B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
幕末奇譚 SHINSEN5〜剣豪降臨
0

    制作年:2013年
    制作国:日本
    上映時間:1時間13分
    配給:ビデオプランニング
    監督:中島良



    \気軽に陰陽師!/\気軽に降臨!/\気軽に呪詛!/\気軽にヒデ!テニス



    まさかの『SHINSEN5弐』が、2月1日から名古屋で公開されたので…
    去年、SHINSEN5(壱)を観に行った時のことをレビューする。
    (下書きだけして、アップせずに一年間、放置してただなんて言えないガーンネコ

    名古屋では、マサキの良く行く名古屋シネマスコーレで上映しています。
    マサキが観る映画の種類のせいもあって、普段は、この映画館で
    女性客を見かけることは、そんなにない訳ですが…

    SHINSEN5(壱)の公開日は、めっちゃ女性客がいた、どー見ても中学生くらいの子も。
    場所が場所なので、保護者同伴できている女の子もいて、ちょい新鮮だったΣ(゚Д゚)


    あまりの光景に圧倒されていたら、近くにいた高校生二人に
    「何番ですか?並んだほーが良いんですかね?」などと声をかけられるΣ(゚Д゚;)
    一応、紳士的に対応してみたら、再び声をかけられ並んで鑑賞することになった。なにこれ。

    (映画館の扉が開いて、中を見た女の子達の感想)
    「良かった椅子がちゃんとあったよヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」
    「体育座りじゃなくて良かったねーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」

    いやいや、ライブハウスじゃねーしww
    フォローする訳ではないけど、栄や名古屋・伏見、今池の映画館の中では
    名古屋シネマスコーレの椅子が、ダントツで座り心地良い!と思っている。


    最初に言っておきますが、カテゴリーはあえて『B級映画』にしてやった
    それくらい内容(脚本・撮り)は酷いものです…。
    というか、これがこの作品の味であり、良さでもあったりするww


    この映画は、俳優達の人気のみで支えられている映画といっても過言ではない
    せっかく、将来有望な若手の俳優を起用しているのに、勿体無い。

    今回の映画のコンセプトは、「とにかく俳優達を恰好良く撮る!」なので
    神永くんや八神蓮、馬場徹など、メイン俳優のファンなら、応援の意味もこめて
    映画を観ても良いかもしれないけど、それ以外の人はDVDをお勧めします。
    (『弐』も観たけど、まったく同じ感想だから、良い意味で笑えたけどw)


    ============================

    <簡単なストーリー>

    新撰組八番隊組長の藤堂平助(八神蓮)は、幕府の目付役の護衛中に、何者かの襲撃を受ける。
    突然、クナイを投げてきたので、忍か!?と思いきや…
    何とその正体は、柳生十兵衛だった!Σ(´∀`;)ウソーン

    幕府転覆を狙う、長州藩の吉田稔麿(高崎翔太)と
    気軽に陰陽師・土御門源春(佐々木喜英)に操られた柳生十兵衛だった。

    仲間の危機を救うため、新撰組の三番隊組長・斎藤一(馬場りょ)をはじめ、
    副長の土方歳三(馬場徹)、沖田総司(神永圭佑)らが立ち上がる。

    ============================

    (ネタバレかも?)

    本当に、俳優の実力と人気のみで、集客している映画といっても過言ではない。
    この映画は、テニミュの元俳優・現俳優を多く起用しているのが特徴で。
    彼らは熱心なファンを多く持つため、どんなに内容がくそな映画でも
    一定の集客はあるわけで…

    監督はやる気があるのか?と言いたい程に、色んな意味で酷い、放送事故レベル。
    観ていて、本当に心のそこから恥ずかしい気持ちになった
    もう帰りたい…(´Д⊂ヽと何度か思った。

    てゆーか、だいぶ劣化した『魔界転生』ではないのかとww
    内容は超超劣化した『魔界転生』で、Garoみたいな感じのCGを使い
    特撮戦隊ものの撮り方をした映画です。これにつきる。


    <壱と弐で一番注目すべきCAST>

    気軽に陰陽師・土御門(佐々木喜英)

    監督いわく、『マッドでナルシストで相手を痛めつけることに
    エクスタシーを感じる』悪役。


    時代設定は幕末なのに、黒いネイルに、レース、目の下の模様メイク
    一人だけ空気を読まない茶髪、ヴィジュアル系陰陽師
    (↓観たい方は公式サイトの動画を再生した瞬間に出ます)



    『幕末奇譚 SHINSEN5 剣豪降臨(公式サイト)』



    一種類の呪文で、過去の剣豪を蘇らせ、人も操り、ゾンビも生み出し
    遠くの景色を壁に移して見せちゃうことができる。
    無駄のないパーフェクト陰陽師・その名も気軽に土御門。
    (ちょっと滑舌に特徴有り)

    気軽に陰陽師が蘇らせる過去の武将の人選が、これまた。
    柳生十兵衛、宮本武蔵までは、うんうん剣豪だねぇ。と思うも
    ほっ、宝蔵院胤舜だと…!?マジで『魔界転生』やん!Σ(゚Д゚)


    八神蓮いわく、「土御門はパンツを頭にかぶっているパンティ仮面」とのこと。
    それを聞いて以来、そうとしかもう見えない。・゚・(ノД`)・゚・。
    赤のレースなので、赤パンティ仮面だな。

    死ぬのかと思いきや、あっさりと逃亡 ⇒ まさかの『弐』へ!



    SHINSEN5の一員ではない、局長の近藤イサミさんは、まさかの由緒正しい家柄で
    映画のオチどころか、すべての美味しいところを持っていく。
    きょ、局長が賀茂家だったとは…ww
    『弐』でも、やっぱり美味しいところをすべて持っていきます。


    常勝が掟の病弱な美少年・沖田総司は、なんというか、爽やか強気ボーイ。
    ただ、斎藤一(馬場りょ)を「はじめちゃん!」と呼ぶのは、いかがなものか…
    労咳設定ありで、吐血する薄幸の美少年。

    映画の途中で、土御門に操られた八神蓮VS神永圭佑の戦いに!
    新旧の神の子対決か!?ってテニプリ&テニミュ知らない人には意味不明だろうけど
    きっとこの映画は、テニミュのファンしか見ないだろうからあえて無視。


    神永「もうやめろ平助ッ!俺だ!総司だ!!忘れちまったのか!?」
    王子「…っうああ!…体は操られても、心までは操られない…っ!」
    神永「何してんだやめろ平助ッッ!?」
    王子「うっ…ぁぁ…!!(切腹)」


    `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

    近藤「これは…いったいどうしたんだ」
    沖田「近藤さんっ!平助が、平助がっ!」
    近藤「(平助の「遺体」に手をかざす)…まだ助かるな、お前ら離れていろ」
    沖田「え…?」
    近藤「(謎の呪文を唱える)…ハッッ!!」
    八神蓮 「……ん?」
    沖田「平助ぇっ!よかった…!ほんとによかった!」


    よ、よくねぇーーーーーーーーーー!!(;゚Д゚)

    終始、こんな調子で、マサキの脳内やら心拍数がやばかった。
    映画全体で、八神蓮レベルの放送事故を起こし続けている気がしてならない…

    ゾンビどもを斬りまくるシーンでは、ゾンビから血飛沫が出て
    大量にそこらじゅうに血液が飛び散るけど、返り血ゼロ!
    映画の終盤には、そのチープさがクセになり…ww


    宮本武蔵が二刀流で超音波出したりするし、内容はB級だけど
    殺陣はそれなりに見ごたえもあるし、俳優陣の綺麗な顔が
    これでもか!これでもか!やけくそだ!とばかりにアップで撮られています。

    テニミュファンの人や、俳優のファンなら、観て損はない。
    映画館に来ていた子達も、みんな誰かのファンのようで
    俳優達はファンに熱く愛されているな…kyuと実感した。



    馬場徹がスクリーンに出た途端、隣の女の子が、静かに悶えていたし
    劇場内の女の子達を後ろから見ていると、誰ファンか良く分かるww

    反対の隣に座る子に、「誰のファンなんですか?ゆう★」と聞かれて
    特に、どの俳優のファンというのがなかったので、焦ってしまいとっさに
    「や、八神クンかな」とか言ってしまった…ゆう★嘘ではないけど、なんかスマンかった…


