B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< おと・な・り | main | ラスト・ブラッド >>
ランド・オブ・ザ・デッド
0

    制作年:2005年
    制作国:カナダ、アメリカ、フランス
    上映時間:93分
    原題:Land of the Dead
    配給:UIP
    監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ



    まさか、ゾンビに哀愁を感じてしまうとは…。・゚・(ノД`)・゚・。
    負けないで、強く…強く生きてくれゾンビ達よ。もう死んでるけど、強く生きれ!
    マサキは、お前らがいないと生きていけないンだからっ!
    お前らがいないと、人生4割くらい、楽しくなくなっちゃうお(ノДT)

    今までのジョージ作品と比べたら、いまひとつとか思っちゃって
    ごめん!それは事実だけどさ。

    そうだよね、ゾンビっていうだけで、皆色々イジメてさー
    ゴメン、ごめんよっ!ただ、肉食主義なだけだよね。
    ゾンビにも、住民権を!選挙権を!人権を!ゾンビに愛を!(p○′3`)q

    第2回目は、ゾンビのパパラブジョージ・A・ロメロ監督の
    約20年振りのゾンビ映画「ランド・オブ・ザ・デッド」
    今までのゾンビ映画とは、ちょっと違います。

    --------------------------------------------------
    <ストーリー>

    近未来、ゾンビが地球上に蔓延するようになった世界。
    (例によって、ゾンビ蔓延の訳とかは語られません。必要ないので)
    そこには、3種類の生き残った人間たちが暮らしている。

    1つは、高層ビルで暮す富裕層の人間ニコニコ
    三方を川に囲まれた島に、防御フェンスを張り巡らせ、ゾンビのいない安全な町を築きあげ
    そこで優雅な暮らしを満喫中。いわゆるセレブ島だ。
    セレブ島は、たった一人の権力者「カウフマン」により、支配されている。

    もう1つは、スラム暮らしを強いられる貧困層の人間ぶー
    島の高層ビルに住むことも、島内に許可なく入ることも許されない。
    常に、ゾンビの危険や食料難など、様々な問題にさらされ、逞しく生きています。

    そして、ゾンビ達冷や汗
    優秀なゾンビなので、絶対走りません。
    でも、武器とかは持っちゃうかも。銃とかドリルとかね。
    そして、カップルは、ゾンビになった後もカップルです。
    好きなものは、花火。


    今回の主人公は、貧困層の人間のリーダーでもある、物資調達部隊の傭兵隊長ライリー
    物資調達部隊とは、その名の通り、ゾンビの蔓延する廃墟と化した町に行き
    そこから食料などを調達して、みんなに配ってあげる部隊である。
    セレブ島の連中にも、配ってやります( ´∀`)つt[] 食え!。


    ここで、ライリーの仲間も紹介します。
    親友のチャーリー:射撃の名手。ライリーのこと大好き過ぎ。
    正直なところ、初めて彼を見た時、感染者だと思いました。
    事故か何か(後に映画内で判明)により、顔に傷があり、それによりマサキは
    ゾンビ予備軍判定をしました。
    だから、いつゾンビ化するか、いまかいまかとハラハラwktkしておりました。

    部下のチョロ:セレブな暮らしに憧れる若者。
    どこかで見た顔だと思えば、実写版スーパーマリオのルイージ役でした。
    可哀想なので、検索して、ルイージ役時の姿を見てあげないでください(つд・)チラッ
    ちなみに、クッパ役はカウフマンさん。

    ある日、カウフマンに呼び出されたライリーは、チョロが装甲車を奪い
    セレブ島の爆破予告をしてきたと聞かされる。
    で、「お前の部下なんだから、お前が行って取り返して来い」とカウフマンから命令をされる。

    ライリーは「北へ向かうための脱出用の車」を条件に、装甲車の奪取と
    チョロ殺害のために、チャーリーと共に、ゾンビの蔓延する町へ向かうのだった。

    しかし、その頃ゾンビ達がセレブ島を目指して川を渡り、徐々に島に近付きつつあった…。

    --------------------------

    「おしい!」というのが、最初に鑑賞した時の感想でした。
    これが完全に、いつものゾンビ(*)だったら良かったのになぁ…
    泳いだり、会話したり、武器を使うゾンビは、ちょっと…遠慮したい。
    (* 普通のゾンビです。走らず、呻くだけで、ただ食欲のみで動く)

    セレブ島のボス・カウフマンやチョロは、足の遅いゾンちゃん達を完全に舐めており
    冒頭では、チョロ達が無抵抗?のゾンビを一方的に殺していきます。
    極端なことを言うと、ただの人間同士の殺戮と、あまり変わらないんじゃないかなコレは。

    もしかしたら、ゾンビも人間も大差ないということだろうか…
    ロメロ監督が提唱してきた「一握りの強者が、多数の弱者を力で押さえ込む」
    弱者=ゾンビ・強者=人間、ということなのかもしれない。

    ロメロ監督は、いつもゾンビ映画で、その時代その時代のアメリカを比喩し
    ゾンビを通して、社会風刺をしてきている訳ですが
    そうゆう意味では、この映画も、社会派ゾンビホラーと言える。

    アメリカで2005年に初公開されたこの作品は、この時代の、対テロ戦争で疲弊する
    アメリカの戦争政策と、アメリカ国内の諸々の問題をシンプルに表現している映画です。


    まぁ、そんな社会問題とか、小難しいことなんか考えなくても
    楽しめる作品だし、ゾンビには社会なんて関係なく、いつも通り人を食べまくります。

    特に、ゾンビのお食事シーンは、もうばっちり☆
    大変なグルマンだった、牛タン(人間のね)から、骨付き肉から
    奴らの食欲は限界というものを知りません!
    お食事シーンの赤色が、鮮やか過ぎて目に痛かった…びっくり

    そして、今回のゾンビは、知能があるので、それぞれ好きな武器で戦います。
    あぁ〜…工事用ドリルとか、使わないで;やめて!(`Д´)=〇)゜З゜)≡※

    つうかね、ゾンビが持ってよい武器は…ナタ、斧、チェンソーくらいだ!
    銃火器、手榴弾などは禁止します!スパナも!金槌は…まぁ、よし!
    他は、没収だ没収!ぼっしゅーと!!
    スーパーフトシ君やるから、それこっちよこせ!

    ただ、武器を持とうが、知能を得ようが、そこはロメロのゾンビ。
    絶対に走りません。走り出したそうな感じはするけど、走りません。
    優秀なゾンビだ…走ったら、腐ってるから色々出ちゃうもんね


    主人公ライリーも、また良い男なんですわ。
    度胸もあるし、正義の人だし、ゾンビにも優しい、顔もかっこいい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚。
    いま流行の草食系男子とは違って、日々ゾンビに揉まれてるせいか、良い体してます。
    ちょっとだけ、ケツあご気味ですv

    頭も良いしね、装甲車(デッド・リコニング号)を設計したのもこの人だ。
    ただ、ネーミングセンスだけは無い。
    デッド・リコニング号って…死の報い号って、なんぞ…(・_・`)


    “28日後”や“バイハシリーズ”好きな人には、スピード感が足りないと感じるかもしれません。
    また、ロメロ作品好きには、☆5つとは言えない作品かもしれません。

    ゾンビ映画としては、賛否両論なこの作品ですが
    ロメロ監督らしい作品と言えば、そうです。でも、お勧めできない。
    ラストなどは、ゾンビ映画としては、えぇ?ちょ…という感じだし。

    ゾンビに切なくなりたい人や、ちょっと違ったゾンビ映画を求めている人には、
    お勧めできる作品です(いないかもそんな人;)


    最後に、ランド・オブ・ザ・デッドの公式HP(英語)を紹介。
    ランド・オブ・ザ・デッド 公式サイト(英語)

    クリック後に、TOPページが開くので、上の方の「Enter the site」をクリックしてください(音量注意)
    壁紙や、スクリーンセーバーもあって、おススメPC


    現在(2010年10月)は、公開終了しているようです。残念だムニョムニョ


    世界初!知能のあるゾンビ「ビッグ・ダディ」宜しければ、ダディとマサキに、愛の一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


    | ゾンビ | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/840350