B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
| main | スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 >>
●REC/レック
0

    『REC(公式サイト)』※音量注意!


    制作年:2007年
    制作国:スペイン
    上映時間:77分
    原題:Rec
    配給:ブロードメディア・スタジオ株式会社
    監督:ジャウマ・バラゲロ
    レイティング:R15


    【注意】
     三半規管の弱い方、乗り物酔いしやすい方は
     酔い止めを飲んでから、鑑賞することを強くお勧めします。


    やはり、プロのカメラマンといえど、非常時にはブレブレなんですね…
    真の敵はゾンビでも何でもなく、手ブレか!これの克服が先か!?(#`д´)ノ
    というくらい、後半15分は気持ちが悪くなりました;

    いま流行りのPOV(=主観撮影)とは、相性ワリィみたいです(つA`)

    <概要という名のあらすじ>
    消防士を密着取材しにきた、キュートなレポーターのアンヘラたん
    通報があったアパートに、同行するアンヘラたんご一行(ていうか二人)。
    しかし、そこで見たものは未知の感染症に侵され、凶暴化した人々の姿だった。
    軍&警察は感染拡大を防ぐために、感染者ごと建物を封鎖…。


    手ブレによる嘔吐の不安などは、あるものの(あるのか?)
    POV方式を活かした、臨場感が伝わってきました。
    まるでその感染場所に居合わせて、逃げ惑っているかのような感覚。
    せまいアパートを警察&軍に包囲され、逃げ場もなく、徐々に正気を持った人間が減り、
    確実に増えていく感染者…
    という緊張感があり、適度に心拍数も上がって良かったです。

    ただ、気になったことが2点。
    それは、アンヘラたん
    アイドルキャスターなのか、かなり顔が可愛いんですよ、これが。
    意外に胸とか大きいし…隠れたナイスバディか
    た、タンクトップ…(;´Д`)ハァハァ

    そうではなく!それも普通に、気になったけど。かなり!
    一言で申し上げますと、鬱陶しいんです。可愛いおにゃのこに大して申し訳ないですけど…
    「私達には、真実を報道する義務があるのよ!」と、何度も叫んだかと思えば
    (ほんとは、スクープ映像が取りたいだけなんだろ?ん?( ´_ゝ`)∂゛チョットコイヤ)

    血まみれ感染者を目撃して、キャーキャー(結構な高音)叫びまくる。
    キレてヒステリーを起こす。泣く。

    ……………( ´_ゝ`)
    ホラー映画では、絶対に自分のパーティに、参加させたくないタイプの人です。

    別に、ミラたんのように、素手でゾンビの首をへし折れとまでは言わないけど
    もうちょっと根性見せて欲しかった。

    ただ!カメラマンのパブロは、いかす!
    奴は、やる男だよ…POVカメラマンの宿命として、足と腹しか映らんけど(*ノ∀`)プ

    アンヘラたんなんて、彼がいなかったら、最初のとこで死亡してたと思う。
    もう、カメラ持ってあの冷静さには、惚れるね。
    戦場カメラマンかと思ったね。

    あとは、終わり方?ていうか、黒幕?(聞くな)
    バチカンとかさぁ…愉快すぎるよ、これがオチなの?ねぇ、そうなの?
    住人インタビューで得た、「ここは、昔軍の施設だった」情報は、特に意味なし?
    そうですか…

    まぁ、なんて言うか、実際にあぁした場で、うっかり感染したら
    「俺は噛まれた!かまわず、早く逃げろぉぉお!!」
    と、言える子になりたいおヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

    取りあえず、適度に怖く。適度な血の量なので。
    怖いの観たい!ドキドキ×2して、心拍数上げたいのアタシっていう方には、おススメです。


    映画レビューブログをはじめたマサキに、よろしかったら応援の一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ
    | ホラー | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









    http://masaki.kotori.egoism.jp/trackback/830869