B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 狂ったスタンプラリー:参加中。 | main | 追悼 若松孝二監督。 >>
ブラックホーク・ダウン
0

    原題:Black Hawk Down
    制作年:2001年
    制作国:アメリカ合衆国
    監督:リドリー・スコット
    上映時間:145分
    配給:東宝東和



    ……こ、こんな長い間、ブログの更新を放置していたなんて

    ファッ○ン、アイリぃぃーーーーーーーン!!!ヽ(`Д´#)ノ



    きょ、今日からは、心を入れ替えて、お送りしたいと思います。
    うううぅ。ブログ開設以来の放置っぷりだ、くそ…orz
    なんという体たらく…携帯のメール返信もくそ遅いもんなぁ…_| ̄|○
    放置ブログに有り難くもいただきましたコメントには、きっちりと耳を揃えてレスをさせて頂きます!



    今回、BHDを観て、予想外にハマってしまったのでレビューすることにしました。
    今まで、何で観ていなかったのか、と悔やむくらいにハマった。
    あまりにハマって、書店で原作小説(上下巻)を買ってしまった。

    見ての通り、戦争映画です。
    プライベート・ライアンや、シンレッドラインは、こう見てられないギャーシーンとかあって
    全体的に戦争映画は苦手だけど、BHDは何故か大丈夫だった。
    ダメなのはスミスのシーンだけだった。
    フート軍曹のおかげか?kyu


    真面目にレビューするのはやめて(おぃ)
    あまりに久しぶり過ぎて、書き方を忘れたっぽいところがあるので……
    今回は、キャラ(役者)を中心に、心のパトス萌に逆らわtずに、書き連ねます。


    だってさ、フート一等軍曹、たまらん格好良いンだもん。なに、あれ?
    なにあの格好良さ。なんでフィギュアとかあんの?買えってこと?買うよ?



    <STORY>
    1993年、国際世論におされた米軍は、民族紛争の続くソマリアへ派兵。
    内戦を終結させるため、最大勢力ババルギディル族を率いて和平に反対する
    アイディード将軍と、その副官2名を捕らえるため、約100名の特殊部隊を
    首都モガディシュへ強襲させた。

    当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだった。
    が、作戦の開始直後に、アイディード将軍派の民兵の攻撃により
    2機のブラックホークが
    RPG-7によって撃墜されてしまう。

    敵地の中心へ取り残された仲間たちの救出に向かう兵士らは、泥沼の市街戦へと突入していく…



    エヴァンズマンとマサキの憧れに満ち満ちた視線を一身に受ける
    ノーム・フート・フーテン一等軍曹。最古参デルタ兵。


    フート、超クール!分かる、分かるよエヴァ。格好良いもんな憧れるよね。
    戦い慣れしてるのか、戦いも生死も達観してるような感じで、熱くならない。


    やる気がなさそうで、常時たるそ〜に見えるンだけど。
    度胸とか生き残ろうとする信念を秘めていらっしゃいます。

    バカラマーケットで要人確保 → ブラックバーンを乗せたハンヴィーで基地に → 再び、戦場に戻り「第2墜落地点」へ → その後、エヴァーズマンらと合流 → ゴードン&シュガート他、行方不明の仲間を探しにバカラマーケットへ…


    と戦場と基地を往復しまくり、かなりの大活躍。
    どんだけタフなんだ、この命知らずの最古参デルタ兵は。
    フートに派手なシーンは一つもないけど、マサキとエヴァは彼に注目しまくり。


    他のデルタ兵もそうだけど、すげー仲間思いなの(主にデルタ兵に対して)。
    でも超クール(何度も言っちゃうよ!)だから、一生懸命エヴァが話しかけても、釣れない態度。
    なのに、たま〜に哲学的な言葉で、さらっとエヴァにアドバイスをくれる。

    フート一等軍曹の素敵なお言葉。
    「ヘリから落ちる奴。撃たれる奴。君のせいじゃない…。これは戦争なんだ。」


    気休めかもしれないけど、確かにそーだよな、エヴァンズのせいって訳ではないからね。
    今は、落ち込むよりも戦わないと死人が増えるだけだし。自分も死ぬからな。
    格言というか、哲学的なセリフは、全部フートさんの台詞な気がする。

