B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< ゾンビ(スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版) | main | ショーン・オブ・ザ・デッド >>
サイレントヒル
0


    制作年:2006年
    上映時間:126分
    原題:Silent Hill
    制作国:日本、カナダ、フランス、アメリカ合衆国
    配給:(アメリカ)ソニー・ピクチャーズ
       (日本)松竹
    監督:クリストフ・ガンズ
    クリーチャー・デザイン、監修、制作:パトリック・タトプロス
    レイティング:PG-12


    久しぶりに、静岡に帰ってまいりました♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
    ここ最近は、戦国時代ラクーンシティに入り浸りだったので…

    やはり、原作を愛ラブしている監督の作品は、違うね。
    どこかの原作を読んだのかどうか怪しい、監督とは違うね。

    ---------------------------------------
    ( 静岡への道程 )

    ローズとクリストファーは、一人娘・シャロンの奇妙な言動と、夢遊病に悩んでいた。
    しばしば情緒不安定に陥り、何かに取り憑かれたかのように「サイレントヒル…」
    謎のうめき声を発する娘に、心を痛めるローズは、サイレントヒルという街が実在することを知る。

    そして、娘を治そうと夫の反対を押し切り、シャロンを連れてサイレントヒルを訪れる。
    しかし、サイレントヒルは、30年前の大火によって多数の人々が死亡した忌まわしい場所であり
    今では、誰も近付かない廃墟と化した街であった……

    サイレントヒルを訪れた2人だったが、シャロンは失踪してしまい
    ローズは消えたシャロンを探すため、サイレントヒルへ足を踏み入れる…

    ---------------------------------------

    (ネタバレなし)

    映画のタイトルが出る前に、『サイレントヒル1』のOP曲が流れ
    瞬時に、ゲームプレイ中のあの感覚・あの恐怖が思い出された。
    心なしか心拍数も上がった。さすが、原作を愛する監督らしい、憎い演出だポッ



    主人公は、シャロンの母親ローズなので、ゲーム「SH1」とは違い女性主人公です。
    なので、ゲームファン的には、ちょっと…と思うかもしれないけど。
    これはこれで、正解だったと思う。

    鉄パイプの悪魔ハリーでは、最恐すぎて、ホラー映画ではなくなってしまうから;
    ハリーと言えば、基本・華麗な鉄パイプさばきで敵を撲殺(隅にはめてから)
    基本・とどめは足で。
    の男だからなぁ、主にマサキのせいだけど(‥)
    ローズは、どことなく「SH3」の主人公へザーさんに似てる。

    サイレントヒルの町並は、もう本物としか言いようがない。
    濃い霧の中、しんしんと降り積もっていく雪…ではなくて「灰」。
    映画版アレンジなんだけど、30年前の火災と綺麗に結びつけられた演出。

    多分、ゲーム・サイレントヒルの町のモデルになっている
    「セントラリアの坑内火災」から、きてるんだと思う。
    アメリカのペンシルバニア州で、発生した地下火災で、発生から45年経つ
    今なお、火事は鎮火せず、町はゴーストタウンになっているという。

    公式HPからも分かるけど、かなり原作の雰囲気に忠実に作られていて
    一番、すごい…と息を呑んだのが、裏世界。と表世界 → 裏世界への変化。
    再現度高ぇえ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。リアルSHとか、発狂する
    監督よ、どんだけSHが好きなんだ…orz

    灰が降り積もる世界に、サイレンが鳴り響き始めると。
    辺りは暗く翳り出し、サイレントヒル名物(違) 赤黒く爛れた裏世界へ。
    (※ SHは表世界も、十分怖いです。)



    裏世界になった途端、映画館内のSHプレーヤーどもは、身構える訳ですよ。
    いつ、あいつが来るかと…あいつ→▲頭
    映画のレッド・ピラミッド・シング様、切れ味良すぎ。一瞬で、生皮剥がすとか凄すぎ。


    映画では、クリーチャーの接近とともに、ローズの首から下げた携帯電話と
    シビルの無線機からノイズがっ;
    あっ、ライイング・フィギュアだ!down(怖喜)映画名はアームレスさん。

    病院では、ちゃんとバブルヘッド・ナースがメスを手に襲ってきます。映画は、ダークナース。


    町並みや雰囲気、クリーチャーの造形は、マサキとしては文句の付け所なしです。
    消えた娘を探しに、サイレントヒルの小学校を訪れたローズが、探索して
    懐中電灯カギを手に入れる辺りとか、基本を抑えてて良いヽ(*´∀`)ノ

    そして「あの教団」。
    ゲームでも怖い…と思ってたけど、さらに狂信度がUPされてた。
    怖ぇえぇぇぇぇえ!何あの火あぶり大好き集団…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    ゲームで言うラスボス戦にあたるシーンは、「SH3」のラスボス戦前っぽかった。
    ローズを介してアレッサを教会に引き込む様子が、神?を口から吐き出した
    へザーさんに似ていたし。ローズが出したのは、血だけども。

    あのシーンは、PG-12(成人保護者の助言や指導が適当)で良いのかな。
    アレッサ召還後の有刺鉄線で、グサーっとかドピューってなってるシーンね。
    子供にどうフォローしろって言うンだよ。無茶振りDAZE┐(´∀`)┌

    色々、細かい演出もされていて、例えば、ローズの衣装は、↑のDVDジャケットの通り
    グレー系なんだけど、話しが進んでいくうちに、返り血を浴びて
    ラスボス戦では、赤いワンピースを着ているように見える。
    気付いた時は、テンション上がった!▲▲▲

    ラストは、UFOエンド…ではありません。残念だお(´・ω・`)ショボーン
    「good+」でもなく「bad」でもない、あれが「true」エンドなんだろうか…
    実に、サイレントヒルらしいエンディングだった。

    ゲームや漫画を原作とした映画は、本当に、酷いのが多いけど(面白いけど)
    そんな中、サイレントヒルの映画をクリストフ・ガンズ監督が
    撮ってくれたことを心から、感謝したい。

    作品の端々や、クリーチャーから、サイレントヒルが好きなことが伝わってくるし
    原作設定を生かしながら、映画独自のアレンジも違和感無く出来ていたので
    鑑賞しながら「この人、相当ゲームをやり込んでるな…」と確信した。

    ゲームに比べると、ゴア(流血)描写が多い気はするけど
    ゲームファンの人なら、楽しく怖く観ることができると思う(人´∀`).☆.。.:*・°


    公式サイト(英語)『Silent Hill』


    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ロジャー・エイヴァリー
    ポニーキャニオン
    ¥ 2,400
    (2006-11-22)
    Amazonランキング: 3798位

    | ホラー | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891257