B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 東京セレソンデラックス「笑う巨塔」 | main | USJ リアルにラクーンシティの歩き方 バイオハザード・ザ・リアル >>
死霊のはらわた
0


    山小屋 VS 死者の書 VS ジャンキー VS 便器


    こんばんは、あまりにも更新できなくて、忘れられているかと思いますが…
    マサキです!マサキです!何度でも言うよっ。マサキです( `・ω・´)ノ


    更新するする詐欺だな…自分、ともう開き直りにも近い心境であります。
    とりあえず、これは忙しいのが理由でもなく、スランプなのでは!?
    それか、まさかのイ・ッ・プ・ス!?テニスイップス克服のため、更新し続けます。

    そして、先日、USJで『バイオハザードリアル』を体験してきたので
    次回は、それをレビューします!第2ルートもち行きました。


    制作国:アメリカ
    上映時間:91分
    原題:Evil Dead
    配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(日本)
    監督: フェデ・アルバレス
    レイティング:R18


    『死霊のはらわた』と言えば、ご存知、サム・ライミ監督の長編デビュー作にして
    映画史に燦然と輝く傑作B級ホラーであり、上質なコメディホラーシリーズの1作目
    今回の映画は、その「死霊のはらわた」の32年ぶりのリメイク作品。

    というか、監督よ…何回、『死霊のはらわた』をリメイクすれば気がすむのだ。
    まだ諦めていなかったようだな、ライフワークにでもするつもりなのか。


    ここで、まずは「死霊のはらわたシリーズ」のおさらいをします。

    <1作目>
    山小屋を借りた5人の男女が、夏のバカンスを過ごすためにやってきて。
    山小屋を探索してみると、地下には“死者の書”という、人間の骨と皮で作られた
    ゴア装丁が施されたイラスト集や、自称・博士が吹き込んだ
    テープレコーダー(死者を蘇生させる呪文入り)が置いてあった。

    なんだかんだで、死者が蘇り、森の木々の蔓と戦い、戸棚と戦い、恋人と戦い
    ホラーとコメディの間をギリギリのところで、行ったり来たり、する作品だった。


    <2作目>
    「死霊のはらわた2」は、『2』と銘打っているくせに『1』とは繋がっていない。
    それでも、「山小屋」と「死者の書」は、レギュラー出演。
    そして、色々あったが「死霊を時空の裂け目に送り飛ばす」呪文に託して。
    主人公は中世にタイムスリップ、英雄として死霊相手に無双。


    <3作目>
    3作目『キャプテン・スーパーマーケット(死霊のはらわた3)』
    どうして、こうなった…という内容の映画。

    色々あって、中世のアーサー王の城に連行された主人公
    囚人なので、処刑として、死霊の巣くう穴とやらに、ぶち落とされる。
    穴の中で、死霊を殴る蹴るの暴力でボコボコにして。
    賢者が放り込んでくれた、賢者愛用(笑)のチェーンソーと空中合体して
    死霊にとどめを刺す。
    (完)


    <4作目(今回の)>
    リメイク版の舞台は、もちろん例の山小屋。
    セオリー通り、登場するのは5人の男女。

    薬物依存症の妹・ミアの治療(薬抜き)のため、ミアの兄デビッド、その彼女のナタリー
    看護師のオリビア、高校教師のエリック、この5人で頑張ります。
    山小屋で禁断の「死者の書(笑)」を見つけて、死霊を甦らせてしまう。
    姿なき死霊にとりつかれたミアは豹変し、次々と仲間たちを襲っていく…



    ミアが薬物依存というのがネックになっていて、死霊やヤバイのを目撃しているのに
    みんなは、薬物の禁断症状からくる幻覚症状と思い取り合わない…
    そして、事態は深刻化していくというのは良かった。

    ただ、前3作がアレなので、今回も予想外なものを期待していたのですが
    特に、中世に行くでもなく、戸棚と戦う訳でもなく…がっかり(ノД`)シクシク

    さすがに、32年も経っているので、映像は綺麗で、特殊メイクも良い具合なので
    それなにりグロくて、切り株もあり、怖痛い感じには仕上がってます。
    悪趣味スプラッター、痛い流血シーンのオンパレード!ゴア&グロ!


    あとクトゥルー神話好きな人には、なんだか申し訳なくて、お勧めできない…
    もしかしたら、TRPGとか好きな人には、お勧めでき…いやできないか

    「死者の書」の内容と絵が、完全に厨二病でなんというか…
    あれだ、中学生の時に、授業中に何らかの電波を受信して書いたやつ。
    こう鉛筆でごりごり書いた、V系な目玉や、悪魔的な物体とか女の裸とかね

    (゚Д゚)「俺は新しい新世界の神になる!」みたいなノートなんだよ。

    そして、リメイクされても、あのシーンは健在でしたよ、お前ら。
    木々の中をヒロインが逃げる途中で、伸びてきたツルに捕まり、両足の間から
    ツルが入っていき、あきらか股間にぶすっと刺さってるっぽかったです。
    つまり、死霊は股間から体内に侵入し、憑依すると(‥)



    今回の映画では、すべての元凶は、ロン毛の高校教師エリック。
    だから、学校の教師ってやつは、マサキは昔から好きにnaren
    「死者の書」にご丁寧にも「唱えるな!」と書いてあるのに、音読するバカ。
    すべては自分のせいなのに、ギャーギャー喚いて、なんの役にも立たない。


    さらに高校教師エリック、床の血でつるっと滑ってしまい、便器で脇腹を殴打!
    超いてーしかも恥ずかしい(/ω\)ハズカシーィ 便器が粉々になった。
    怒れる高校教師が、便器の欠片で死霊を殴打! ⇒ 死霊死亡

    この映画での武器を強さレベルで言うと、こんな感じ↓
    散弾銃 < チェンソー < 山小屋 < 死者の書 < 便器


    前作ファンには、映画の至るところに演出されているオマージュが楽しい。
    例えば、山小屋のそばの廃車はアッシュが運転していた車種、兄が渡したペンダントは
    よく見るとアッシュがリンダにプレゼントしたやつ…等。
    きわめつけは、エンドロール後のブルキャンの「Groovy!!(いかすぜ!!)」

    前作ファンではない人は、吹き替え版でも観て、違った楽しさを見出して欲しい。
    主人公:水樹奈々、デビット:中村悠一という、無駄に豪華なキャスティングなので
    ちなみに、高校教師エリックは高木渉。

    ユーキャンを出すなら、死霊は杉田でも良かったのではないかと思う(‥)。



    JUGEMテーマ:映画

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
    ¥ 3,684
    (2013-10-09)
    Amazonランキング: 695位

    | スプラッタ | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891375