    つーか、なんだ、甘えか?フートさんに優しく慰められたいのか!?
    嫉妬だわ。レンジャーなのに、デルタのフートさんに優しくされて…
    くそ…なんだ、このもやもやした気持ちは。うううううう
    ファッ○ン、あいりーーーーーーーーん!!
    ハァハァハァハァ(*´Д`)、やべぇ、レビューしてねぇ。ただの萌え語りだわこれ。



    作戦を開始して、ブラックマーケットへのヘリ降下で、熱い意欲に燃える18歳の
    ブラックバーンが降下失敗。ヘリから落下、ここから、混戦が始まる訳ですが…
    良く見たら、ブラックバーン…オーランド・ブルームじゃん。
    落下したから、もう出番ないけど(笑)。


    この映画の主人公は、エヴァーズマン(ジョシュ・ハートネット)なのですが
    で・す・が、どう見てもグライムズ(ユアン・マクレガー)が主役だと思います。


    タイプが打てるという理由で、長年事務をやらされていたため、戦闘経験ゼロの彼。
    卓球で指を骨折した同僚の代わりに、出撃することになり。
    普段から、出撃したい!と言ってたくせに、超びびるグライムズ。

    初めての戦闘で、動揺するグライムズ。
    皆に慰められるグライムズ。
    「心配するな。ソマリ族は射撃が下手だ」
    「石を投げてくるから、上手く避けろよ」
    「グライムジー、大事な注意だ。銃を撃つときは、皆と同じ方向に打つんだぞ」

    最後のは、どんだけ心配されているんだグライムズwwww
    なんというアホの子、愛おしいわ(*´∀`)



    戦闘中も、常時、みんなに気にされるグライムズ!
    「ぐずぐずするなグライムズ」
    「とまるな、グライムズ」
    「グライムズ、走れ!」
    「ハンヴィーに!グライムズ手伝え!」
    「来い !グライムズ」


    これだけ、名前を連呼されたら、いい加減、サンダーソン軍曹じゃなくても気になるわw
    あのへっぽこ大丈夫か?とか。ちゃんとついてきてるか?とか。
    観てるマサキまで、気になって、ハラハラしまくりだった。

    そんなマサキをよそに、華麗にRPGを避けまくるグライムズ。おぃ…
    グライムズと言えば、サンダーソン軍曹、サンダーソン軍曹と言えば、グライムズ。
    サンダーソン軍曹とグライム、と言えば。あの有名なRPGのシーン。


    サンダーソン「撃て!あの野郎が装填する間に俺が行く!カバーミー!」
    デルタ「了解!!」
    サンダーソン「撃て!もう一度!!」


    とか行ってる間に、軍曹とデルタがジャムってしまい。頑張るグライムズ。

    グライムズ「俺が行く!!」
    サンダーソン「よせ!バカ!」

    頑張ったグライムズが、グレネードをギリギリで車両にヒットさせるが…

    サンダーソン「アァール・ピィーーーーーーッ・ジィィーーーーーーーッ」


    RPGの衝撃でグライムズ、土に埋まる。
    埋まってしまったグライムズを必死に掘り出すサンダーソン軍曹。


    「頭の中で鐘が鳴り響いてるよ〜…」


    「AHYAYAYAYAYAYA!来い!来い!」

    サンダーソン軍曹、これでグライムズがお気に入りになった模様。
    3度もRPGを避ける生身の兵士って、一体…グライムズ、主人公補正かかってない?
    …この映画の主役って…エヴァだよね。明らかに、グライムズな気がする。


    フート一等軍曹ほどではないけど、サンダーソン軍曹も素敵な兵士の一人です。
    なんというか、すごい攻めるタイプの兵士。すごいカバーミーしてほしい人。

    「アーーール・ピーーーー・ジィイイイーーーーー」
    「カヴァァアーーーーーミーーーーーーー!!」

    という台詞で構成された人。


    デルタのサンダーソン軍曹が窓の狙撃手を手榴弾で始末するシーン。ちょうカッコイイ!!
    神がかってるわ…神々しい。逆光的な意味で。


    ………やはり、レビューの仕方を思い出せないので、ここから箇条書き。

    ●BHDの小説(上下巻)。
     地図とチーム編成が書いてあって、大変わかりやすい。

    ●各軍師のヘルメットには、映画仕様で名前が書いてあるので、わかりやすい。
     フートやサンダーソン軍曹など、デルタはヘルメットが黒いので、それで見分けてください。
     各デルタは愛で見分けてくれ。大丈夫だ。

    ●地味に輝いていた、衛生兵シュミッド
     皆より、役目上、荷物などがすごく多い。でも銃撃の中、身軽にあちらこちらに走り回り
     仲間の治療にあたる彼。助けられなかったスミスのシーンは胸が痛かったデス…

    ●ブラックホークが墜落するシーンのパイロットが、あまりに冷静で怖かった。
     冷静に「ブラックホーク墜落する、墜落する」とか連絡できないよ…
     あまりに冷静で、墜落なんて、たいしたことないのではないかと。
     錯覚してしまうほどに、冷静に告げるパイロット。

     墜落して生きてたとしても、そこからが地獄なんだと、BHDで改めて思いました。

     バカラ・マーケットの中に墜落したら、周りは360度、全部が敵だもんね。
     民兵も市民も、銃や鈍器とか持って走ってきて超怖い;;がくぶる。
     何されるかわからない…弾にも限りがあるし、すぐには救助が行けない場所だし。

    ●そんな墜落現場に、たった二人で降下して、助けに行くシーンは泣けた。
     自分なら、そんな成功率も生存率も低い救助には、行けそうもないわ…
     「救助隊は!?」
     「俺たちだ」
     
    ●軍曹「兵を貸せ、現場へ向かう!」
     大尉「グライムズ、デルタと行け!残りはここで死守」
     え、このへっぽこと?(゚A゚ )という軍曹の表情が愛おしい。


    ●フートさんは、ちゃんと暗視スコープを荷物の中に詰めてるんだよね。
     やはり、長丁場になると読んでかな。伊達に、最古参ではないな…男の憧れフート一等軍曹!
     当初は、1時間足らずで終わる作戦だったから、誰も夜戦用の装備を持ってないんだよね。
     それが、こんな長丁場に…ブラック・バーンが堕ちるから;
     
    ●仲間は絶対に見捨てない。戦場には置いていかないし。
     例え、死んでしまっても、遺体も回収していく。
     これは分かる気がする、そう思えばこそ。自分も戦場に行けるような気がするから。
     仲間が助けにきてくれると信じられるから、自分も仲間が残されているなら…って戦場に行けるし。
     捕虜になっても、最後の希望を失わないんじゃないかな。

    ●『チェ・ゲバラ。25歳の日記』を観たときに、そのルール?(仲間も遺体も残さない)を知って、なんか感動した。
     実際の戦争はもっと過酷で、理不尽で複雑なものだと分かってはいるけど。
     戦場に出た途端、国も思想も関係なく、生き残ることがすべてになって
     仲間を気遣いながら生き延びようとするその関係や気持ちに
     惹かれるものが、そこにあるのは確かだ。
     戦争は、怖いし嫌だけど、そこを生きる人間には、何か惹かれてしまうものがある。

    ●ちなみに、レンジャーは平均年齢19歳。すげー若い、マサキと軽く10は違う。
     D-BOYは30代、ボーイとか言いながらね。

    ●「弾薬が!弾薬がない!」とエヴァが訴えるも、サンダーソン軍曹がん無視。
     サンダーソン軍曹は、デルタの皆と、グライムズ限定で優しいんだ!
     お前には、フートがいるさ!強く生きろ!!