    弐を上映して、舞台化もしたので、「参」もやるのではないかと密かに期待している。



    JUGEMテーマ:映画

    超次元・幕末に興味のある方は、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    ---
    ポニーキャニオン
    ¥ 3,891
    (2013-05-24)
    Amazonランキング: 27643位

    | B級映画 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
    アタック・オブ・ザ・キラー・トマト
    0


      原題:Attack of the Killer Tomatoes!
      制作年:1978年
      制作国:アメリカ合衆国
      監督:ジョン・デ・ベロ
      上映時間:87分
      配給:コムストック、日本コロムビア



      キラーコンドームの時代は終わった、いまや時代はトマトだ!トマト



      キラートマトが襲ってくる〜♪
      人に飛び掛り、殴り(?)押しつぶし〜
      美味そうに食べつくす♪

      廊下を行進し、壁をはい上がり
      中身はびちゃびちゃ
      ドアの外に立っている〜♪



      映画開始して、すぐに歌いながら、ストーリーの概要を説明。
      ところどころ、歌詞に疑問を覚える。


      振り向くと木の上に、トマトが立っていた!
      市長は休暇中、救ってくれない、警察はストライキ中、州兵は逃げた〜♪

      トマトの勝利は近い!


      そして、アメリカ中で、破壊行為を続けるトマト
      焼き討ち、略奪、…レイ○(おい)

      映画のOPの歌をもって、映画の概要説明とかえさせて頂きますm(_ _)m

      キラーコンドームもたいがい、B級テイストな映画だと思っていたけど
      キラートマトも、これはこれで、甲乙つけがたいB級映画だった。


      キラーコンドームと違うのは、トマトが複数で襲撃を開始した点。
      そして、トマトの巨大化とともに、様々な異常現象が報告されるが
      町人は「随分、大きなトマトだな。どこに行くんだ?」とか言って
      反応はいたってクール。


      トマトによる惨劇のシーン。
      別に、体の上にトマトを乗せて寝ている訳ではない。決してない。
      トマトによる殺戮のシーンだ。


      警察の車が、キラートマトに絶賛襲われ中のシーン。
      トマトがフロントガラスにかかり、色んな意味で一大事!


      別に、普通のトマトでも、視界の邪魔くらいにはなると思うけどね。
      ちなみに画像では分かりませんが、キラートマトは常にごにゅごにょ言ってますww
      つーかワイパー動かせば、即解決するのでは?www

      拡大する被害に、農務省はプライドをかけて、トマトとの戦いに挑む!
      が、トマトには、農薬、虫、弾薬…何も通じない。

      そこで、会議をして、作戦を練ることにした…が
      会議室が死ぬほど狭いのですが…テーブルを乗り越えないとダメとか;
      提督の野望みたいにしてくれよwww


      ぱごっぱごぱらすういーと作戦。PPPPP作戦。など、
      様々な候補があがったが、最終的に、アンチ・トマト計画トマトを発動。


      国は「独創的な解決策」を求めているとのことで、集められた特殊(な人の)部隊↓。


      変装の達人。
      つけっ鼻を付けただけのようだが、だ、大丈夫か…?
      大丈夫だ、問題ない。


      ゴーグルの中に水が入っている、潜水の達人。
      何故か、24時間パラーシュートを外さない軍人。
      水泳の達人(肥満体型の元オリンピック金メダリスト、ステロイドを貪り食うのが趣味)

      などで構成された、特殊(な人で構成された)部隊。

      特殊(な人の集まる)部隊が乗る車の車体横に書かれた
      『連邦情報局 覆面パトカー』の文字。狙ってるのか、天然なのか…解せぬ


      一方、国民に余計な不安を与えないために、トマト危機の実態を隠蔽し続ける大統領。
      それも限界に近づいてきたため、広告代理店「マインドメーカー」に情報操作を依頼。


      『トマトは原発と比べ、安全で安くて美味しい』
      でも、キラートマトは、ただちに影響のある脅威だと思うのф´・ω・`ф

      マサキは、広告代理店の社長が、いきなり歌って踊り出した時に
      実は、ミュージカル映画なのでは…と疑い始めたンだけど。
      軍人達が「T・O・M・A・T・O・E・S!TOMATO!」とか歌って踊り出した時点で
      ミュージカル映画だと、はっきりと確信した。


      で、色々あったりなかったりして、町の住民総出でトマトを倒すことにした。
      なんて言うか、住民総出でトマトを踏み潰しているだけというか、なんて言うか…
      食べ物を粗末にすんなヽ(`Д´#)ノ

      で、そこそこ合ったり無かったりして、キラートマトの弱点が
      青春の何たら〜♪っていう酷い歌に、弱いということが判明。
      だが、耳宛で防御するキラートマト。みみ…そこトマトの耳なの?


      この後も、色々あって、解決?にいたるわけですが…そこはDVDでご確認ください。
      キラーコンドーム的なのりが好きな人には、お奨めですv(´∀`*v)
      あと、トマトが好きな人トマト


      JUGEMテーマ:映画

      よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
      | B級映画 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
      ニンジャ・アサシン
      0

        制作年:2009年
        制作国:アメリカ
        上映時間:99分
        原題:Ninja Assassin
        配給:ワーナー・ブラザーズ
        監督:ジェイムズ・マクティーグ
        レイティング:R-18


        マサキは、忍者が大好きです。
        ラーメンの具っぽい忍ではなく、忍者の卵の先生だったり、無双な忍だったり
        寡黙なレジェンドだったり、迷彩服の忍者が特に大好きです!きらきら
        忍…可愛いよ、忍…(*´Д`)ハァハァ

        3度の忍より、忍が大好きなマサキだが、あえて言わせてもらおう
        映画館に観に行かなくて、全力で良かったと思っていると。
        まぁ、TSUTAYAで100円以上で借りた時点で、負け組みではあるがな。

        『ニンジャ・アサシン』とかいう原題が付いていますが…
        「日本の忍者ではなく、通りで拾われた孤児で、国際的なアジアの孤児のようなものだ。」と制作側が言っているので、きっとそうなんだと思う。
        なら、「忍者」って単語を使わなければ良かったのに…。

        でも、真面目に観ても、適当に観ても、アフロ忍者よりも
        忍者とは違う生き物のようなので、あくまでも忍者に影響を受けた一族の物語。
        マーシャル・アーツを使う者を忍とは、我は認めぬ。


        ちなみに、主人公のステータス↓
        職業  :忍SHINOBI(ではなく、ただの暗殺者w)
        声   :小野大輔
        名前  :雷蔵
        必殺技 :めった蹴り、めった打ち、めった切り
        回復呪文:「臨兵闘者皆陣裂在前」と唱えると傷口が塞がる
        出身  :小角の一族(小角と聞き取れなくて、小野かよwwと思っていた)
        備考  :服を長時間着ていることが出来ない
             写輪眼…は、使えません。チャクラはあるっぽい


        ちなみに、小角は「おづぬ」と読みます。
        “小角の一族”は、存在自体が伝説である秘密組織。
        ボスは、ショー・コスギさん。


        なんて言うか、簡単に映画の内容を言いますと↓
        ・5分置きに流血沙汰が起きる映画。
        ・Rain(ピ)サンの肉体美を楽しむだけの映画。
        ・小野Dの美声だけを楽しむ映画。



        マサキにしては珍しく、日本語吹き替えで全篇観ましたよ。
        主人公の声が、小野Dじゃなかったら、耐えられなかったかもしれん…
        そもそも声が小野Dだとか言っても、主人公が無口なせいか台詞かなり少ないんで
        ほとんど「うっ」とか「あっundefined」とか「ぐっ」とか、小野氏の呻き声を堪能する映画


        この映画の正当な評価が知りたい人は、国外の感想を見ると良いでござる。
        日本国内は殆ど「★★★★★」または「★★★★☆」の評価が多い。
        でも、実際は、海外メディアの評価が正しいのは、公開期間も短く単館上映だったことからも分かる通り。なによりも、実際に、映画を観た人になら普通に解ると思う。

        というか、米国メディアの皮肉満載の評価がすごい件について…
        流石に、マサキでもそんな辛口コメントは出来ないわ、国際摩擦が起きそーだ(笑)
        ニューヨークタイムズとCNNの評価が秀逸過ぎて、嫉妬
        というか、映画の内容に触れたコメントが少ない、ピさん&アクションについてしか
        評価してないよ;まぁ、言えないよね。あまり内容のない映画だもんね。


        海外メディアのレビューが、相当笑える、あのレビューは超えられそうもない。
        ニューヨーク・タイムズ→「Hero Who can't keep his shirt on」
        と素敵なコメントを出していた。
        流石、さすがアメリカのプレス、パンチが効いてますなぁ(笑)
        訳:「シャツを着続けていられない英雄」それは、北斗の拳か?


