分
    原題:La Horde
    配給:ショウゲート
    監督:ヤニック・ダアン、バンジャマン・ロシェ



    フランス初の「走るゾンビ走る


    走るゾンビ=28日後
    アスリート並みに走るゾンビ=バタリアン
    話すゾンビ=これはゾンビですか?


    となる訳だが、この映画も例に漏れず、ゾンビというよりは限界突破しちゃった人間ぽい。
    まぁ、噛み付くけどね、噛み付かれるとゾンビの仲間入りするけどね。

    あと、どうでも良いけど、ゾンビなのに邦題に「死霊」って付けるのやめて
    例の死霊の映画のせいで、Z級の香りがして警戒してしまうやん…


    ゾンビ映画としては観ないで、ゾンビっぽい何かが大量に湧いたビルでの
    アクション映画として観れば、わりとサイコー☆ミな感じ。(残酷描写あり)


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    <ストーリーフランス

    ギャングの一味に、同僚を殺された警官4人(紅一点あり)が復讐を決意し、
    パリ郊外にある廃墟同然のビルをアジトにする、ギャングたちの元へ向かった。

    完璧(笑)かと思われていた作戦だったが、不意をつかれたリーダー格の警官が
    瀕死の重傷を負ってしまい形勢逆転。
    もはやこれまでと思われたとき、ギャングがなぶり殺しにして、
    その辺に転がしていた死体が突然甦り、ギャング仲間を貪り始めた!

    それを境に、命を落とした者は、ものの数分でゾンビとして復活☆
    凄まじい俊敏さと狂暴さで、警官とギャングらを襲い始める。

    どんどんと増え続けるゾンビ、もう一刻の猶予もない
    一時休戦し、お互いに協力しあい、ゾンビの巣窟と化したビルから
    決死の脱出劇が始まった!

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    せっかくのお洒落な町フランス・パリが舞台ですが…
    ギャングの立てこもってるビルがこれまた、ここは本当におフランスのパリか?
    と言わざるを得ない、こ汚いビル(廃墟)。

    フランス全土で、バイオハザードが起こっているらしいのですが
    明らかに、フランス中のゾンビが、このビルだけを目指している模様。

    まぁ、大群と言うほどの数ではないけど、舞台が普通のマンションっぽいビルなんで
    狭い通路にぎゅうぎゅう、フロアにぎゅうぎゅう、狭い出入口でぎゅうぎゅう
    で、ライブハウスでのライブ中くらいの満員感。ゾンビ=観客


    ギャング×警察官×ゾンビっていうコラボは、バンク・オブ・ザ・デッドで既にやってるけど
    あっちは、何処に出しても恥ずかしくないくそB級映画なので、比較にはならない。
    むしろ、比べたら『ザ・ホード』に申し訳ない…(p_q)


    マサキがこの映画をいまひとつ楽しめなかったのは、登場人物が全員
    あまりにも下衆で、感情移入できなかったってのもある。


    登場人物、全員がなんつーか下衆い!

    仮にも警官が、仲間の仇打ちとはいえ、4人とも完全武装で殺る気満々で
    本部にも連絡なし(=プライベート)で、私刑に来るってどーよ?
    ちゃんと令状取ってくるか、生きたまま捕獲して裁判にかけなよ;
    フランスの刑事ドラマ観て、フランス警察はヤクザより怖い!
    と思ったマサキの感性に間違いはないわ。

    マフィアにしても、マフィアだから仕方ないけど、人命は超軽いあつかいだし
    やたらフランス語で「merde!merde!」とか、叫ぶもんだから
    merdeってなによ?とか思って調べてみたら、あぁーはいはい…みたいな。

    きわめつけ、感情移入がまったくできない登場人物の中で、キングオブ下衆のヒロイン!

    この42歳のヒロイン、いや年齢はどーでも良いンだ、正直。
    最終的には見た目年齢だし、マサキのストライクゾーンは広いから。

    死んだ刑事と不倫していて、その間に出来た子を現在、妊娠中。
    不倫した挙句、不倫相手の子を妊娠して、警官仲間からも嫌悪されてる人に
    共感なんてできないっていうか…
    彼女に仲間の仇とかいって、ギャング殺す資格あるのだろうか?
    むしろ、生還後に奥さんに殺されるフラグが立ってそうな気がするぞ。

    活動停止したゾンビ(女性)を執拗に痛めつけ、仲間の警官も信用せず、最期まで生き残り
    最後の最後でもまた…最後のあのシーンで、もーこいつ嫌!ガーンネコってなった
    でも、嫌悪を感じさせる不倫ヒロインとして、最期までブレないのは評価する。


    あのお腹の薄さからして安定期入る前くらいだろうに、さらに言えば高齢出産なのに
    よくお腹をかばいもせず、まったく気にせず、暴れ回れるよなぁ…
    そりゃ自分の命も大事だけどさ。

    逆に、マフィアのリーダーが、なかなか筋の通った奴なだけに
    対比としてヒロインが、どうしようもない外道に感じてしょうがない。
    ビル内にワラワラしてるゾンビよりも、この下衆の集団がほんと怖かった。
    そして途中で、ベトナム帰りのヤバイおやじが乱入して、さらに下衆い集団になる。


    ひたむきに全力疾走してくるゾンビも、こんな下衆の中に放られてしまって
    かわいそうでならない(´・ω・)カワイソス

    あとゾンビ映画の定番、ゾンビ好きには、息をするくらいに当たり前のルール。
    『頭を撃つと活動停止』というのが、かなり最初の方で判明したのに、何故かやらない。
    アグレッシブに動くゾンビに、ヘッドショットはやり難いのは分かるけども
    そのような描写もないので、ちょっと頭の悪い集団なのでは?とイライラさせられる。

    てゆーか、誰が主人公なの?
    死んだ刑事の母親が、一人の刑事に「奴らを皆殺しにしてやって!」と頼むけど
    頼まれた刑事が一番最初に死ンだし(゚д゚)
    この時点で、マサキは主人公を見失った。


    登場人物がそんななので、見所はアクションシーンくらい。
    予告でもあった、車の上でゾンビ相手に死闘するとこ、これを見てこの映画を観ようと決めた。

    完全にライブハウスライブ

    ゾンビが発生したら、一度はやってみたい「ここは俺に任せて先に行け!」
    この台詞を言った者は、確実に、嫌な死に方をするンだけどね。
    ゾンビ+車の上って、この状況で車の屋根に乗ったが最後、わかるよな?


    登場人物の中で、一番、爽快感があったのは、ベトナム帰りのハーコー爺だけ
    マシンガン片手に、つっこんでくるゾンビを蹂躙し、死体の山を築き
    「心臓病で死ぬのはゴメンだ!」と、手榴弾で華麗に自爆!

    そして鑑賞後は、ゾンビ映画ではあまり感じない、アンニュイさが漂う…
    あの後、彼女はゾンビの溢れかえったパリの町で、一人身重の体でどうすんのか
    ビルから脱出しても、街は走るゾンビだらけなのに…(´・ω・`)モヤモヤ



    JUGEMテーマ:映画
    (´・ω・`)モヤモヤした方は、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    Happinet(SB)(D)
    ¥ 3,804
    (2010-11-04)
    Amazonランキング: 39804位

    | ゾンビ | 22:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
    マサキさん,今晩は。
    お隣の国ではパニック映画のような天下の一大事が巻き起こり,パニック映画以上の事態の展開が連日報道されておりまして,今後の推移が注目されるところであります。
    さて,本作ですが小生もレンタルDVDソフトにて観賞致しました。
    マサキさんは登場人物に感情移入できなかった点を御指摘でしたが,実は小生も同感であります。これってケッコウ重要な要素だと思うのです。ロメロ監督の『ゾンビ』が多くの支持を集めた理由のひとつとして感情移入できる,というのがあると思います。米国のホラー映画ファンのイベントでは『ゾンビ』の出演者の方々がゲストに呼ばれているようで,良質のエンターテインメントにおいてこの感情移入できる魅力的なキャラクターというのって大事なんですよね。本作ではそれが惜しいと思うのです。ゾンビ相手にしこたま殴る蹴るという極めて暴力的な戦い方というのは,まア,本作の独自性と考えられると思いますが,暴力的だったですねェ。
    総じて今一歩,洗練さに欠けるという感じでしょうか。脚本をはじめとしてもう少しという印象であります。

    ところで,『ゾンビ革命-フアン&#8226;オブ&#8226;ザ&#8226;デッド』という作品,御存知でしょうか。小生,昨年レンタル屋さんから借りて観賞致しましたがとても頑張って作ってありましたよ。
    | snowman | 2014/04/24 1:00 AM |

    Snowmanさん、こんばんは(^-^*)

    普段は、筆舌に尽くし難い間柄のお隣さんですが、今回のような事件は、パニック映画にあるように、全員生存の大団円にでもなってくれれば、良かったのにと思うばかりですね。

    本作も、ロメロ監督の映画『ゾンビ』のように、「ゾンビよりも、生きた人間のほうが怖い」ということが言いたかったのかもしれない、と感じはしたのですが…

    感情移入が出来ないせいで、今ひとつ、その「人間の怖さ」を実感できず
    このモヤモヤした思いのせいで、ゾンビを相手に暴力的に戦う
    残酷映画としても楽しめず、同じく勿体無い印象を受けました。

    そういえば、『ゾンビ』にも、本作と同じ、身重の女性が登場しますね。
    どちらも混乱した状況の中、諦めずに生き抜こうとする強い女性ですが、フランのほうが共感できました。
    悪役にしろ脇役にしろ、魅力的なキャラクターって重要ですよね。
    ロジャーが死んだ時は、悲しくて寂しかったですから(´・_・`)

    ゾンビ相手に暴力的に戦うのであれば、復讐だの人間関係だの言わずに
    そちらに集中したほうが、残酷で暴力的なゾンビ映画として、
    もっと娯楽性の高い映画になっていたような気がするので
    今後のフランス産ゾンビ映画に、期待したいと思います!

    『ゾンビ革命』は観たいと思っていて、まだ未鑑賞の映画なんです。
    でも劇場で予告を観て、絶対に面白い!という確証があったので、観る予定ではいます。
    Snowmanさんが、そうコメントする映画なら、良作であると思うので、休暇中に観てみようと思います!o(^o^)o
    | マサキ | 2014/04/24 8:14 PM |
    はじめまして。
    私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

    ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
    と思い、コメントさせていただきました。

    トップページ
    http://www.eiga-log.com/

    こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
    http://www.eiga-log.com/rc/

    また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
    http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

    映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
    よろしければぜひ遊びにきてください。

    お待ちしております。
    | 映画ログ | 2014/05/14 2:28 PM |









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891382