    ネルソンの顔の系統が、サンダーソン軍曹に似てるせいで。
     最初、ごっちゃになってた。こんな3枚めキャラなのにネルソン、軍曹と混同ってww

    ●ネルソン、ユーレク、トゥオンブリーは、ほぼ3人で徒歩でチョーク4と合流して
     徒歩で3マイル離れた基地に帰ってきてるんだよね。
     実はすごく能力があるのでは…地味に、いや普通にすごいかも。

    ●最初も最後も、食事シーンのフートさん。
     冒頭でも、食事の列に割り込んでというか。並んでたエヴの前に割り込んで食べてたww
     腹が減っては戦は〜を地でいく人だ。でも、こんな時でも食べられるのがフート。

    ●フートの言葉に感銘を受けたエヴァ、フートさんと一緒に出撃しようとするも。
     「来るな」とさらりとかわされるエヴ、やはりクールな男フート。
     仲良くなったような気がしたけど、打ち解けたと見せかけて、一線引いている様子。
     



    だいぶレビューの感が戻ってきたようなので、明日くらいには
    先日行った試写会『アウトレイジ ビヨンド』のレビューを書けたら…いいな!
    と言い切らないで守りに入ってみる(`・ω・´)シャキーン



    JUGEMテーマ:映画


    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ポニーキャニオン
    ¥ 1,482
    (2010-01-20)
    Amazonランキング: 1849位

    | 戦争 | 03:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
    マサキさん,今晩は。
    今年も早いものでもう10月,だいぶ秋らしくなってまいりました。
    この分ではアッという間にクリスマスが来てお正月になりそうです。
    さて,本作は数年前にレンタルDVDにて鑑賞致しました。
    その折にはレンタル屋さんにあった『ブラックホーク・ダウンの真実』というドキュメンタリーも一緒に借りて鑑賞致しました。
    本作は先頃惜しくも亡くなった『トップガン』や『クリムゾン・タイド』のトニー・スコット監督のお兄さんである『エイリアン』のリドリー・スコット監督の作品ですネ。長年に渡って監督業を続けておられますが,この監督さんはハズレがあまりないようで本作もたいへん出来がよく,小生もマサキさん同様に大きなインパクトを受けました。
    とても気合が入った作品で,そこに描かれる戦場の迫力は数日間というものアタマから抜けませんでした。
    ちなみにソマリア民兵は覚醒作用のあるコカの葉を与えられていてそれがとても効いていたので5.56mm小口径弾が肉体を貫通しても痛みを感じなかったそうで,それゆえテッポーの弾が当たっているのに平気で向かって来るというゾンビの如き相手だったといわれています。
    戦っても戦っても勝てない極限状況下からの生き残りをかけた脱出。
    いい役者さんといい制作スタッフによって作られた本作はそんな絶望的戦場をミゴトに描写し,それゆえに小生たちはそこに「これはエライことになった。どーすれば助かるんだ」という人間の本能を見出して共感したのかもしれませんデス。
    まだ観てない人に勧めたくなる,そんな作品ですネ!
    | snowman | 2012/10/13 1:15 AM |
    こんばんは、snowmanさん。
    だいぶ寒くなってきましたが、体調を崩されたりしていませんか?
    街は、ハロウィンから、既にクリスマスムード☆*::*:☆になっていますね。11月は無い扱いのようで、少し淋しいです(^-^;)

    映画鑑賞後、数日間は、頭から離れず、あの場に自分がいたら…とか色々考えてしまいました。映画を観ている間も、ふとした瞬間に現実のことなんだよなぁ…と我にかえってしまったり。
    それほど、強烈な印象のあった映画でした。

    『ブラックホーク・ダウンの真実』を観ました。
    これも一緒に、借りて観れば良かったです><
    存在を教えていただき、ありがとうございます!!
    マイク・デュラント本人の口から語られる、あの日の真実に、俳優さんとともに言葉を失ってしまいました。

    ソマリア民兵+地元の人が、あとからあとから湧いてきて、撃たれても立ち上がり、向かってくる状況は、絶望以外の何者でもないですよね。
    ゾンビのような軍人、いつかどこかの国が、そんな薬や軍隊を開発しそうで怖いです;コカの葉からグレードUPさせて、新薬とか;

    同じように、勧めたくなってしまい、ブログでレビューしてしまいました(*´∀`*)
    | マサキ | 2012/11/14 12:35 AM |









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891362