B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 機動武闘伝Gガンダム | main | ザ・ワールド発動中! >>
バイオハザードIV アフターライフ
0


    制作年:2010年
    制作国:イギリス、ドイツ、アメリカ
    上映時間:97分
    原題:Resident Evil: Afterlife
    配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
    監督:ポール・WS・アンダーソン
    レイティング:PG-12


    冷やし、ゾンビはじめました( ´Д`)


    3Dではなく、2Dで観てきました。
    もう、なんていうかね、ゾンビが空気になってました。完全な脇役。背景だ。


    今までの映画バイオハザードシリーズのレビューは、こちらからどうぞ
    『バイオハザード』
    『バイオハザード2アポカリプス』
    『バイオハザード3』


    <以下、レビューをしますが、映画の内容的に、映画4のネタバレと
    ゲーム・バイオハザード5のネタバレがあります。ご了承ください。>


    ==================
    (今回のストーリー)

    前作より数年後。

    アンブレラ社(東京本社)は、アルバート・ウェスカー議長の指示の下
    実験を繰り返していた。

    その地下要塞を、アリス+アリスクローン隊が襲撃。
    ウェスカーは、施設に仕掛けていた核爆弾を爆破し、地下要塞ごと壊滅。
    東京本社を捨て、飛行機で一人逃亡。

    その後、アリスは、前作3で話題になっていた安息の地「アルカディア」を目指す。
    しかし、アラスカには人々の姿はなく、アリスは落胆。

    その時、アリスを一人の女が襲撃。
    アリスはすかさずその女を倒すが、なんとその女は、前作3で
    先にアルカディアに向かったはずのクレア・レッドフィールドだった。

    クレアの胸には蜘蛛型の奇妙なデバイス(ゲーム5参照)が付いており、
    意識を取り戻したクレアは記憶喪失になっていた。

    二人は、他の生存者を求め飛行機でロサンゼルスに向かった。

    ==================



    今までのシリーズをすべて観てきたけど、近作が一番ゲームに近い内容だと思う。
    ただし、ゲーム「バイオハザード5」の内容で、だ。一番ゾンビからは遠いゲーム。

    映画版バイオハザード4は、全体的にゲーム版に引きずられ過ぎ。
    例え、映画を全シリーズ観ていても、ゲームをプレイしていなければ
    理解できない設定・キャラ・台詞がありすぎる。

    映画鑑賞後に、後ろで見ていた、カップルの男の子が、
    「映画全部見てるけど、さっぱり分からん」と言ってた、そうゆう映画なのだ。
    映画オンリーの人は、かなり消化不良なんじゃないか?大丈夫?


    ほんと監督の迷走っぷりが、半端ないわコレ…。
    完全な自分本位というか、客はゲームプレイしてることを前提に作ったのか?
    まさかだよね。


    一番酷いなと思ったのは、アルカディアの中で、ウェスカーが言った台詞。

    「レッドフィールド兄妹か、やっかいな存在になったものだ( ´,_ゝ`)」


    は!?Σ(゜ロ゜;)!!
    え?あぁ、うんまぁ…バイオハザードにおいてはそうだけど、って、いやいやいや。
    映画では、レッドフィールド兄妹とウェスカーは、今回が初対面だし。
    クレアのことは衛星でずっと観てたンだとしても、クリスは映画に初登場だから。

    どこまで、観客を置いてきぼりにすれば、気が済むンだよ;
    ゲーム版では、クリスとウェスカーは、1作目〜最新作までの因縁の中だし。
    クレアとも、コードベロニカの時に、ゾンビ島で対峙している。
    1作目でクリスを殺しておけば、ここまで邪魔されることもなかったという意味で。
    その台詞なんだろうけど、それは、あくまでゲームの世界での話で。
    映画で言うなら、むしろ、アリスに向けて言うべき台詞だ。

    実は、ゲームファンのマサキとしては、ウェスカーのあの台詞に
    一瞬テンション上がったンだけど、ゲーム中のムービー観てる気分になって。
    でも、映画オンリーの人は、ポカーン(°Д°)だよね。


    さらに、映画の冒頭で、今までのシリーズで積み上げたものを白紙にしているあたり
    映画のオリジナル設定に限界を感じて、ゲームに走ったのかもしれないけど。
    (マサキとしては、ゲーム寄りになるのは大歓迎だ)

    「3」でアリスに超能力を使わせて、アリスのクローンを大量生産してたけど
    今回「4」の冒頭で、アリスからその超能力を奪い、クローンアリスを全滅させた。

    それは、結局のところ、「超能力」も「クローン」も、バイオハザードには
    余分な設定だったということに他ならないのではないか。
    大体、ゾンビに接近せずに倒せる能力なんて、話を死ぬほど詰まらなくするだけだし
    なかったことにするくらいなら、最初から、やめておけば良かったのに。


    クリーチャーにしても、ゲーム5のクリーチャ―を投入しているせいで
    世界観がカオス。
    そもそもゲーム5には、ゾンビがいないうえ。舞台がキジュジュだぞ。

    いきなり何の説明もなく、「処刑マジニ」出てくるしw
    一瞬、サイレントヒルの三角頭がきたかと思ってビビッたよ。
    しかも、門の一つもぶち敗れない、虚弱な処刑マジニだし。笑える。
    ゲームプレイした人なら、『あぁ、倒すと金貨5000出すあいつね』と分かるけど
    刑務所だからって言うのもあるんだろうけど、ちょっと存在が浮いてた。

    アジュレ(頭パックリした犬)とマジニ(口からヒトデの人)はまだ良いとして
    処刑マジニはないわ!
    後ろで観てた奴も、処刑マジニ出るたび笑ってたぞ。


    クレアの胸に付いてた、蜘蛛型のデバイス。
    あれもゲーム5でジルが胸に付けられて、体を操られてたやつだし。

    ちなみに、ジルもゲーム5仕様でEDに、ちらっと出ていた。
    もちろん、金髪に黒のボディスーツで、胸元に蜘蛛型デバイスつけて。
    何故、そうなったのかは、ゲーム5で分かります。


    総評としては、映画全体の出来としては悪くはなかった
    アクション性も高いし、3Dで観たら楽しいだろうし。
    映画を全シリーズ観てなくても問題はないけど、誰だよそれ?という箇所あり。
    ゲームはプレイしてなくても問題ないけど、ん?と思うシーンはあり。
    全部理解したいなら、映画全シリーズを観て、ゲーム版『バイオハザード』5をプレイする必要あり。

    あと、最後に一言。
    ゲームをプレイしてない人達は、ウェスカーのマトリックスっぷりに
    驚いたかと思うが、ゲーム版でも彼は、一人マトリックスです。

    別に、映画仕様で、あぁなってしまった訳ではないので監督に罪は無い。
    ウェスカーは、ウィルスのせいで、エージェントスミス化しちゃっただけなんだYO


    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    | ゾンビ | 22:38 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark
    マサキさん,今晩は。
    やっとレンタルDVDにて観賞致しました。
    このシリーズは回を重ねるごとにホラーから離れていってますネ。
    死んだ人が蘇って襲い掛かってくるのが恐い,っていう世界の中で
    生き残りをかけた戦いをする,っていうのがゲーム『バイオハザード』
    だったかと思いますが,もののみごとにスーパー・ヒロイン大活躍の
    アクション映画になってしまいました。ここは割り切りが必要な
    ようであります。
    マサキさん御指摘のごとく本作はこれまでの映画3本と歴代のゲーム
    のハザマで,いやそれどころか『3』が『マッドマックス』だったから
    今度は『マトリックス』だ!といわんばかりの混沌ぶり。
    どうやら次回作が制作決定とのことですが突っ込みどころイロイロ
    の第5作目になる可能性はかなり高いと思います。
    ゲームと違う点として,まだ怪獣が出ていないので多分登場させる
    かもしれません。
    どうなることやら,デス。
    | snowman | 2011/04/15 2:32 AM |
    snowmanさん、こんばんは^-^

    シリーズ2作目で止めておけば、良かったのに…
    と思わずにはいられません。
    今では、ホラーの「ホ」の字も見当たりませんから><

    アクションホラーでもなく、アクション映画ですよね。
    ここまでアクション映画だと、逆に割り切れました。

    『マッドマックス』!確かに!
    あの車とか、何かを彷彿とさせる…とずっと思ってたのですが
    スッキリしました(^ワ^)マッドマックスか〜

    怪獣…なんだか、すごく想像出来ますね。
    ゲームのバイオハザード5をプレイして、「モンハンかよ;」と
    思ったあの怪獣みたいなのが、出てきてしまうんですね。

    次回策の映画「バイオハザード5」は
    予想の斜め上を期待しておきます(^q^)
    | マサキ | 2011/05/06 9:51 PM |
    マサキさん,こんばんは。
    じつは『バイオハザード5』関連のニュースなんですが撮影中に事故があった模様です。今しがた『ニコニコニュース』を見ていたところその記事が目に入りましたのでお知らせいたします。

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw127995

    | snowman | 2011/10/13 1:01 AM |
    こんばんは!
    何時もながら、返信(?)が遅くなってしまい、申し訳ないです><
    “ニコニコニュース”を見てきました、映画にはエイダとレオンが出るようですね…とてもとても不安で心配です。

    映画『バイオハザード5』は、2012年の9月14日に公開のようなので、不安ではありますが、観に行こうと思います(`・ω・´)キリ
    | マサキ | 2011/12/07 1:00 AM |
    マサキさん,今晩は。
    映画『バイオハザードV:リトリビューション3D(?)』の公式サイトが
    オープンして予告篇をやってますよ。

    http://www.biohazard5.jp/

    怪獣ですけど,登場のようです。
    | snowman | 2012/06/20 1:55 AM |
    マサキさん,こんにちは。
    8月ともなればやはり暑いですネ。
    さて,たいむぽっかんさんのブログで『バイオハザードV:トリビューション』の情報が紹介されてました。

    http://ameblo.jp/jumbooomori/entry-11324102339.html

    「こんどは,お祭だ!」という感じなのだそうです。
    | snowman | 2012/08/15 2:10 PM |
    こんばんは、snowmanさん。
    『バイオハザードV:トリビューション』、さっそく観てきました(^-^)
    確かに、祭りでした!ゲームキャラがわんさかと出ていて、お祭り状態に…><
    | マサキ | 2012/11/13 11:41 PM |









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891297