B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
8 Mile
0

    制作年:2002年
    制作国:アメリカ合衆国、ドイツ
    上映時間:110分
    原題:8 Mile
    配給:UIP(ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ)
    監督:カーティス・ハンソン
    音楽:エミネム



    “EVERY MOMENT IS ANOTHER CHANCE”



    この映画のヒロイン、ブリタニー・マーフィが心不全で亡くなってから
    もう約2年くらいか??2009年12月20日だもんね、亡くなったの。

    彼女の訃報を仕事中に、隣席の映画好きな先輩に告げられて、一瞬フリーズした。
    「え、ブリトニー?( ゚д゚)」とか、思い直したくらい意外な人だったので。

    若く才能のある女優の死は、本当に残念でならない、32歳の死はあまりに早すぎる。
    まだまだこれからなのに、32歳なんてさ。ヒース、MJに続きショックです。
    『17歳のカルテ』のデイジーとか、地味に好きだったのに…‖・ω・`)

    映画を通じて心の安らぎを与えてくれた彼女に、心から冥福を祈ります。


    --------------------------------------------------
    【ナレーション風STORY】

    1995年 ミシガン州デトロイト。

    黒人ラッパー達が、毎夜熱いラップ・バトルを繰り広げるクラブ“シェルター”の
    トイレの鏡の前で、ラビットは、バトル前のプレッシャーと闘っていた。

    ラビットは、クラブの雰囲気に飲まれてか、いつもその実力を発揮できずにいた。
    今夜も対戦相手の下っ端に「クロの真似して金儲け!」と挑発されても
    何も言い返せず、バトルを棄権してしまう。
    恋人とも別れたばかりで、寝床にしていたボロ車も恋人にあげてしまった。

    寝床を失ったラビットは、仕方なく母親と幼い妹リリーの住む
    トレイラー・ハウスに戻る。
    母親の今の男は、怪我での失業保険を当てにしてるグレッグ(←ラビットの高校時代の先輩)。母親は働きもせず収入もなく、グレッグに頼り切った生活を送っている。

    こんな現状を打破したい、成功したいと願うラビット。
    だが、どん底の生活から抜け出したいと強く思いながらも、仕事場の工場では上司に叱られ、仲間とパトカーに悪戯をしたり、廃屋に放火をしたり、喧嘩をする日々。

    …………未来は見えない。

    そんな日々の中、モデル志望のアレックス(ブリタニー・マーフィ)と知り合う。
    「あなたは成功する予感がする」と、彼女はラビットに囁いた。

    --------------------------------------------------


    『8 Mile』を観てから、パーカーブームが到来したね。
    この映画には感化されたというか…映画が終わるやいなや、縦ノリでラップしながら
    劇場を出て行きたくなる心境(←できないためエアーラップ)

    任侠映画とか観た後に、肩で風を切って映画館を出て行くのと同じで
    『8 Mile』は、観終わった後、映画館を出るやいなや、パーカーのフードを被り
    (自分的に)鋭い目つきで歩き出したくなる( ー`дー´)キリッ 。


    この映画を観るまでは、Gangsta rapとか、ヒップホップは一切聴かなかったし
    正直、あんまり興味もなかったし、そんなに良い印象も持ってなかった。
    けど、この映画でちょっと考えを改めた、単に聴かず嫌いだったのかもしれないけど
    意外に心地良くて、リリックも奥が深かった。

    ラップって劣悪な環境だからこそ、生まれる音楽なんだなー…って
    劣悪な環境で生きる人間の心の叫びとか、明日が見えない焦燥感とか、成功したい、
    のし上がりたいっていうのが伝わるリアルなリリックに、感化されてしまった。
    そういう欲望丸出しなのは、嫌いじゃない。

    あと、『8Mile』を観た時期が、ちょうど浪人中だったこともあって余計に。
    バスで工場とトレーラーハウスを往復するラビットを、
    予備校と自宅を往復する自分に、重ねてみたりして。

    で、マサキはわりとと言うか、かなり?悲劇のヒロインタイプなので、予備校言ってる時に
    大学進学した知人を見つけては、「あぁ、マサキとあいつの間にも、8Mile線が…」みたいな(←真面目に長く落ち込めない人種)中2病の初期症状ですね|ω・`)



    この映画は、ストーリー付のミュージッククリップや、PVのような感じで観ていたのと
    あと、エミネムが好きということもあって、高めの評価でレビューしています。
    純粋に、映画として観たら、そこまで高い評価は付けていないと思う

    エムネムの半自伝映画だからというのもあるけど、まず映画に山場がない。
    一応、あることにはあるけど、山場としては小さすぎる。

    そして、「え?もう終わり…?」と大半の人が思うであろう、映画のラスト。
    どかん!と成功して、ど派手なステージパフォーマンスで終わるンじゃないのか?と。

    でも、あのラストから、現在のエミネムに続いているンだと思えば
    まぁ…納得のできる終わり方なのではないでしょうか。
    良くあるアメリカの王道サクセスストーリーのような、締めにしないのがかえって良かったと思う。


    『8mile』を気に入るかどうかは、単に、エミネムが好きか嫌いかで大きく左右されそう
    前者なら観て損はないでしょう、後者の場合は退屈な映画に感じそう。


    ちなみに、映画はあくまでも「半」自伝映画です。
    本当は、エミネムには妹いなくて、弟だし。エミネムの「半」自伝な青春映画。


    『8 Mile(公式サイト)』

    よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    JUGEMテーマ:映画
    評価:
    UPJ/ジェネオン エンタテインメント
    ¥ 1,660
    (2009-07-08)
    Amazonランキング: 14703位

    評価:
    Interscope Records
    ¥ 1,141
    (2002-10-29)
    Amazonランキング: 26384位

    | ミュージック | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
    This is it
    0


      MJの最期のコンサート“This is it”のリハーサル映像を観てきました。
      一日早いけど、自分への最高の誕生日プレゼントになりました。
      (あ、たった今日付変わったから、もう今日だ(笑)Happy Birthday自分)

      本当だったら、今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった
      今となっては、幻のコンサート公演のリハーサル映像。

      MJが公演を発表した時は、正直本当に出来るのか、やる気があるのか
      疑ってたと言うか、いまいち信じることが出来なかった。
      長く人前で歌ってなかったしね;

      でも、このリハーサル映像を観て、本気だったんだな…と
      あそこまで、完璧な踊りと歌を見せ付けられたら信じる以外ない。

      50歳で、あそこまで歌えて踊れるのは凄いよ!
      “This is it”で、KING OF POPの名に恥じない、才能を見たわ
      MJは、やっぱり最高のエンターテイナーの一人だね。


      幼稚園児のマサキが、初めてMJを観た時となんら変わらずに
      彼は、ただただカッコ良かった。

      あんな風に歌えたら、気持ち良いだろうなぁ
      あれだけ踊れたら、楽しいだろうなぁ
      彼以上に、カッコよく踊る人をマサキは観たことがないし
      これから先も、きっと観ることはないと思ってる。


      “This is it”には、リハーサル映像の他に、MJのコンサートのメインダンサーに
      なりたいという若者が、オーディションを受けたり、インタビューされるシーンもある。
      そのインタビューの内容には、すごくすごく共感できる。

      マサキだって踊れたらというか、ダンサーだったら、単身飛行機に飛び乗って
      オーディションを受けに行ってたよ。だって、MJと並んで踊れるンだYO!?

      この“This is it”が実現していたら、伝説になっていたと思うし。
      だからこそ、公演が幻と消えてしまって、あのダンサーやミュージシャン達の
      胸中を思うと、酷くやりきれない。
      せめて、こうゆう形ででも公開出来て良かったと思う。

      映像を観てる間、高揚とか感動とか、そんな複雑な気持ちが色々入り混じってきて
      何度か泣けてきてしまって、結局、堪えられなくて泣いたら
      マサキの隣に座っていた人も泣いてて、反対の隣に座ってた子も泣いてた。

      それを見て「あぁ、ここにいる人達は、みんな同じ気持ちなんだな」と思ったら
      また泣けてきて、しょうがなかった。

      “This is it”を観て、ようやくMJの死を実感できた感じ。皆もそうなのかな…
      マサキはMJの熱狂的なファンと言う訳ではないから、彼の死を悲しみはしない。
      ただ、彼がもうどこにも存在しないかと思うと、たまらなく寂しい。

      でも、MJと同じ時代を生きられたことを幸せに思う。


      MJはインタビュー等で「I love you」と言うけれど
      それに私達は「We love you」と応えるだろう。


      『This is it(公式サイト/日本語)』




      宜しければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
      JUGEMテーマ:映画
      評価:
      ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
      ¥ 2,900
      (2010-01-27)
      Amazonランキング: 21位
      キング・オブ・ポゥップここに在り!!
      そして伝説に・・・
      マイケル、ありがとう!

      | ミュージック | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark