B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 死霊の盆踊り | main | 戦国BASARAコラボ・伊達じゃないけど伊達眼鏡。 >>
アタック・オブ・ザ・キラー・トマト
0


    原題:Attack of the Killer Tomatoes!
    制作年:1978年
    制作国:アメリカ合衆国
    監督:ジョン・デ・ベロ
    上映時間:87分
    配給:コムストック、日本コロムビア



    キラーコンドームの時代は終わった、いまや時代はトマトだ!トマト



    キラートマトが襲ってくる〜♪
    人に飛び掛り、殴り(?)押しつぶし〜
    美味そうに食べつくす♪

    廊下を行進し、壁をはい上がり
    中身はびちゃびちゃ
    ドアの外に立っている〜♪



    映画開始して、すぐに歌いながら、ストーリーの概要を説明。
    ところどころ、歌詞に疑問を覚える。


    振り向くと木の上に、トマトが立っていた!
    市長は休暇中、救ってくれない、警察はストライキ中、州兵は逃げた〜♪

    トマトの勝利は近い!


    そして、アメリカ中で、破壊行為を続けるトマト
    焼き討ち、略奪、…レイ○(おい)

    映画のOPの歌をもって、映画の概要説明とかえさせて頂きますm(_ _)m

    キラーコンドームもたいがい、B級テイストな映画だと思っていたけど
    キラートマトも、これはこれで、甲乙つけがたいB級映画だった。


    キラーコンドームと違うのは、トマトが複数で襲撃を開始した点。
    そして、トマトの巨大化とともに、様々な異常現象が報告されるが
    町人は「随分、大きなトマトだな。どこに行くんだ?」とか言って
    反応はいたってクール。


    トマトによる惨劇のシーン。
    別に、体の上にトマトを乗せて寝ている訳ではない。決してない。
    トマトによる殺戮のシーンだ。


    警察の車が、キラートマトに絶賛襲われ中のシーン。
    トマトがフロントガラスにかかり、色んな意味で一大事!


    別に、普通のトマトでも、視界の邪魔くらいにはなると思うけどね。
    ちなみに画像では分かりませんが、キラートマトは常にごにゅごにょ言ってますww
    つーかワイパー動かせば、即解決するのでは?www

    拡大する被害に、農務省はプライドをかけて、トマトとの戦いに挑む!
    が、トマトには、農薬、虫、弾薬…何も通じない。

    そこで、会議をして、作戦を練ることにした…が
    会議室が死ぬほど狭いのですが…テーブルを乗り越えないとダメとか;
    提督の野望みたいにしてくれよwww


    ぱごっぱごぱらすういーと作戦。PPPPP作戦。など、
    様々な候補があがったが、最終的に、アンチ・トマト計画トマトを発動。


    国は「独創的な解決策」を求めているとのことで、集められた特殊(な人の)部隊↓。


    変装の達人。
    つけっ鼻を付けただけのようだが、だ、大丈夫か…?
    大丈夫だ、問題ない。


    ゴーグルの中に水が入っている、潜水の達人。
    何故か、24時間パラーシュートを外さない軍人。
    水泳の達人(肥満体型の元オリンピック金メダリスト、ステロイドを貪り食うのが趣味)

    などで構成された、特殊(な人で構成された)部隊。

    特殊(な人の集まる)部隊が乗る車の車体横に書かれた
    『連邦情報局 覆面パトカー』の文字。狙ってるのか、天然なのか…解せぬ


    一方、国民に余計な不安を与えないために、トマト危機の実態を隠蔽し続ける大統領。
    それも限界に近づいてきたため、広告代理店「マインドメーカー」に情報操作を依頼。


    『トマトは原発と比べ、安全で安くて美味しい』
    でも、キラートマトは、ただちに影響のある脅威だと思うのф´・ω・`ф

    マサキは、広告代理店の社長が、いきなり歌って踊り出した時に
    実は、ミュージカル映画なのでは…と疑い始めたンだけど。
    軍人達が「T・O・M・A・T・O・E・S!TOMATO!」とか歌って踊り出した時点で
    ミュージカル映画だと、はっきりと確信した。


    で、色々あったりなかったりして、町の住民総出でトマトを倒すことにした。
    なんて言うか、住民総出でトマトを踏み潰しているだけというか、なんて言うか…
    食べ物を粗末にすんなヽ(`Д´#)ノ

    で、そこそこ合ったり無かったりして、キラートマトの弱点が
    青春の何たら〜♪っていう酷い歌に、弱いということが判明。
    だが、耳宛で防御するキラートマト。みみ…そこトマトの耳なの?


    この後も、色々あって、解決?にいたるわけですが…そこはDVDでご確認ください。
    キラーコンドーム的なのりが好きな人には、お奨めですv(´∀`*v)
    あと、トマトが好きな人トマト


    JUGEMテーマ:映画

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | B級映画 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891353