B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< ゾンビを愛して一周年 | main | 虫が演じるシェイクスピア 「ロミオとジュリエット」 >>
ひとりかくれんぼ
0

    制作年:2008年
    上映時間:75分
    制作国:日本
    公開:DVD映画
    配給:発売元:エースデュース
    監督:海沼智也


    投稿者:マサキ
    ねぇ、ねぇ「ひとりかくれんぼ」って知ってる?

    投稿者:うろボロ素
    なにそれ?知らんばい。てか、一人で隠れてどーする(笑)

    投稿者:マサキ
    やり方はね、まず人形と塩水を用意しte(ry
    これ見て→「ひとりかくれんぼ実況まとめサイト(※)」

    投稿者:うろボロ素
    ちょ、TOPの日本人形怖っっ;

    投稿者:マサキ
    今夜3時…やらないか?(´ー`)フッ

    投稿者:うろボロ素
    だが、断るヽ(`Д´)ノ


    (※) サイトの注意文から一部引用
    実況サイトは、読んでる人にも何かしら影響がある可能性があります。気を付けて下さい。
    また、「ひとりかくれんぼ」を実行する場合は、何が起こっても自己責任でお願いします。



    「ひとりかくれんぼ」とは、マサキを恐怖のどつぼに落とした、愛すべき都市伝説です。
    遊び方や詳細については、自己責任のもと実況サイトをご覧ください。
    初見の人には、携帯用まとめサイトがお勧め。

    上の注意文には、ああ書いてあるけど、ぶっちゃけマサキは何とも無かったです。
    ただ、そういうのを信じやすい人は、あまり見ない方が良いンじゃないかな
    風呂とかトイレに行けなくなると、困るしねたらーっ

    「ひとりかくれんぼ」の実況サイトというのは、午前3時に遊びを開始して
    携帯電話やノーパソを持って、布団の中や押入れの中などに隠れて
    そこから、周囲の様子や自分の状況を書き込んでいくスレのこと。

    マサキも一時期、その実況スレに、釘付けの夜が続いていました。
    下手したら、布団の中で携帯電話を握り締め、朝を迎えるレベル。
    金縛りに合っても、めげずにROMを続けます。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
    携帯電話も手放しません(金縛ってるので)。・゚・(ノ∀`)・゚・。


    ちなみに、マサキは「ひとりかくれんぼ」はやってないです。
    興味はあるンだけど、なんかご近所迷惑になりそうな予感がして…

    海外映画だと、この遊びの最中に、殺人鬼とかゾンビが自宅に紛れ込んでバトロワ勃発!
    とかなりそうだし、そうなったら怖いから(←あくまで、マサキの敵はゾンビと人間)

    映画は全3話構成になっていて、人気ケータイ小説「孤独少女」と、小説の中で語られる一人遊び
    「ひとりかくれんぼ」を中心に話は展開していきます。

    ======================
    第1話「空席」
    女子校生の榊みどりは、毎週1回配信されるケータイ小説「孤独少女」を楽しみにしていた。
    しかし、小説の配信は第9話で、途切れてしまう…

    「…私は孤独だ。だから私は“ひとりかくれんぼ”を始める。
     この孤独から抜け出すために―」

    という文章だけ残して。
    「ひとりかくれんぼ」に興味を持ったみどりは、インターネットで調べていくうちに
    それに関する不気味なサイトに行き着く。

    一方、失恋のショックから、登校拒否になっていた、みどりの友人・松本文香は
    同じ小説で知った、「ひとりかくれんぼ」に没頭していた。

    そんなある晩、みどりの携帯に文香から電話が掛かってくる。
    『一緒にひとりかくれんぼをしよう』と。


    第2話「禁じられた遊び」
    女子校生の佐々木綾乃は、毎週1回配信されるケータイ小説「孤独少女」を楽しみにしていた。
    その小説の中に登場する「ひとりかくれんぼ」の話を友人にしたところ
    興味を持った1人の友人が、「ひとりかくれんぼ」実践する。

    そして、『今度は、ひとりかくれんぼで起こる心霊現象をカメラで撮影しよう』と持ち掛けきた。
    友人二人と綾乃は、カメラを設置して、「ひとりかくれんぼ」を行うが。


    第3話「孤独少女」
    女子校生の花村皐月は、クラスでも影の薄い存在。
    唯一日々の楽しみにしていたブログに、ある日【ひとりかくれんぼ】に繋がるトラックバックを見つける。

    『孤独なあなたへ』の言葉に、釣られた皐月は興味本位で【ひとりかくれんぼ】を実践。
    心霊現象に遭遇するも、それが病み付きとなり、遊びを頻繁に繰り返すようになる。

    やがて自身の体験を元にしたケータイ小説【孤独少女】を書き始め、
    ある晩、自身のブログで『今夜みんなでひとりかくれんぼをやりませんか』と持ち掛ける。

    ====================

    (若干のネタバレあり?)

