B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 戦国BASARA×山崎パン タイアップ商品 | main | ドラゴンボール・エボリューション(実写版) >>
IT/イット
0

    制作年:1990年
    制作国:アメリカ、カナダ
    上映時間:187分
    原題:IT
    監督:トミー・リー・ウォーレス
    原作:スティーヴン・キング



    ドナルド「みんなで一緒にランランルー!」




    なんというトラウマ製造機なんだ…orz
    たぶん、『ピエロ恐怖症』って、ここから来てるのでは?
    DVDジャケットでも十分怖いけど、映画の中でのデスピエロはもっと怖い
    明るい笑い声も、陽気な口調で語る言葉も、仕草も…何もかもが恐怖。

    やっぱ、マサキはモス派だわ。モスにはアレいないし…ドナルド

    <以下、サイドA(少年時代)までのネタバレあり>
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    <あらすじ>

    30年前、メイン州の町デリーでは、子供たちが次々と消え去る事件が発生していた。

    その町デリーに住み、それぞれに悩みやコンプレックスを抱える7人の子供たち。
    吃音症の少年、喘息持ちの少年、黒人の少年、ピザ、近眼、ユダヤ人の少年
    父親から虐待されている少女…

    子供達を浚って殺していた犯人は、ピエロの格好をした
    「ペニーワイズ」という男だと気づいた7人の子供達。
    ペニー・ワイズは大人には見えず、彼らの周りで次々と恐ろしい現象を起こしていく
    洗っても洗っても落ちないバスルームの血、動き出す写真の画像、学校の地下室・
    シャワールームの怪現象、自分だけに聞こえ見えるピエロ…

    このままだと、いずれ全員が殺されてしまう、7人はペニー・ワイズをやっつけるため
    町の下水道に潜り、ペニー・ワイズに精一杯の攻撃をするが、倒すことは出来ず
    傷を負ったペニー・ワイズは、下水の奥深くへと潜って行った。

    7人は誓いを立てた。
    「もし…もしもまた、IT(鬼)が戻ってきたら、デリーに戻ってみんなで集まろう」

    そして、現在、デリーで再び、子供が相次いで行方不明になる事件が発生していた。
    ただ一人、デリーに残った黒人のマイクは、町を出て行ったかつての友に電話をかける。

    「また、ITが現れた」と。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    ディスクが2枚組みになっていて、「SIDE A」「SIDE B」と存在する。
    正直なところ、子供だった主人公達7人が、やばいデスピエロな
    ペニー・ワイズと戦う、「SIDE A」だけで、映画としては十分だと思う。


    「SIDE A」は、子供時代の話で、怪現象さえ起きなければ
    スタンド・バイミーのような雰囲気で、実に爽やかで、微笑ましい。

    この主役の吃音症の少年ビルが、またリヴァー・フェニックスきらきらのような美少年で
    それもまたスタンド・バイミーを彷彿とさせる。
    ビル役のジョナサン・ブランディスは、リヴァー並みの美少年→美青年だったんだけど
    彼もリヴァーと同じく、若くして死んでるンだけどね…orz
    そんなとこも、一緒とか。怖い。

    タイトルのIt(鬼)は、ペニー・ワイズとは、また別の生き物(?)で。
    真のラスボスがItな訳だけど、絶対ペニー・ワイズの方が怖いから
    わ〜…もう、今日の夢に出るのが、今から予想できるもん。
    ゾンビなら良いけど、これは夢に出てきたらイヤだなー><

    しかも、あれだよね。このペニー・ワイズのモデルって、実在の連続殺人犯…
    ジョン・ゲイシーだよね、違うって言われてもそうとしか思えない。

    「SIDE B」の途中までは、すごく良いホラー映画だった。
    ただし、後半からは、巨大な甲殻類と戦う、冒険アドベンチャーになる。
    スティーヴン・キングの小説って、活字の時は良くても、映像化すると
    「いや、これはちょっと…」と思うことが良くある。
    ITがもうカニ+蠍の何かにしか見えないよ…orz


    つーか、あんな画像を一番上にして、なんか…ほんとスマン;
    夜中にアクセスして、怖かった人いたらゴメンね(´・ω・`)
    なるべく早く、別のレビューを上げます。自分もいやだからさ(ぇ

    JUGEMテーマ:映画

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ワーナー・ホーム・ビデオ
    ¥ 927
    (2010-04-21)
    Amazonランキング: 394位

    | ホラー | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891331