B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 屍病汚染 DEAD RISING(全8話) | main | リアル・自宅からの脱出ゲーム。 >>
カイジ2〜人生奪回ゲーム〜
0



    『 カイジ2 人生奪回ゲーム』(公式サイト)


    お前は負けたんだ、負け、負け、ヽ(`Д´)ノ
    お前の馬鹿っぷりは、まさに鉄板!(`皿´)




    『カイジ 人生逆転ゲーム』を観ているので、2も観に行こうかなとは思っていましたが
    寒いし仕事が忙しいし、バイオの新作情報&魔装機の発売情報に発狂して
    なかなか行くことが、出来ませんでした…_| ̄|○

    そんな時に、スイーツな女子殿ラヴネコに誘われたので、観に行ってきました
    あんまり、スイーツ系の女性がカイジを観るイメージがなかったので意外。

    マサキ「カイジの原作か、アニメを見たことあるンだ?」
    甘味系「ないよ。藤原竜也かっこいいから。顔ちっちゃいしーv」
    マサキ「納得(‥)」


    そ、そうか…藤原竜也って、カッコ良かったのか…。
    いや、たしかに、背も高いし、目が綺麗でカッコイイんだけど。
    当たり前すぎて、忘れていたと言うか…
    カイジの藤原竜也=カッコイイ、とは思えず。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    <カイジ2>

    命がけのゲームに勝ち残り、地上に戻った伊藤カイジ(藤原竜也)。

    …が、ギャンブル依存症なのか、再び多額の借金をかかえ、
    地下の強制労働施設送りになっていた。

    色々あって、仲間全員の借金2億円を返済するため、2週間の制限付きで地上に戻る。
    地上で、元帝愛幹部の利根川(香川照之)と再会し、裏カジノへの招待状をGET!

    10億円以上を稼げるモンスターマシーン“沼”に挑むカイジの前に
    裏カジノの支配人・一条聖也(伊勢谷友介)が立ちふさがる。

    難攻不落の“沼”を攻略するため、カイジは裕美(吉高由里子)、坂崎(生瀬勝久)
    そして利根川(香川照之)らと協力するが……。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    (言うほどのネタバレはなし)


    地下の強制労働施設から、地上に戻るまでのエピソードが
    アニメでは数話かけて、やったネタなのに、まさかの瞬殺(笑)
    班長さん、かわいそうm9(^Д^)
    今回は、『沼』がメインなので、地上に出てからが本番だし、仕方ないか。


    今回の映画で、最大の変更点。

    カイジと利根川のタッグ!
    昨日の敵は今日の友なのか?それとも???

    これは、これで良かったかなぁ…香川さんの利根川は好きだし。
    映画の最初は、利根川と協力?びみょ〜…とか思ったけど
    最後まで観たら、まぁ…ありかなと。これはこれで。


    利根川と一条の設定が、原作とは違います。
    一条が原作を超える、可哀相キャラになっていて、かなり好感が持てたw
    一条…好きだなぁ。うん。なんか親近感が湧く☆

    前作の原作との微妙な違いが、今作に地味に影響している。
    前回の最後で、遠藤が金を持ち逃げした影響がここに…
    映画では『沼』の攻略法が、原作とはちょい違ってたから、原作を知っている人でも
    また楽しんで観られると思う。


    新キャラの生瀬さん演じる坂崎が、ハマリ過ぎてて笑えた。
    しかも途中で、なぜか船井(山本太郎)も出てきてびっくり。
    「あーこれ撮った時期は、まだ大丈夫だったんだな…山本さん(‥)」
    とか、思わずにはいられない。

    生瀬さんの「(船井の)あの関西弁が怪しい!」
    ってやつは、アドリブなんだろうか、山本太郎VS生瀬さんのシーンが笑えた。
    つーか、なんという濃い面子なんだ、香川さんに、山本太郎、生瀬さんて…


    映画のオリジナルゲーム『姫と奴隷』が、個人的にいらいない気がした。

    あれは、なんだ?山本太郎を出したいがための演出か?(違)

    “囚人のジレンマ”みたいで、面白くはあったけど、ゲーム時間が短いせいで
    いまいち、あのゲームの趣旨が観客に、伝わっていない気がする…
    利根川とのタッグを組む上では、必要なんだろうけど、少し不自然だった。


    今回のヒロイン…石田広美さん、ん〜電波系?女優さん自体が不思議ちゃんか?
    どうしても、カイジに女性はあまり必要ない気がするンだよね。
    前回の天海さんは成功してたけど、今回は、失敗とは言わないけど
    あまり、カイジの世界観にはしっくり来なかった。


    カイジ2で一番、印象に残ったのは、坂崎の娘!の写真が映ったシーン。
    美心が…可愛い…だと?…ざわざわ
    ほんと普通に、可愛すぎてビックリした。

    ちなみに、マサキはギャンブルは好きではないので、一切やりません。
    博才ないし…大王製紙の前会長みたいになりたくないし…
    地下の強制労働施設に送られたくないので(;゚д゚)

    皆さんも、ご利用は計画的にカイジカイジカイジ


    JUGEMテーマ:映画

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | 邦画/ヒューマン | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891344