B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< シネマハンドブック2010 | main | 北斗無双(PS3) >>
unknown/アンノウン
0


    制作年:2006年
    上映時間:85分
    原題:UNKNOWN
    制作国:アメリカ
    配給:ムービーアイ
    監督:サイモン・ブランド



    A男「この5人の中に一人、ゾンビがいる…」
    B男「顔色が悪い、お前だぁああーーーーー!!!ヽ(`Д´)ノ」
    C男「ビクッ」


    ==============================
    < 目覚めた瞬間からしか、記憶が無い… >


    廃工場で目覚めた、記憶のない5人の男。

    最初の男が目覚めると、そばには血の付いたシャベル粉々に壊れた携帯電話、拳銃
    胸を撃たれ手錠をかけられた、鼻を折られ昏倒している
    縛られ椅子に座らされた、チンピラ風な、そして最初に目覚めた男

    ハイテクな錠のかかった分厚い扉、頑丈な鉄格子、小さな窓からみえる景色から
    どうやら、荒野にある廃工場に閉じ込められているらしい―――…。


    ここは、どこだ?そして、俺は誰なんだ。


    記憶がないまま、廃工場内を探索するうちに、徐々に見えてくる事件の背景。
    フラッシュバックにより、断片的に思い出されるそれぞれの記憶。

    トイレに置かれた新聞から、とある企業の社長と財務担当をこの廃工場に誘拐したことが発覚。
    廃工場にかかってきた電話の内容と照らし合わせると、この5人のうち
    2人が誘拐された人質、2人が誘拐犯らしい。

    …しかし、この場にいる男は5人。一人多い。
    誰が犯人で、誰が人質なのか?
    そして、あまった一人は何なのか?


    助けを呼びたいが、もし自分が犯人だったら…?
    日没には誘拐犯の仲間が、この廃工場に到着する。もし、人質だったら確実に殺される。

    疑心暗鬼に陥りながら、とにかく全員で協力するしかない。
    日没まで、あと2時間―――…

    ==============================
    (以下、ネタバレなし)

    素直に、面白かったヽ(´▽`)ノ♪
    この映画は、もっと評価されても良いと思うな。


    こういう「シチュエーション・サスペンス」は大好きなので
    ドキドキしながら、迷探偵振りを発揮し、最後まで楽しく観れた。
    シチュエーション・サスペンスが嫌いな人には、ダルイかも。


    伏線をほとんど見せてくれないので、鑑賞者も男達と同じラインで
    身の回りにある物や、状況から真相を考えるしかないので
    意外に、先が分からなかったりする。

    マサキの推理も、迷走する訳ですよ┐(´∀`)┌
    チンピラ顔がチンピラじゃないのが、そもそもの迷走の原n…(ry
    ただ、今回は、ちゃんと真相に辿り着いたイヒヒぴかぴか
    ま途中の計算式は違うけど、無理やり出した答えは合ってたってヤツだ。

    あっ!と驚く大どんでん返しはないけど、展開がスリリングで面白い。
    廃工場の中で脱出しようと頑張る5人組と、外で誘拐事件を追う警察達、犯人グループ
    この3つの動きを追うように映していて、真相に近付きそうで
    近付かない感じが、何とも言えない。


    途中で、こいつが「犯人」でこいつが「人質」と判断を下すも
    それぞれが断片的に思い出す記憶や、発言・行動のせいで
    「あ、やっぱりコイツの方が犯人っぽいかも…」と何度も何度も、犯人を変更して迷走。

    見た目判断は危険です(‥)
    やっぱり人は見た目で判断してはいけない、言動と行動で判断するべき。
    ※ゾンビは見た目で判断してください

    ただ言えるのは、犯罪者集団の中で下っ端の奴は、記憶喪失者集団の中でも下っ端だ
    最後まで観て、真相が分かってから見直すと、社長だと思ってた奴が
    本当は社長でもないし、いかに小物か良く分かる(酷)

    人間が『善』と『悪』の狭間で、揺れる様も観てて面白かった。
    犯罪を犯した記憶がないから、自分は人質だと信じて脱出しようと協力するけど
    もし、記憶が戻り自分が犯人側だった場合、どうするのか?

    脱出のために協力してきた仲間だし、自分の身を危険に晒しても、人質を助けるか?
    当初の計画通り、自分の身の安全のため、命令通り人質を殺すか?

    ただ、ノートの記憶がない八神月は善人だったけど、すべての記憶が戻ったら…
    ってことだよねぇ(´ー`)フッ 計画通り?

    手ごろな85分映画で、そこまで考え込むこともなく、B級でもないし
    グロいシーンもないので、気楽に軽いスリルを味わいたい人にお薦め。

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ポニーキャニオン
    ¥ 1,468
    (2007-07-04)
    Amazonランキング: 42361位
    引き込みが弱い・・・?
    これ面白いぞ
    とにかくダルい…

    | サスペンス | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891275