        マサキはこの映画は嫌いではないけど、B級映画ではあると思う。
        ただ、「ピ」さんの肉体が想像以上に、作り上げられていたので
        彼のファンには、嬉しい映画でしょう。あまり服着ないから、裸も見られるし。
        凄い腹筋割れてたお><。


        ただ、監督さんや脚本家には言いたい、第2のラストサムライを狙いたいなら
        ちゃんと日本文化を学んで下さいと言いたい。
        ラストサムライが史実に忠実かどうかは、ここでは言及しないけど、でも、今まで観てきた、日本を舞台にした映画の中では、あの映画が一番、素直に日本だなと思えた。


        Rain(ピ)サンのファン以外には、お勧めしない映画です。
        あ、好きな忍者に、忍者マスター・ガラを入れるの忘れてた><


        2011/5/2追加(あらすじを書くことすら、忘れていたとか…

        存在事態が伝説である暗殺集団"小角(おづぬ)の一族"に
        育てられた最強の暗殺者、雷蔵。
        彼は仲間すら情け容赦なく処刑する一族に疑問を抱き、抜け忍抜け暗殺者となった。

        ユーロポールの科学捜査官ミカタンは、政治家の暗殺と莫大な金の動きが
        不自然にリンクしていることに気付く。
        影の暗殺集団の存在を知ったミカは小角の一族に命を狙われるが
        間一髪のところで雷蔵に救われる。
        そして、ヨーロッパを舞台にした、闘いが始まった…。


        『ニンジャ・アサシン(公式サイト:日本語)』

        よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
        JUGEMテーマ:映画
        評価:
        ワーナー・ホーム・ビデオ
        ¥ 1,041
        (2010-11-03)
        Amazonランキング: 19408位

        | B級映画 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
        アフロ忍者
        0

          制作年:2008年
          制作国:アメリカ
          上映時間:87分
          原題:AFRO NINJA
          配給:アルバトロス
          監督:マーク・ヒックス




          m9っ`・ω・´)シ「アフロ行きまーす!」



          信頼のアルバトロスクオリティき
          まぁ、アフロ忍者の吹き替えは、古谷徹さんだしね。ははは…ゆう★


          < 白人→黒人→忍者 になるまで >

          季節はハロウィン。
          郵便局員の冴えない男レジーは、「燃えよドラゴン」のジム・ケリーのコスプレのつもりで、アフロのヅラをかぶり、郵便局へと出勤した。

          ところが、運悪く勤務先の郵便局に、強盗が押し入る!
          偶然、郵便局にあった小包に入っていたヌンチャクを手に、強盗に反撃するレジー。
          ヌンチャク片手にバク転を披露!…が華麗に失敗。
          (↑後日、職場仲間にその映像をYouTubeに流される。)



          郵便局も爆破され、文字通り、身も心も傷つくレジー↓。

          傷心のまま眠りに付くが、目が覚めてみれば、何故か腹筋は割れ、髪型はアフロに!
          些細なことだが、人種も白人→黒人に変わってる。ヌンチャクも上手に使えるお!
          貝が食べられないはずなのに、枕元にはSUSHI(寿司)のテイクアウトが!
          カタカナも読めるぞ!日本語もペラペラだ!


          レジー「…俺、おれ…日本人になっちゃった!!」
          女友達「レジーが日本人になっちゃったの!」「まるで東京生まれよ!」



          …………お前ら、どこでその判断を下した。寿司か?
          百歩譲って日本人は良いとしても、どこで忍者って判断した?
          どうも、アフロとヌンチャク臭い(‥)

          そして、レジーは、悪と戦う忍者マスターになったのだ。

          <完>


          なかなかご機嫌な映画でした( ´∀`)つt[] タノシカッター
          本当おバカだなー、こうゆうおバカは嫌いじゃない!むしろ大好ききらきら
          チャプター名↓からしてヒドイいし、これ。
          「日本人になっちゃった!」
          「忍者マスターの秘密」
          「心に燃える火があるか」
          「道場破り」




          日本から届いた手紙が、「巻物」だったのにはビックリした><
          まぁ、漢字・ひらがな・カタカナ交じりの文章も、アフロ忍者には読めますが。当然。

          その「巻物(手紙)」には、京都の死の床で書いてます。長旅が祟りました、死ぬ前に伝えたいことがあります〜とか書いてあって(縦書きで)
          もう日本だけ何時の時代設定なんだと。長旅ごときで死んでたまるか;
          江戸か?江戸なのか?まさかの戦国時代?

          そして文章はこう続く、「優秀な弟子クリーボンに、聖なる山の鉄で作られた、聖なるヌンチャクを譲ります。なお、このヌンチャクは祈祷も受けています。」と。
          この時点で、マサキは(色々な意味で)死にそうでした。


          突っ込みどころは満載なんだけど、微妙に間違ってないだけにやりにくい。
          嘘の中にひとつ真実を入れると、信憑性が出るってやつか?(‥)
          もしかしたら、この監督さんは実は日本文化を正しく理解していて、あえて外してるンじゃないかなー…という気がする。どうも、この外し方は。
          それか、日本文化を勉強したけど、まだ足りなかったとかか…(悩)
          どちらにしろ、若干、ズレてはいるんだけど…ズレ方が絶妙☆

          さらに、日本人になったレジーは、家と部屋をちょっと間違った日本風に改装。
          家の外壁にある、赤い垂れ幕(中国風)に「勇気」とか書いてある!ゲラゲラ。:゚(*ノ∀`*)σ

          模様替え後のお部屋に、山水画が掛けられてるし…もうダメだ、ただの間違った日本オタクだ。
          しかも、山水画から聖なるヌンチャクに導かれ怪僧(マスター白川)が出てきた。
          ちゃんと着物の合わせが、左前だ。すげー分かってンな、監督!(゜∀゜)


          で、まぁ色々あって、ラスボス「稲妻ミスターライジン」+その部下と戦う訳です。

          アフロ忍者は、稲妻道場に道場破りに向かいます→「この看板は俺がもらう」
          バトル開始、空手家なのに当たり前のように、武器所持☆
          まずは 棒術 → 鎖 → 小刀 → ヌンチャク → 竹刀…と見せ掛けて
          出た!日本刀(笑)お前ら、日本刀を持ちたかっただけだろ。


          忍者(ヌンチャク)VS空手家(日本刀) バトル勃発。
          屋外なのに、置いてあった、障子的な物が破れたりして大変なんだけど。
          障子の枠が6個しかないほうが、大変な事態だ(‥)ノ
          しかも紙が弛んでる、しっかり張ってくれ!


          突っ込みどころが細かすぎて、どうしようもない映画でした(*´∀`)
          でも不思議なものでして、どの辺が忍者かサッパリ分からなかったけど、みんなに忍者!忍者!言われてると、そうかもしれないなーと思えてくる。

          そして、やっぱり吹き替えと字幕には、温度差が…
          アフロ忍者は、吹き替えが古谷徹さんなので、両方聴くことをお勧めします。
          つーか、古谷さんだからって、吹き替えでガンダムネタを混ぜるな(笑)
          マサキが良くやるのは、英語音声用の字幕を表示させて、日本語音声で鑑賞。


          レジーの郵便局の同僚に、フランケンと呼ばれるホラー作家志望の男がいて
          彼が、スティーヴン・キングを敬愛し、同じ路線のホラー作家を目指している。
          という設定を観た時、この監督とは気が合いそうだなと思ったはーと


          一言だけ言いたい「それはマーシャルアーツであって忍術ではありません(´∀`)」


          監督「この動画↓にインスピレーションを受けて、アフロ忍者を撮りました」


          よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
          JUGEMテーマ:映画

          JUGEMテーマ:映画
          評価:
          マーク・ヒックス,カールトン・ホルダー
          アルバトロス
          ¥ 4,495
          (2009-12-09)
          Amazonランキング: 86546位

          | B級映画 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark