B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
Lily Chou-chouのすべて
0
    評価:
    Lily Chou-Chou,Shunji Iwai,Takeshi Kobayashi,Miho Omasu,Yuko Saegusa
    ORS

    Lily Chou-Chou 2010.12.15 Live “エーテル”


    あの日リリィは死んだ。

    少なくともぼくの中では、そして中学生だったぼくは大人になった

    それでも、ぼくの中のリリィは、いまも色褪せたりなんかしない

    だってリリィはエーテルそのものだから、いつだってぼくのそばに在る




    のっけから、毒電波ユンユンさせちって、ゴメンなさい(´・ω・`)
    別に、新興宗教にハマッた訳でも、厨2病をぶり返した訳でもないンだ。
    忍成信者にはなってしまったが…

    今回、マサキの不手際から、記事を一度上げたのに消してしまったので
    記憶を辿り辿り、書いております…orz 自分のバカ。

    マ、マジですか…?まさか、9年振りに復活するなんて思ってもみなかったな。
    これは、青いりんごを持ってライヴ会場に駆け付けるべきか(←死亡フラグ)

    でも真面目な話、あの衝撃の映画が公開されてから、10年近くの時が経とうとも
    マサキの中で『リリィ・シュシュのすべて』は、少しも色褪せていない。
    トラウマのように今も記憶の根底に、こびり付いている。


    “リリィ・シュシュ”が誰か分からない人のために、彼女を紹介しよう。
    2001年公開の岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』に出演している
    架空のシンガーソングライター、それが彼女だ。


    リリィ・シュシュ Lily Chou-Chou
    1980年12月8日生。
    本名・鈴木 圭子(すずき けいこ)。
    バンド「ブラッドベリ・オーケストラ」、「フィリア」のボーカルを経て
    リリイ・シュシュとしてソロデビュー。



    映画にはPV出演でしか登場シーンはないけど、映画ではとても象徴的な存在で
    あの映画は、彼女の歌声・世界観があって、初めて完成されていると思う。
    マサキもあの歌声が忘れられず、アルバム『呼吸』を購入した。

    岩井監督いわく、「遺作を選べたら、これにしたい」といわしめるほどの作品。
    近年の欝映画など比ではないくらいの欝映画にして、名作。

    彼女のことをもっと知りたいのならば、『リリィ・シュシュのすべて』公式サイト
    そして、リリィを演じた「salyu」のホームページを見るのが良いだろう。
    ただマサキの中では、「salyu」と「リリィ・シュシュ」はあくまでも
    別人として捉えている。


    このゾンビを全面に押し出しているブログで、一番アクセス数の多い記事は
    『リリィ・シュシュのすべて』のレビューだったりする。
    検索ワードも「リリィ・シュシュのすべて」「ネタバレ」で、来てくれている人がすごく多い。本当にありがとうございます。


    ってゆーか、映画の公式サイトが更新されていることに驚いた。
    映画公開から10年近く経ってるのに、公式サイトが残っていて、更新されているとか…
    天才というより、宇宙。

    公式サイトはサティの遺志を継いで、パスカル(岩井監督)が更新するのか(‥)
    遺志ってことは、サティは…やっぱり、やっぱりなのか!?うぁ〜…(T-T)
    あー切ねぇ!切ねぇ!でもまた観てぇ!


    三度目の『リリィ・シュシュのすべて』が観たいと言ったら、友人は怒るだろうか…


    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    JUGEMテーマ:映画
    | 音楽 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark