B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< キラーコンドーム | main | バイオハザード −biohazard DEGENERATION− >>
バイオハザード1
0



    制作年:2002年
    制作国:イギリスドイツ、アメリカ
    上映時間:100分
    原題:Resident Evil
    配給:アミューズピクチャー
    監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
    レイティング:PG-12


    CAPCOMのゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラーです。
    カテゴリは、愛をこめて「ゾンビラブにしておきました(つω`*)テヘ

    こんな時期に、バイオのレビューとか、ちと微妙ですが‖・ω・`)
    先月末から、集団発生している新型インフルエンザのニュースを見る度に、
    バイハを連想しているのは、きっと自分だけではないはず。

    警戒レベル、上がるンだろうなぁ…とは思ってましたが、WHOから
    「フェーズ3」→「フェーズ4」に引き上げって発表の2日後に「フェーズ5」って!!?えぇ!?

    日本は大丈夫だろう、とか根拠のない安心感を持ちまくってたけど
    感染の疑いがある人間が、とうとう成田空港に現れ…orz

    やはり、ゾンビは死ぬほど好きだが、現実には、絶対持ち込んで欲しくないネタだな;;
    現実のニュースで、パンデミックだのアウトブレイクだの聞きたくねぇ!

    リアルバイハなら、感染経路が目に見えてる(齧る)から、対処のしようも、
    戦いようもあるけどさぁ(あるのか)
    飛沫感染・接触感染とか、目に見えないのが、一番困るよね(;´д`)ゞ


    早く、収束に向かうことを全力で祈りながら、以下、バイオハザードのレビューですdown


    このブログのタイトル「毎日がかゆうま。」から、お分かりの通り、
    小生はバイオハザード超好きでございます(〃ノω)σ| モジモジ。
    小生はバイオハザード超好きでございます(〃ノω)σ| モジモジ。

    大変重要なことなので、二回言いました。

    もうゲーム内に住みたいくらいです(できればスペンサー邸)

    ロメロゾンビも、もちろん大好物です。ただ…
    目を逸らしたいのに、ガンチラ見しちゃぅこの気持ち…まさか、これって恋?(*>艸<)キュンキュン
    と、自覚したのはCAPCOMのバイオハザードでした。
    そのため、大変思い入れの強いゾンヴィなのです。

    あくまで、ゲームは原案なので、ゲームのキャラは出て来ません。
    ゲームのいつもの奴らだけ、出てきます。

    いつもの奴らdown
    ゾンビ:食欲旺盛、モリモリ食べまくる。
    ケルベロス:ゾンビ犬。いつもの黒い奴。
    リッカーさん:ゲームとは一味違う。


    特筆すべきは、特殊部隊員レイン役が、ミシェル・ロドリゲスだということ。
    彼女が映画で演じた役は、ほぼ9割がた、最後死ぬという…
    今作では、どうなんでしょう…期待は裏切りませんヽ(゚∀゚)ノ

    あの険悪な目つきと、強そうな腕っ節、褐色の肌、酒焼けで掠れたような
    ハスキーボイス(日本語吹き替え:朴璐美さん)が、たまらないっス。( *´艸`)

    ハイブ内で、ゾンちゃんに何回もかじられた割に、けっこう元気。

    欲を言えば、最後は小説版通りに終わって欲しかった…

    ……って、レビューしてないどころか、あらすじすら言ってない
    ゴメンなさい、だってゾンビが…ゾンビが…ゾ。・゚・(ノД`)・゚・。

    <今さら、あらすじ>
    シャワールームで、全裸で倒れていたアリスは、目を覚ます。
    が、どうやら
    記憶がないので、仕方なく広い屋敷内を探索。
    屋敷内に人の気配はなく、インクリボンもタイプライターもなく、
    ハーブの一つも見つからない…(ち)

    そんな中
    「君の夢は今日すべてかなう」という主旨のストーカー臭いメモと、
    真っ赤なドレス(露出度高)&ブーツを発見。取りあえず装着。

    屋敷から出たところで、突然、謎の男に、後ろから屋敷に連れ戻される。
    すると突然、謎の特殊部隊が、屋敷に突入してきた。
    謎の特殊部隊は、アリスと謎の男を捕らえると、隊長らしき男は
    アリスに報告を要求してきた。が、記憶を失っているアリスには、何も分からない。

    隊長&隊員の話によると、屋敷の防衛システムが作動し、記憶を一時的に喪失させる
    神経ガスが作動したという。

    記憶喪失のアリス(と鑑賞している人)は良く状況を把握できないまま、謎の男と隊員と共に、
    屋敷の地下からアンブレラ社の地下秘密研究所「ハイブ」へ潜入していった………wktk


    -------------------------------------------

    大体の概要は、地下研究施設「ハイブ」への潜入直前に、
    隊長がちゃんと説明してくれるので、ご安心を___φ(゚ー゚*)メモメモ

    バイオハザード3作中、今のところ、この1が一番好きです。
    ゾンビが走ったりしないから、アリスもダイハード化してないし…(ノ_・。)

    細かい所を言うときりがないので、言いませんが(ゾンビ数と
    ハイブの従業員数が合わないとか、ゾンビ犬に蹴りは…etc)

    何か出そう、出る出る、絶対あの曲がり角に!
    死亡フラグ立ったわ(*ノ∀`)アチャー
    お、音が、なんか引きずってるぽい音…いる!

    と、ゲームプレイ中に、手に汗握った緊張感を再び感じたり。
    ゲーム内と同じセットもいくつかあるので、そんなゲームの
    雰囲気を楽しんだりするのには、十分な映画ですゲーム

    実際、ゲーム・バイハ2で、レオン&クレアが、超弱い真のラスボスと戦った列車や、
    ゲーム・バイハ4のトラップも用意されてて、ゲームファンには、嬉しい1作。

    ゲーム未プレイでも、アクションホラーとして、気軽に鑑賞出来る1作になっています(*´∀`)♪。

    ミラタンは、フィフス・エレメントの頃から、好きな女優さんですが
    ゲーム・バイオハザードの大ファンであり、1日5時間ゲームをやりこんでいたと聞いて
    ますます好きっていうか、親近感がナカマ└(o゚∀゚o)┘ナカマ┌(o゚∀゚o)┐ナカマ

    そんなミラの熱いヲタク魂も感じられるこの1作は、ゲーム未プレイの方にも
    バイハ入門として、お勧メシタしたい1品でございまス。

    ナお、バイオハザードは、現在(2009年4月)3作デていて、今作のラストシーンが、
    2作目の冒とうへとつなが ております
    1だ でも、じゅうぶん楽しめますが、若干 のナゾを残すおわりになてイます
    キになたか は ぜひ 2・3のカンショウをおす しま



    …oyz →ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

    評価:
    ポール・アンダーソン
    アミューズソフトエンタテインメント
    (2003-01-24)
    Amazonランキング: 16858位

    | ゾンビ | 02:57 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark
    初めまして。
    ランキングサイトから、ブログタイトルに惹かれてお邪魔してみましたところ、案の定…と申しましょうか。ゲーム「バイオハザード」の大ファンとの事。
    ファンならではのレビュー、とても楽しく読ませていただきました。
    最後の終わり方が…(笑)犬を食べないで下さいませね。

    かく言うワタシも、大の「バイオハザード」ファンであります。
    そして、ゾンビ好きでもあります。
    貴ブログに比すると、てんで内容の薄いレビューブログではございますが、お時間ございましたら、覗いてやって下さいませ。
    では、またお邪魔いたします。
    | Yohko | 2010/02/03 11:13 PM |
    初めまして、こんばんは。マサキです(*`・∀・)ノ☆.。.
    コメントありがとうございます!

