B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< カイジ 人生逆転ゲーム | main | ダンスは国境を越えて。 >>
パイレーツ・ロック
0
    JUGEMテーマ:映画


    制作年:2009年
    制作国:イギリス
    上映時間:2時間15分
    原題:THE BOAT THAT ROCKED
    配給:東宝東和
    監督・脚本・製作総指揮:リチャード・カーティス
    レイティング:PG12

    NO MUSIC,NO LIFE!!
    NO CINEMA,NO LIFE!!
    NO ZOMBIE,NO LIFE!!


    ===========================
    <ストーリー>

    1966年、イギリス。
    当時、イギリスのラジオ局と言えば、「国営放送BBCラジオ」のみ。
    そのBBCが一日に流すポップ・ミュージックは、法規則により
    わずか45分だけだった…

    もっとロックを聴きたい!もっと聴かせてぇ!
    そこで、世界で一番クールなチャンネル“ラジオ・ロック”が誕生した。

    放送局は海上の1隻の船。
    法律が適用されない領海外に停泊した船から、電波を飛ばして放送する海賊ラジオ局。
    国民の半分が、この海賊放送のリスナーだ。

    「俺達は、1日24時間、死ぬまで放送する」

    そこでは、個性的で型破りな海賊DJ達が
    24時間ロックを鳴らし続けていた。

    その船に、ドラッグと喫煙で高校を退学になった
    カール(童貞※)が更正のためやってくる。
    ※ただし、超絶美形のイケメン。

    その頃、政府の大臣ドルマンディは、風紀を乱す海賊ラジオ局の存在を
    苦々しく思い、海賊共をぶっつぶすための策を考えていた。

    ===========================



    さすがイギリスの作る映画、最高にCoolな映画だった。
    あと、できれば2回は観に行きたいかなてれちゃう

    笑えて、キュン(!?)ときて、ドキドキハラハラして、ほろっと泣けて、最後はHAPPY!ポッ

    最初は「ロックをテーマ」にした映画と聞いてたから、観に行くつもりはなかったンだけど
    ロックをテーマにした映画って、失敗も多いし(マサキの感性とは合わないという意味で)
    DE・SU・GA☆公式サイトを見て、行くことにした。

    公式サイト⇒『パイレーツ・ロック』



    そして、映画開始5分で、面白い映画であることを確信。
    映画開始15分で、サントラを買うことを決意。

    60年代ロックの名曲が、50曲以上使われてて、すんごい豪華盛りだくさん。
    曲名やアーティストを知らなくても、聞けば「あぁ!」と思うような曲ばかりだと思う。
    サントラには、36曲が収録されてる。

    映画鑑賞中、無意識のうちに、体がリズムを取って揺れていることに
    Σ(°Д°;≡;°д°)はっと気が付くこと、数回(←けっこう不審者)。

    体の揺れを止めても、足とか指とかで、リズムを取らずにはいられないし
    ふと口ずさんで(勿論、声は出さずに)たり…
    とにかく、じっとして観ることが難しい映画だった。
    立って観たいというか、クラブとかで流して、踊りながら観たい映画。

    60年代を生きてた人には懐かしい、それ以降の世代には新鮮に映るかもしれない。
    マサキは60年代を生きてない世代ですが、洋楽に傾倒していた中学時代を思い出した
    英和辞典を片手に、必死で歌詞を訳してたのが懐かしいっス。
    英語の成績は3だったけどね…はは……orz

    これは、1962年当時のイギリスで、実際にあったことを映画にしたもので
    モデルとなった伝説の海賊DJ達も、ちゃんと存在してたりする。

    海岸から3マイル(約5km)離れると、イギリスの法律は適用されない。
    が、1967年に法律が改正され、結果、イギリス国民が海上放送のスポンサーになったり
    物資提供したりなどが、違法となってしまい。
    1967年8月14日の午後3時に、海賊ラジオ局レイディオ・ロンドンは放送を終了。

    Youtubeで検索すると、その時の報道を見ることが出来るので
    興味がある人は、一度見てみるのも良いかも。
    音楽を愛する人間には、これ以上ないくらい悲劇的な出来事。


    「レイティング:PG12」となっていますが、グロいシーンは一切ないです。
    ただ、ちょっとシモネタが多い、そこまで下品でもないけど。
    【PG12】12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当。

    まぁ、マサキなら、「正しい避妊」と「コンドームの使用方法」を指導するよ。

    伝説のDJギャヴィン↑のジョークを信じて、使用済みのゴムを水で洗って
    再利用してしまうかもしれないから(笑)エコだけど、危険だぞ。

    付き合い初めのカップルは、奴らのシモネタに、ちょっと気まずくなるかもだけど
    ちょいHなシーンで気まずくなるのは、映画デートの醍醐味だから、問題なしイケテル

    登場人物も、キャラが立ち過ぎてて、狭い船内で窒息しそうなくらい面白い!
    中でも気になったのは、マーク。

    「地上で最もセクシーな男」DJマーク。
    いるだけで、女を虜にしてしまう無口な男。
    途中から、小栗旬にしか見えなかった。イギリスの小栗旬。
    いつでもどこでも革パン、甲板で日光浴中も革パン、溺れそうでも革パン。
    DJのくせに無口なので、台詞ほぼなし。


    他にも、デブだけど美形(笑)なDJとか、通称“夜明けの散歩者”など色々いる。
    観に行くか迷う場合は、公式サイトを覗いてみるのも良いかも。
    宜しければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ジェネオン・ユニバーサル
    ¥ 2,886
    (2010-03-25)
    Amazonランキング: 564位
    音楽への愛に満ちた映画
    映画としてはほぼ満点。けれどロック・ムーヴィーとしては・・・。
    ハッピーな映画!

    | ヒューマン | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/891241