B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 死霊のはらわた | main | 人狼ゲーム >>
USJ リアルにラクーンシティの歩き方 バイオハザード・ザ・リアル
0
    こんばんは、先日、USJに行ってまいりました!( `・∀・´)ノ

    去年も、バイオハザードのためにUSJに行き、アンブレラ社を見学して
    デッドラ並みにゾンビを撮影して、酒場で脳みそとハーブのお酒を飲みました
    その時の様子は、こちらから ⇒ 『ラクーンシティの歩き方』

    去年は、270分待ったアテクシですが、今回はそんなに待ちません!
    でも、スパイダーマンは240分待ちだった、乗ってないけどね。

    開園時間に間に合うように行き、入場して、まずはスタジオ18で
    時間帯整理券をもらう、65分待ちで人数分の券をGET!

    誰かと参加する場合は、人数がそろってから並んで下さいm(_ _)m
    時間帯整理券は、一人一枚なので人数いないと、時間帯がずれる可能性あり。

    18時半〜19時の間に、列に並ぶことのできる時間帯整理券のため
    夕方まで暇になったので、アトラクションとランチで時間を潰す。
    ちなみに、ジョーズ65分、ハリウッドドリーム120分…


    いい感じに暗くなったので、『バイオハザード・ザ・リアル』へ向かう。

    ここで、パーティメンバーを紹介しておこう。
    去年一緒にUSJに行った、友人+友人の弟+マサキ。の3人で参加

    大体、6〜8人程度で、ひとパーティーなので
    列に並んでいる、前後の人達と一緒になる可能性が高いです。
    マサキ達は、前に並んでいた3人の男女と一緒になり、6人でひとパーティー。

    中年の男性・女性、その二人よりもさらに年上の女性…の3人と一緒になりました。
    正直なところ、失礼ながらも…この人達、大丈夫なんだろうか?と、内心思っていた。
    「マサキが…マサキが、おばぁちゃんを守るぜ!( `・ω・´)ノ」とも思っていた。

    建物の入口で並んでいる間に、ラミネート加工された資料が配られる。
    Vol.2と書かれたその資料には、ゾンビに物理攻撃しないでねv など
    重要なことが書かれているので、ちゃんと読んでおくこと。
    建物内のTVでは、ハンドガンの説明が流れているので、これも観ておくこと。


    wktkしながら、渡された注意事項を三度読んで、内容を暗記する。
    友人は緊張しているらしく口数が少なく、顔色が白くなっていた…(´・ω・`)ダイジョウブ?



    室内で順番に並んでいる間にも、もうラクーンシティへの入口は見えている。
    その入口は、地下鉄の階段らしき作りになっている、その脇にいる
    アンブレラのクルーに、時間帯整理券を渡して、さっそく地下鉄へ!

    地下鉄の階段を登っていこうとするも、wktkし過ぎて段差にけつまずくマサキw
    コンクリの壁にはスプレーの落書きに混じり、血痕やら血塗られた手形など
    騒然としている…なにかあったのだろうか?(´・ω・)ダイジョウブ?

    地下鉄の階段を上がると、目の前に扉が2つあり、2グループずつ並ぶ。
    扉が開き部屋に入ると、アンブレラの女性クルーが居て、どSな口調で
    武器の使い方や、感染について、まくし立てるように説明を始める。
    モット…モット…ノノシッテクレ!(*´Д`)ハァハァ

    緊張しているせいか、あまりどSの説明は、頭に入ってこない…が
    入口で渡された注意事項&ハンドガンの説明を暗記しているので、特に問題はない。

    ハンドガンにはコードが接続されていて、その先には「血圧計」のような装置が付いている。
    「血圧計」のようなものは、感染メーターで、今は緑色(ノーダメージ)。
    ゾンビやクリーチャーが接近すると、ブルブルと震えて感染を知らせる。
    ハンドガンを手に取ると、想像していたよりも、ずしりと重たい。弾薬は30発。

    どS「感染メーターが外側に来るように、腕に付けなさい!」


    ネットでは、感染メーターが内側に来るように付けると、ノーダメージ(緑色)のままとか。
    でもマサキは大人なので、利き腕の右腕に、きちんと外側に向けて装着。


    そして、心の準備をする間もなくドアが開き、どSの「…良い?、奴らには絶対に近づくな!」
    という言葉を背中で聞きながら、荒廃したラクーンシティに足を踏み入れる。


    Σ(  Д ) ゚ ゚  !?



    スタートと同時に、軽快な動きを見せる例の三人組(中年の男女&おばぁちゃん)。
    なんというベテラン兵…!なんという傭兵!

    目の前の光景に軽く引いていたため、完全に出遅れるマサキ。
    ベテラン兵三人 ← マサキ ← 友人&友人弟 という並びでスタート! 

    ドアから外に出ると、そこはラクーンシティの警察署の地下駐車場。
    バイオ2で良く見たあの駐車場だ!すげー(*´Д`)wktk


    そこでゾンビが数体ほど出現、先頭のベテラン兵が倒して行ってくれるので
    彼らが撃ちもらした分だけ、マサキが退治して、三人の後を追う。
    無駄弾は撃ちたくないので、他メンバーが撃って倒れたゾンビは基本無視。
    撃ちもらしゾンビと、こっちに近づいてくるゾンビだけ、倒すようにして進む。


    後から聞いたところによると、その頃、友人のポジションは最後尾。
    地下駐車場の車から出てきた這いずりゾンビ2体や、後ろから追いかけてくるゾンビと
    死闘を繰り広げていたとのこと…す、すまん…(ノД`)


    先頭と最後尾は、襲われやすく感染しやすいので、注意!
    マサキのいた中間くらいが、おそらく良い感じのポジションだ。



    ベテラン兵達に引き離され気味だったが、ちょっと走ってようやく追いつく。

    ちょうど3人は、次の部屋へのドアを開けるところで、一人がドアを開け
    ドア脇の壁に一人、ドアの正面に一人という、フォーメーションを組んでいた。
    そしてドアを開けた瞬間に、ドア前にいたゾンビ2体を即効で射殺。


    ( ゚д゚) ええー…


    こっちは、ベテラン兵三人に引き離されたため、先頭ポジションになっていたので
    突然、出てくるゾンビ等を倒しながら、やっとのことで追いついたというのに…

    その後、ガンショップらしき場所で、巨デブなゾンビに驚いたり
    よく出来たセット&ゾンビに感動しながら、わりと余裕を持って進む。
    ただ、自分で思ったより冷静ではなかったらしく、感染メーターの確認はできなかった。
    弟くん&友人がどこにいるかも、あんまり分かってなかったww


    道中、色々あったが、ラクーンシティ警察署のロッカールームに到着。
    バイオハザード2を思い出して、感慨にふけりながら歩いていたら
    ドン!とかいう衝撃音とともに、天井からリッカーたん出現!!

    で、でかっ!ゲームよりもデカくね?映画のリッカーと同じサイズだよ〜;
    驚きながらもハンドガンで撃って、牽制しながら次の部屋へ…そろそろと移動。

    その時、友人は『あ”ーーーーー!』と叫びながら、隣の部屋に走り去って行った。
    らしい(弟くん談)


    隣の部屋に入ったら、何故かベテラン兵たちが、ネメシスと戦闘中!
    おいおい、みんな先走りすぎだろい。と思いながらも取り敢えず参加。
    ネメシスはドラム缶に阻まれているから、こっちには来れない訳ね、はぁ〜んm9(^Д^)
    とか余裕ぶって撃ってたら、ドラム缶を回り込んできやがった!


    ここで初めて、感染メーターがブルブルっと振動した。
    余裕ぶっこいてたけど、これはヤバイのでは!と思って、ネメシスから距離を取りながら
    ハゲ頭めがけて弾をぶち込んでいたら、アンブレラのクルーが隣の部屋への退避を命じてきた。
    残弾数もヤバイかもしれないので、さっさと隣の部屋に退避。

    <ここで中継ポイント>
    アンブレラクルーが、ここで全員の感染メーターをチェック。
    先に出発していた、別のチームとも合流。

    緑 → 緑の点滅 → 黄色 → 黄色の点滅 → 橙色 → 橙色の点滅 → 赤色
    と感染メーターは、感染するたびに色が変化していく
    緑〜黄色の点滅までが「第2ルート」、それ以外は「病院ルート(赤ルート)」


    各自メーターをチェックして、赤色の人たちは、左の「病院ルート」へ向かう。
    が、ベテラン兵達も、合流した他パーティーのメンバーも全員「赤」の様子。
    友人&弟くんはどうなの?と聞けば、赤色になっていて「病院ルート」。

    ふと自分の感染メーターを見ると、( ゚д゚)ま さ か の緑

    (;・∀・)ハッ? え? え? まさかまさかだよね?


    まごまごしていると、一人の若者がこちらへ来る、おぉメシアよ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
    と思って彼に近づくと、どうやらハンドガン&感染メーターが壊れていたらしく
    感染メーターの画面は真っ暗で、残弾数の確認もできない。ていうか起動してない。
    アンブレラのクルーに「壊れてますねぇ、赤ルートへお願いします」と言われ、そっちへ。
    新しいのと交換して、第2ルート行きではないのか…(´・ω・)カワイソス


    そして、ま・さ・かのマサキ一人だけ、なんだこれ漫画か?

    一人で第2ルートとか確実に死ぬ!と思ったので、アンブレラのクルーに嘘泣きで交渉。
    『マジ無理なんで。緑だけど赤ルート行って良い!?。・゚・(ノД`)・゚・。』←ハイパーチキン


    が、アンブレラのクルーに「大丈夫、お前ならできる。行ってこい!」
    と爽やかに言われ、一人でドアの先に、促されるかわいそうなマサキ。

    くそっ、行けば良いンだろーバッケヤロー。後で覚えてろよー。・゚・(ノД`)・゚・。
    と捨て台詞とともに、ヤケクソで一人で第2ルートを進む。

    ほぼヤケクソで走り抜けてやったら、少し進んだ先に、人影発見!
    関西弁の美人二人と、大学生カップル、寡黙な男と合流、第2ルートを一緒に行くことにした。
    中継ポイントで、弾を補充してもらう、その時の残弾数は10以上あった。
    というか第1ルートで、30発は多過ぎる気がしなくもない。



    なんか、まるでアウトブレイクみたいじゃね?(∀`*ゞ)エヘヘ
    と仲間が出来て心に余裕が出来たので、感染&残弾数に気をつけて進む。
    生皮を剥がしたみたいなゾンビ(ゲームで研究所に良くいるやつ)を倒しながら進む。


    途中、赤いスイッチを探して押せ!と、アンブレラのクルーに命令されて
    部屋の中を捜索して、見つけた赤いスイッチを押したりしながら進む。

    どんどん進んでいくと、タイラントに遭遇!( ゚Д゚)ヒョエー
    あまりのリアルさに、さすがのマサキも一瞬ビビって棒立ちになった。

    ゲームさながらの動きを見せるタイラント!
    突然ダッシュして距離を詰めてくる動きも、ゲームのまんまだ!すごい!
    目の前にタイラントが来て、腕を振り下ろしてきたので、思わずしゃがんで避ける。


    しかもタイラントさん、なんか熱を発していて、近づくとあったかいv
    熱を発しているのは、左胸の赤くてドクドクしている箇所だろうか?
    倒せないだろうけど、とりあえず怖いので撃ちまくる。

    そんなこんなで、バイオ2で乗ったような列車を発見、みんなでそれに乗り込む。
    …が、列車に乗って、映像が始まった時点で、エンディングは確定しているので → OUT
    動き出す列車の中で、みんなで反省会( ´゚д゚`)



    <生還の条件>
    バイオハザードリアルの生還には様々な条件があり、それらをクリアしなければ
    最後の列車に辿り着いても、すぐに映像が始まってしまい…OUTになってしまうのだ。

    あくまでもマサキの見解だけど、「アンブレラのクルーの指示にきちんと従う」
    「制限時間内に行動する」「みんなで協力してプレイすること」
    この辺りが大まかな条件と思われる。

    余談だけど、途中で「私は感染しているもうダメよ…」と言っている
    アンブレラのクルーがいるが、この人を撃ってもOUTだと思うww
    今までの生還者の方を見ても、クルーを撃ちそうにないしね。

    一緒に戦った、関西弁の美人二人は何回も挑戦しているらしく、彼女達の言っていた
    生還するための条件と総合して、考察した結果です。
    で、今回の敗因は「時間制限」がアウトだったのではないかな?と思う。


    <感染について>
    マサキの感染メーターが、緑色だったのは、ヒット&アウェイを繰り返した結果ではないかな…
    感染メーターが振動した場合も、撃ってから、速攻で離れたしね。

    感染メーターは本当は素肌につけたかったンだけど(服の上だと、振動が分かりにくい)
    素肌だとバンドがゆるかったので、長袖T&カーデの上から付けました。
    それでも感染メーターがずれる、それをたまに手で抑えて、位置を直してたから
    結果、上から抑えることになって、感染しにくかった…せいもあるかも?


    全部、終わって建物の前で、友人&弟くんと合流。
    あとで聞いたところによると、「病院ルート」はゾンビしか出ないとのこと。
    このアトラクションを十二分に楽しむには、ぜひ第2ルートに行ってほしい!

    友人は「怖すぎて、バイオハザードリアル中の記憶があまりない…(ヽ'ω`)」と言っていた
    なんだか無理に誘ってしまい、大変申し訳ない…次はちゃんと守りますm(_ _;)m


    来年の野望としては、泊まりがけで行き、ホラーアトラクションを全制覇したい!



    JUGEMテーマ:日記・一般

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | ゾンビ | 02:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
    マサキさん,こんばんは。
    『バイオハザードリアル』の体験記,とても楽しく読まさせていただきました。
    さすがに“犬”は出なかったようですね。
    ご無事にご生還,おめでとうございます。(^_^)


    | snowman | 2013/11/03 8:21 PM |
    こんばんは! snowmanさん。
    ありがとうございます!無事に生還できました。

    さすがに「犬」はいなかったので、残念なような、安心したような複雑な気持ちでした^^
    プレイ中は気がつかなかったのですが、どうやらハンターもいたらしいです。

    気がつけば、もう年末…あと数日で、新年です。
    来年も、どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m
    | マサキ | 2013/12/29 7:19 PM |









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891376