    それも、バイオハザード1にバイオハザード大ファンの方から
    コメントいただけて、アンデッド化しそうなくらい嬉しいです。

    「かゆうま 意味」などのワードで検索して、このブログに来た人には…もしかしたらズコーかもしれませんが…;
    「かゆうま」についての説明が一切ないので、知らない人にはサッパリかと(;^A^)ゝ

    最後の『飼育員の日記』ネタを分かっていただけて、感無量です…
    あの飼育員のように、後世に語り継がれる日記(遺言?)を残したいものです。
    「皮をひんむいたゴリラのようなやつ」を食べるかもしれません(笑)うまうまと。

    Yohkoさんのブログを早速、拝見させていただきました
    ブログタイトルに、言い知れない親近感を覚えました(勝手に)

    カテゴリ名のセンスが良くて、すごく参考になります。
    いつもカテゴリ分類を考えるのに、レビュー書くより時間が掛かるときがあるので;
    「血飛沫」「イキモノ」ってカテゴリ良いですねφ(´∀`へ)へ

    案山子男もご覧になっているようで、ますます親近感が…
    「2」はまだ観てないのですが、そんなに下らないなら
    観てみようかなという気になりました。

    マイペースなサイトですが、まだ覗いていただけたら嬉しいです。
    Yohkoさんのサイトも、また…というか割と頻繁(;)に、覗かせてもらうと思います|・`ω・)チラ

    ではでは、素敵なゾンビライフを満喫しましょう☆
    | マサキ | 2010/02/04 2:16 AM |
    今晩は。ナニやらGAME『バイオハザード』で盛り上がっていますね。
    話題に混ざらせてください。
    プレイステーションのソフト購入の第1号がじつはコレのディレクター
    ズカット版でした。私はシャープ・ツイン・ファミコンから
    PCエンジンを経ての新ハードでしたので「なんて綺麗な
    グラフィックなんだ!」と、
    大いに感動したものです。そしてまたゲームの面白いこと、
    恐いこと!女優のミラさんの弟がこのゲームの大ファンだとか。
    またポール・アンダーソン監督が本作より前に手がけたのが
    『モータル・コンバット』だとか。ゲーム好きな人ですネ。
    そうそうキャンペーンで来日の際に監督さんとミラ嬢がGAINAXを
    訪問して庵野監督に会ってる様子をTVで観た記憶があります。
    なんだか面白い顔合わせですね。
    というわけでカプコンのミゴトな大ヒットのゲーム・ソフトの
    映画化である本作はそんな“その筋”の人たちのための作品
    というわけなんじゃァないかな、なんて思ったりするのであります。
    ほんとはもっと語りたいんですけど、長くなりそうなのでコレにて。
    | snowman | 2010/02/18 12:36 AM |
    こんばんは、snowmanさん(*´∀)ノ。+:°

    『バイオハザード』の話題になると、ついつい盛り上がってしまいます。
    そして、ついつい長くなってしまうンですよね…↓
    同じく「1」は、ディレクターズカット版を購入しました♪

    ゾンビだけに、あまり綺麗なグラフィックにしてくれるな!(怖)
    とか思いながら、プレイしていた記憶が( ´艸`)
    今プレイすると、グラフィックが大分荒く見えるのに、それでも楽しくて、怖いとか、奥が深い(?)ゲームだ…

    ゲーム・バイオハザードの監督ではなくて、庵野監督に会うなんて、ちょっと意外ですね。
    そう聞くと、ミラさんご夫妻は、ゲーマーなだけではなくて、日本のアニメも好きそうな感じなので、やはりご夫妻も“その筋”の人なのかも(笑)

    夏には「バイオハザード4」が公開予定ですが
    正直、あまり期待はしてないです…ゾンビが進化し過ぎてて;
    むしろ観るのが、怖いくらいです…ウエスカーまで出して大丈夫なんでしょうか。
    あぁ、怖い!怖すぎます!でも、きっと観に行ってしまうんだと思います!(>_<)
    | マサキ | 2010/03/12 12:50 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2019/05/11 7:24 AM |









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/831171