    珍しく、Jホラーを借りてまで見たけど。
    実況スレを見ていた時ほどの恐怖は、まったく感じなかった。
    観る前に、相当期待してたから、余計にガッカリしたせいもあるけど下向きがく〜
    評価はこんな感じ。

    さだ子度:★★★★★
    再現率 :★☆☆☆☆
    怖さ度 :★☆☆☆☆



    劇場版「ひとりかくれんぼ」よりは、ちゃんと怖く作られてました。
    あくまでも、劇場版と比べたらの話だけど。

    実際は、皆が実況していた「ひとりかくれんぼ」とは違うし、リアリティもない。
    「ひとりかくれんぼ」に類似した遊びを使った、単なるライトなJホラー。
    映画公開するレベルでもなく、深夜ドラマだったなら良作。

    この映画のなにが酷いって、みどりちゃんが見つけた「ひとりかくれんぼ」のPCサイトや
    「ひとりかくれんぼ」の最中に現れる、女性(仮に孤独少女と呼ぼう)。

    ですが、「孤独少女」どう見ても、SA・DA・KO☆

    暗い部屋の中に置かれた1台のTVから、出てくるのか…と思わせておいて
    その横のふすまを開いて、畳の上をずるずる這いながら向かってくる
    長い黒髪で顔の見えない、「孤独少女」。さだ子との誤差ゼロ。


    え、あれ?間違えて「リング」借りてきた??(゚Д゚≡゚Д゚)?
    とマサキは思わず、パッケージに手を伸ばしたそうな。

    何でもかんでも、さだ子にすれば、良いってもんじゃねぇぞ…
    さだ子に、頼り過ぎだろJホラー。使いまわされすぎだろ…さだ子;


    だいたい、「孤独少女」を見て、怖い!と思ってしまうのも
    「リング」のさだ子が、トラウマで強く印象に残っているからであって

    「孤独少女」(さだ子に激似)→「リング」のさだ子を思い出す→さだ子=怖い
    絶対画面から出てくる!こっちくんな!くるー!きっとくるー!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    みたいな、連想によって恐怖が引き出されてるだけだし
    さだ子に感謝しろよ、監督はヽ(`Д´)ノ

    確かに、だいたいの日本人は長い黒髪で、床這いずる系の女性に恐怖を覚えるけど
    マサキのホラー中枢は、欧米化しているので、ダメなんですバッド
    もしかしたら、怖い映画なのかもしれないけど、これ。
    恐怖に浸りきることが、できませんでした!ひやひや

    万が一、怖かった時のために、入念に準備したのに…orz
    何者かに背後を取らせないように、壁と背中の間は隙間ゼロにしてさ
    皆の予定をチェックして、しばらくは一人にならないようにしてさ
    鑑賞後のお風呂も警戒して、風呂上りに観たってのに。
    もち、鑑賞前にトイレもちゃんと行ったぜ!グッド

    まぁ、必要なかったけど(‥)無駄な努力だったけど。
    あまりのダメっぷりに、途中で部屋の電気消したわ。


    しかも、許せないのは、「かくれんぼ」だって言ってるのに
    携帯電話をマナーモードにしないなんて、バカじゃまいか?
    隠れる気あんのか!かくれんぼ舐めんな!ヽ(`Д´)ノ
    …ってゆーか、電話マナーモードに!早く!
    電話掛けるなら、声のトーンを落とせっちゅーに!


    3人の女子高生の中で、一番ちゃんと「ひとりかくれんぼ」を実行して
    あの中では、一番怖い目に合えたンじゃないだろうかと思うのは、皐月ちゃんです。
    彼女は、なんと31体も人形を犠牲にしてます。

    好感が持てるのは、彼女がケータイ小説「孤独少女」を書き始めた理由が
    教室で「揺れるハート空」的なケータイの恋愛小説を読んで、「こんな恋してみた〜い」
    「超泣けるしー」と、はしゃぐ同級生が、心底うざかったから。

    「あ?何が泣ける?くだらない…」
    「黙れ、なら私は孤独なケータイ小説を配信して、奴らを恐怖のどん底に突き落としてやる!」
    「恐怖で泣け!叫べ!そして死ね!ヽ(`Д´)ノ」(そんなことは言ってないけどね、常考)

    みたいなのが理由だ。ちょっと共感しちゃったお(*´∀)ノ。+:°

    <結論>
    実況スレを見て、あの怖さをもう一度…と思って観た場合は、完全に失敗作。
    普通のライトなJホラーとして観る分には、良作。怖すぎず怖くなさ過ぎず。
    作りの甘さは、ところどころあるけど、都市伝説感は出ている…のかな
    ラストが、ちょっと良い話っぽくなってるので、そこは評価しようと思います。


    「ひとりかくれんぼ」は、個人的には、実行しない方が良いと思う。
    実況スレで雰囲気だけ、楽しむのがベストかと。
    みんな、夜は寝よう!ヽ(`Д´)ノ
    深夜3時近くに、ホラー映画観て、ブログ書いてる奴が言っても説得力ないけど(笑)
    睡眠は大事だ!

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    エースデュースエンタテインメント
    ¥ 3,231
    (2008-07-18)
    Amazonランキング: 73813位
    さwwだwwこww
    B級と割り切って
    それなりに楽しめたよ^^

    | ホラー | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891281