B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
STOP THE BITCH CAMPAIGN 援助交際撲滅運動
0

    制作年:2009年
    上映時間:85分
    制作国:日本
    監督:鈴木浩介
    レイティング:ビックリなことに年齢制限なし


    こんばんは、マサキです(・ω・)ノシ。

    昨日、仕事場で今年度入社の新入社員さんが、挨拶をしたのですが
    なんかもうね目とかオーラがキラッキラぴかぴかしてた、キラっキラポッだよ
    B級映画の観過ぎで、汚れたマサキには正視できませんでした。

    うっかり直視でもしようもんならというレベルの損傷を受けるはず、心に。
    マサキには、あんな時代なかったなぁ…(懐)

    そんな汚れちまったマサキは、汚れた映画を観ます!
    オリンピックのごとく、4年に1度、撮られる『エンボク』の第三弾。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    <ス├→リ→た〃ぉ>

    ライター・あずさは、自殺した妹・めぐみの死の真相を追ううちに
    “エンボクのクニ”という、もはや都市伝説となった男の存在を知る。

    『援助交際撲滅運動』と称し、援交の客として、出会った女子高生を犯し
    体の一部に、“メスブタ”という烙印を刻むという“エンボクのクニ”
    そんな男の噂が、女子高生達の間で、まことしやかに囁かれている。

    自殺した妹・めぐみの太ももにも“メスブタ”の焼印があったのを思い出し
    あずさは、妹の同級生・あや+あやの友人に、協力してもらい
    “エンボクのクニ”を探し始める。

    しかし、それは想像もできない地獄の始まりだった―…

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    (結末のネタバレなし)

    バイオレンス:70%
    エロス   :30%
    笑い    :遠藤憲一担当


    『エンボク』シリーズの第三弾ですが、第一弾、第二弾を観てなくても、問題ないです。
    前作と違って、年齢制限禁止も付いていないので、借りやすいかと思います。
    というか、年齢制限ついていないことに、ビックリなんだけど…

    前作はR18だったし、今回も当然のように制限あると思ってたよ。
    今回は年齢制限は無いけど、最低でも「R15」は付けてほしいかな。

    女子高生の体に煙草で“メスブタ”と書くシーンや、オヤジ狩りでオヤジに鉄パイプ刺したり
    流血・強姦シーンがあるので、こういう映画に免疫ない人には、けっこうキツイだろうし…

    『エンボク』は、基本的に「バイオレンス」「エロ」「笑い」なので
    鑑賞の際は、親に背後を取られないように、気を付けて見てくださいヽ(`Д´)ノ

    後半に「どんでん返し」が何回かありますが、予告編を観るとネタバレになるので
    ネタバレが嫌な人は、予告編は観ない方が良いです。
    ただし、CMの「オバマ」篇(←笑)、「NO MORE」篇、「黒い涙」篇、「女子高生」篇は大丈夫。

    CM「オバマ」篇が気になる人は、公式サイトへどうぞ(〃▽〃)ノ
    『STBC援助交際撲滅運動』(公式サイト)


    にしても、主演のRioが可愛過ぎるハート大小ほんと可愛いンだけど。なにこの可愛さラブラブ
    福山雅治氏もファンになる程の可愛いさだよ。マサキもこっそりポッ好きです。

    しかも、こんなに演技が上手い子だったとは…
    普段のインタビューや、舞台挨拶を聞いてても、凄くきちんとコメントしていて
    周囲への気遣いも出来るし、頭の良さそうな子だなとは思ってたけど。
    もうAV女優辞めて、女優になっても良いンじゃないだろうか。


    この映画の一番の見所は、「エンケン」こと、遠藤憲一さんの怪演
    普通に怖いはずなんだけど、エンケンさんのおかげで涙出る程笑いました、アザース!
    最初は普通に観て怖がって、特典の鈴木監督×エンケンのコメンタリーで爆笑してくださいてれちゃう

    最初は、壊れた(キレタ?)エンケンの演技のせいで、凄い怖かったんだけど…orz
    彼の演技の8割がアドリブ、8割が台本にない台詞。
    という事実を知ってから見直してみたら、笑うしかできないことに気付いた。


    upのシーンで、エンケンが、一方的に話しかけてるマネキン人形でさえも
    現場に置いてあったマネキン(頭部)を急遽、出演させたものだし。
    だから、話し掛けてる内容も、その場で考えながら話してたり。


    『エンボク』観る度に思うけど、可愛いって怖い…女子高生って恐い……

    現実問題として、出会い系サイト絡みの犯罪も多く起こってるし、この映画みたいなのが
    現実に有り得ない、起こっていない、と言い切れないのも、また怖い。


    最初は、被害者(売る側)に同情してたけど、彼女達がエンボクの撲滅を始めて
    オヤジを捕まえ縛り上げ、鉄パイプで利き腕を折って(最終的に両腕)
    ボコボコにしたのが怖すぎて;そんな気も失せました。

    可愛い顔して、可愛い声(一部、ドスが利いてたけど)してさ…
    また女子高生役の子が、みんな演技力があって、役作りも完璧なせいで
    普通に、現代の女子高生にしか見えず、より恐怖感冷や汗を煽る。

    っていうか、どっちもどっちだよ、売る方も買う方も、女子高生も“エンボクのクニ”も
    両方ともやってることが酷すぎて、観るに耐えない…orz
    精神的にも視覚的にも、キツイですコレひやひや


    ただ、バイオレンス部分は本気だけど、よくよく観てみるとゆる〜い映画です。
    コメンタリーで監督とエンケンが言ってるように、けっこう可笑しい点もあるし。
    最初に観た時(コメンタリー観る前)は、普通に怖い…と感じたけど。
    コメンタリー観てからは、もう笑うことしか出来ない。

    エンケンさんは、自分のアドリブに笑えてきたのか、途中笑いそうになったのを
    「笑えて泣ける」と言って誤魔化して、そのまま演技続けてるし
    コメンタリー観るまで、気付かないくらい巧妙だったわーい

    エンケンが女子高生に見せた、お財布はお札お金を入れ忘れてて、マネーゼロだし

    エンケンが持ち歩いているジェラルミンケースは、あきらかにマネキン(頭部)は
    入らない大きさなのに、ちゃんとマネキンが出てくるし。

    後半の脱出シーンで、鎖を切るか、ちン子を切るかの選択を迫られた際も
    さっきまで何もなかった場所に、いきなりマネキン(頭部)が置いてあったり。
    つうか、マネキンと相談すんなてれちゃう(笑)どっち切るかについて。

    正直、ちン子を切らなくても脱出できるというか、普通に脱出できるし
    コメンタリーを観ると分かるけど、監督も「普通に脱出できるよな」と言ってました。


    怖い余韻に浸りたい人は、絶対にコメンタリーは観ないでください。


    遠藤憲一さんは、エンボクのような映画から、カルト・コメディ・舞台・文芸作まで
    演じ分ける幅広い演技力を持った、大変魅力的な役者さんです。

    是非、『エンボク』での彼のエキセントリックな演技と、裸マフラーを観てクダサイヽ(*´∀`)ノ

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    キングレコード
    ¥ 4,464
    (2009-06-10)
    Amazonランキング: 65334位

    | バイオレンス | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
    イングロリアス・バスターズ
    0


      制作年:2009年
      制作国:アメリカ
      上映時間:2時間32分
      原題:INGLOURIOUS BASTERDS
      配給:東宝東和
      監督・脚本・製作: クエンティン・タランティーノ
      レイティング:R-15




      ヽ(`Д´)ノ「地下で戦うのは問題が多い。理由その1。地下で戦うからだ」



      -----------------------------------------------
      <ストーリー>

      第1章「その昔…ナチ占領下のフランスで」
      1941年、フランスの田舎町ナンシーに、ナチス親衛隊のハンス・ランダ大佐が訪れる。
      そして、農場主ラパディットさん(フランス人)宅をご訪問。

      ユダヤ人を匿っているラパディットさんは、ユダヤ・ハンターの異名を取る
      ランダ大佐の話術に、どんどん追い込まれてしまい、とうとう…。


      と、詳細に説明したいんだけど…無理
      映画館側の不手際で、字幕がほぼ表示されない自体が起きたため
      根性のセルフ翻訳…ならず…orz

      だって、フランス語とか分かンねぇYO!
      ランダ大佐の聞き取り難いフランス語と英語のせいで、分かりませんでした(←言いがかり)

      何となく聞き取れた会話と、想像では、大体こんな感じだと思う。


      第2章「名誉なき野郎ども」
      ナチス総統アドルフ・ヒトラーは、最近“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれる
      アメリカ人特殊部隊(極秘部隊)の存在に、イライラしていた。


      ブラピ「お前らナチの頭の皮を100枚剥いでこい!」

      アルド・レイン中尉(ブラピ)率いるユダヤ系アメリカ人(+ドイツ人)で構成された
      バスターズは、ナチを次々と、残忍な手口で殺しまくる非道な集団だ。


      特に、イーライ・ロス演じる“ユダヤの熊”は、なんて言うか怖笑える。
      アメリカ人特殊部隊らしく(違)得意分野で勝負とばかりに、バットでナチを撲殺。

      そして、イーライの登場シーンは、無駄にかっこいいBGMで、無駄にかっこいい構図で
      無駄に長く引っ張りながら、登場する!引っ張りすぎて笑える。

      ちなみに、イーライ・ロスは「ホステル」「ホステル2」の監督さんです。
      こういう顔の人がアレを撮ってるんだよ、とか知りたい人は
      是非、観に行ってみてください。

      第3章「パリにおけるドイツの朝」
      1944年6月。若くて美人な映画館主ミミューは、空気を読めないドイツ軍の
      若い兵士フレデリックに言い寄られ、マジ切れ寸前だった。KYってほんと困るよね…


      第4章「映画館作戦」
      第3章で遭遇した、KY男のせいでプレミアム上映を行うことになった。

      第5章「ジャイアント・フェイスの逆襲」
      そして、運命のプレミアムが幕を開ける…


      --------------------------------------------------------------------------------
      (以下、ネタバレ含む)

      ブラピは台本を見て、どう思ったンだろう…
      ブラピ「…jityosiro」とか思ったんじゃないだろうか。


      “イングロリアス・バスターズ”は、映画好きのための映画だな〜
      としみじみ思うほど、オマージュと元ネタで、構成されてた(軽く30はある)。
      さすがに全部は発見出来なかったけど、タラちゃんがどれだけ
      映画を愛しているのかは、良くわかった。分かったから、ちょっと落ち着けヽ(`Д´)ノ


      知ってる人は知っている、ブラピ好きな人も知っている。
      ハマーシュマルクと地下の居酒屋で、待ち合わす前のシーンでブラピが言う
      「地下で戦う〜…」の台詞は、某ブラピ主演映画のセルフパロディだと思う。

      元ネタはこれだろうか↓
      「ファイトクラブルールその1。ファイトクラブのことは喋るな。
       ファイトクラブルールその2。ファイトクラブのことは絶対に喋るな」(吹替:山寺宏一)


      ブラピ主演のファイトクラブの1シーンで、使われる台詞。
      ブラピの言い方と声が、最高にカッコ良い!マジ惚れる!英語でも日本語でも良いラブラブ


      あまりに気に入ったので、映画好きな人と飲みに行った時には
      とりあえず、挨拶代わりに、この台詞で絡み(迷惑)に行くことにしたくらいだ。
      例として、こんな感じで活用してみよう↓
      「飲み会ルールその1。今夜のマサキの発言&変態行為は、記憶から消せ。
       飲み会ルールその2。今夜のマサキの発言&変態行為は、絶対に記憶から消せ」


      ようは、それらしく言えば何でも応用がきいたりする↓。
      (例)「タラ男の映画は色々おかしい。理由その1。タラ男の映画だからだ」
      っていうか、深夜のギャグがすべて面白いのと同じで、酔ってれば何でもアリ。

      しかも、この映画なにが凄いって、フランス人役の人はフランス語で話して
      ドイツ人役の人はドイツ語で話している。え?当たり前だって?
      その昔、キラーコンドームという映画ではな、アメリカ副大統領がdoi…(略
      一見、普通にやってそうなことなんだけど、過去の第二次世界大戦映画では
      殆どやってないことだから。それを普通にやった、タランティーノはすんばらごいよ。

      そのおかげで、無駄な信憑性がある…こともないかもしれない。
      言うまでもなく、史実はガン無視だけど;


      ナチ映画というよりは、タランティーノ流のファンタジー映画
      何も考えずに楽しく観ることも出来るけど、ユダヤ人であるイーライの役回りとか
      メラニーの心情とか、深く考えようと思ったら、いくらでも考えることもできる不思議な映画。

      何かの拍子やシーンで、ナチやバスターズ、ユダヤ人に、同情しそうになるンだけど
      その一瞬先のシーンでは、「そんな安易に同情心を抱くなんて、許さないぜ」とばかりに
      タランティーノは、こちらの予想を思い切り外してくる。超クールイケテル

      一番 や ら れ た と感じたのは、ショシャナとフレデリックの映写室での最期。
      安易な同情も、安っぽい感傷に浸ることも、許されなかった。
      バックで流れる『非情の標的』の曲もとても印象的。


      それでもやっぱりイングロリアス・バスターズは、完全な娯楽映画。
      久しぶりに笑って観て、すっきり終わることが出来た。
      観終わった後、あら不思議、なんだかすっきり気分爽快ヽ(`Д´)ノ
      目的を達成できたからかな、あんなに大量に人殺してたのに、なんか痛快でした。

      映画『イングロリアス・バスターズ』公式サイト(日本語)

      --------------------------------------------------------------------------------

      今回の映画鑑賞後、ロビーで支配人らしきスーツの男性が、映画を観ていた人
      一人ひとりに、丁寧な謝罪の言葉と共に、映画鑑賞券を渡してくれました。
      もちろん、マサキももらいました(´∀`)

      最初は、せっかくの映画なのに…orzと凹んでたけど、フォローが素晴らしかったので
      109シネマズが、また好きになりましたポッ


      よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
      評価:
      ジェネオン・ユニバーサル
      ¥ 1,877
      (2010-05-12)
      Amazonランキング: 979位
      暗い歴史を題材に、愉快な音楽とコメディチックなタッチで描く。独特のテイストを味わえる映画
      久しぶりの
      人それぞれですが

      | バイオレンス | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
      聖白百合騎士団
      0

        制作年:2009年
        制作国:日本
        上映時間:44分
        配給:エースデュース
        監督:田渕寿雄



        『聖白百合騎士団(公式サイト)』



        有希恵さま「ロサ・ギガントヒルズ、あなたに人の殴り倒し方を教えてあげますわ」
        幸子「ありがとうございます、お姉さま…」


        把握した。
        この田淵監督の映画は、「マリ見て」がベース(違)
        「マリ見て」ベースに、銃火器と血と革命を組み合わせて、ブラック化させたのがこれだ。

        -----------------------------------------------------
        <ストーリーですわ、お姉様>


        皇暦弐千六百六年の初春、長く続いた戦争が、国民一丸となった
        頑強な抵抗による、連合国側の戦意喪失という形で、終結を迎えていた。
        世の中には、闘うことが尊きことであるという倫理観が伝えられ、それから十数年。

        監督…目をお覚ましになって!ヽ(`Д´)ノ
        本当に、デビュー作がこれで宜しかったんですの?後悔はしてなくって?


        明治の時代から、華族の子女たちが多く通うお嬢様学校として名を馳せた帝都郊外の学園。
        おしとやかな外見とは裏腹に、鋼の心を持った乙女の育成を理念としている学園では
        徹底した自治が重視され、校内では校則に違反していない限り、
        法を犯しても処罰されることはなかった。

        この学園内で、人を殺しても罪には問われませんのよ。
        何故かですって?生徒手帳には、そんなこと書いてありませんもの。
        ちなみに、学園の生徒手帳は広辞苑並みに分厚いんですのよ。

        熟読したかですって?常考(´ー`)フッ


        新入生の山田幸子は、憬れの先輩・鷹司有希恵さま(たかし ゆきえ)が部長を務める
        聖書黙読部に入部し、平和な学園生活を楽しんでいた。

        有希恵さまは、新入生歓迎会の演劇で、主役をお演じになった(当然、王子役です)
        全学園生徒の憧れの方なんですの。


        だが、ある日突然、生徒会執行部から、部に無期限活動停止命令がくだされた。
        生徒会長の土肥原正子(どひばら まさこ)の指揮のもと、生徒会は学園の独裁をすすめ
        いまや学園では、シスターの絞首刑までが行われるようになっていた。


        「諸君!死刑台を用意しようではないか。
         両の手を血で汚すことを恐れず、態勢を打ち崩すのだ!
         我々は、この場を借りて、無期限闘争を宣言する!」

        生徒会長就任後の、土肥原会長の素晴らしい演説。

        土肥原が生徒会長に就任し、宣言から、僅か3日でチャペルは陥落。
        聖書は焼き払われ、職員室は反革命派の教員諸共、焼け落ちた。

        生徒会の横暴に、ついに有希恵さま達は立ち上がる。
        聖書黙読部とは、あくまでも仮の姿、その実体は、学園の伝統と乙女の純潔を守る
        戦闘集団・聖白百合騎士団だったのだ!

        聖白百合騎士団のメンバーは、有希恵さまの他に、宝蔵院美咲さま、武者小路潔子さま
        そして今回、新しく入部した新入生・山田幸子(庶民出身、口癖は「ほえ〜」)。

        銃器を手にした騎士団は、生徒会執行部・赤色突撃隊と激しい銃撃戦を繰り広げる。
        騎士団の出現を知った土肥原は、世界各地の紛争地帯で実戦経験を積んできた
        第一級の戦闘集団、第九高等学校生徒会に協力を要請した。

        ……ちょっ、もっとキャラ濃いの来た!白ラン☆DAYO!
        第九高等学校生徒会の会長、小日向正彦
        小日向役の役者さんは、これが初出演映画だそうで、今後の活躍が楽しみだな。



        正彦の話し方は、見た目どおりのいかにもなアレだ。
        もし、この口調が演技なら、彼の演技には光るものがある。
        もし、素でこの話し方なら、彼はV系でガクトに憧れる中2病の青年(黒歴史更新中)

        …っていうか、正彦の右側にいる奴、こ、高校生…?( ゚д゚)ポカーン

        こうして、聖白百合騎士団と第九高等学校生徒会の
        壮絶な戦闘が始まろうとしていた!

        -----------------------------------------------------

        これは、久々に良い邦画だったヽ(`Д´)ノ
        マサキの妄想を実写にしてくれ、どうもありがとう!
        続編とか作ってくれても、全然構わないレベル。

        サブタイ「SUPER GORE GIRL」の名前通り、血に塗れて戦う女子高生は美しい。
        血もたっぷり、腕も吹っ飛んだり、火薬もスモークも盛大に使っている。



        この映画のテーマは「思春期の恋ラブだ、誰がなんと言おうと。
        見所は、幸子と有希恵さまの発展しそうでしない仄かな関係。
        最強ツンデレ・どひばら会長、副会長、有希恵さま、正彦の織り成す恋愛模様もなかなか。

        ちなみに、メイキングは32分と、本編(44分)と同じくらいの長さがある。
        本編もメイキングも面白いので、両方お勧め。


        思春期の恋は、いつか必ず終わりが訪れる、儚い一時。

        でも、初めて握った、あの方の手の温もり

        あの方と過ごした、日々の思い出は

        きっと一生忘れることはないでしょう。


        JUGEMテーマ:映画

        宜しければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
        | バイオレンス | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark