B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< ブラックホーク・ダウン | main | USJ ラクーンシティの歩き方 >>
追悼 若松孝二監督。
0
    若松孝二監督が、2012年、10月17日夜に、逝去されました。

    まだまだ映画を撮り続けていくと思っていたので、本当に残念でなりません。

    若松監督が尊敬する、新藤兼人監督亡き後に松松監督のような
    社会派な映画監督の死は、日本の映画界にとって、大きな損失だと思います。

    監督の撮る映画は、決してマサキの感性と合うとは言えませんでしたが
    体力・気力・精神力が充実していないと、観られない映画ばかりでしたが
    それでも観れば、何かしら身体の芯を揺さぶるものがありました。

    そして、マサキの愛する名駅椿町の映画館、『シネマスコーレ』
    若松監督が創立された、映画館です。

    監督が逝去されて、映画館はどうなってしまうのだろうと心配をしていたのですが
    若松監督の遺志を受継ぎ、今後も活動をされる…とのことなので安心しています。

    今後は、もっと映画館に足を運び、貢献していきたいなと思います。
    シッチェス映画祭が始まるので、まずはそれを楽しみに^^

    名古屋にお住まいのB級ホラー&ゾンビ好きな皆さんも
    ぜひ、『シネマスコーレ』に足を運んでみてください。
    普段、大型の映画館しか行ったことがないという方には、特に
    新鮮に感じるのではないかなーと思います^^ビックリもするかもしれませんが;


    JUGEMテーマ:日記・一般

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | 日記 | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891364