B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
飼育の部屋
0

    制作年:2002年
    制作国:日本
    上映時間:105分
    配給:バイオタイド
    監督・脚本:キム・テグワン
    出演:小沢和義、櫻井真由美、山口祥行,、鈴木一功、遠藤憲一、 根岸季衣

    手紙が始まりだった。
    手錠でつながっていた。
    郵便配達員の異常な愛情―――監禁された少女の589日間。



    たまに、邦画CDを観てるかと思えば、コレかよ…( ´_ゝ`)
    と言われてしまいそうですが、コレです。
    レビューしようかどうか、色々迷ったのですが(内容的に)
    意外にも(予想通り?)レビューしている方が少ないようなので、します。


    『飼育の部屋』(公式サイト)


    この映画は、『完全なる飼育』シリーズの類似作品ということで手に取った1本で
    主演が小沢和義さんだったから観た、というだけの本命ではない作品でした。

    『完全なる飼育』は、実際の事件を基に書かれた、松田美智子著の官能小説
    『女子高校生誘拐飼育事件』が原作の映画です。

    『飼育の部屋』も、男が女性を拉致監禁するという点では、同じ設定です。
    ただ、結末や個々のエピソードは異なります。
    社会問題になった“女性拉致監禁事件”を『完全なる飼育』とは
    また違った、新たな切り口で描いた映画。

    ただ、拉致監禁、ダメ・絶対!ヽ(`Д´)ノだから、真似しないように
    そして、防犯おうちには十分に気を付けてください。


    (以下、ネタバレあり。ラストのネタバレなし)
    ------------------------------------------
    <ストーリー>

    実直な郵便配達員・佐川松男(小沢和義)は、一人住まいの短大生・
    鈴木まどか(桜井真由美)を拉致監禁する犯行計画を密かに、練っていた。

    彼女を監禁して、二人の間に、「完璧な愛」が芽生えるのを待つ。それが彼の目的。

    松男は、郵便配達員である立場を利用し、町内の郵便物を全てチェックし
    まどか宛の郵便物を見つけると、中を開封し中身を読んでいる。
    そうして得た、まどかに関する情報をパソコンに、データ化し保存する。

    そして、いよいよ計画の実行の日。
    松男は、母の入院を口実にして、仕事を欠勤した。
    郵便配達員の格好になると、配達を装い、まどかの自宅を訪問。
    出てきたまどかに、スタンガンを当て気絶させると、アリバイを作り
    松男の自宅へと拉致する。
    気が付いたまどかに、松男は「一緒に暮らそう」と脅迫説得する。

    そして、まどかの監禁生活が始まる。

    手錠で拘束したまどかを部屋に残し、松男はいつも通り
    郵便局へと出勤する日常を続けていく。
    まどかは、松男の隙を見て、逃げ出そうとするも、そのチャンスは
    なかなか訪れず、上手くいかない。

    部屋の中を眺めていたまどかは、本棚にある一冊の本を発見する。
    それは心理学に関する本で、そこには「人質が誘拐犯に
    信頼や愛情を持つことがある」と書かれていた。

    そして、まどかはある決意をする―――…

    ------------------------------------------

    教訓:配達員と接する時にもチェーンはかけたまま。

    特に若い女性は、最近は男の子も危ないかもしれないけど
    チェーンは外さずに対応した方が良いと思う。
    最初に、インターホン越しに確認すれば、もう完璧。

    でも、ナタとかでチェーンをゴリゴリされる恐れもあるので
    ドアからは、若干離れてね!オヤシロサマー。・゚・(ノД`)・゚・。

    この映画のメインテーマは「ストックホルム症候群」です。

    松男の部屋で、まどかが見つけた心理学の本に、書かれていたのは
    まさに「ストックホルム症候群」の内容です。

    「ストックホルム症候群」は、犯罪被害者が犯人と一時的に、同じ空間で
    過ごすことにより、好意や同情を抱く、いわゆる依存感情のこと。
    実際に、犯人と結婚した被害者がいたり、誘拐された女性が数ヵ月後に
    窃盗団に加わっていた、ということもありました。

    まどかは「ストックホルム症候群」という依存感情の存在を知ってしまうので
    上の例のように、犯人と信頼関係を結び、同じ結末になるかどうかは…ノーノー


    映画全体の質で言うと、低予算の映画らしい作品と言える。
    映画の舞台も、郵便局・まどかの部屋・松男の部屋などがほとんどだし。
    その分は、主演の小沢さんや、相手役の桜井さん、脇を固める
    俳優さん達の演技力によって、補われているので問題ないかと思います。

    映画を最後まで観て、この二人(特に松男)は、ただどうしようもなく
    不器用なだけなんじゃないかと思った。
    孤独すぎて、人に想いを伝える術を知らないだけなのかも。

    だからと言って、拉致監禁はただの犯罪で、絶対に許されることではない。
    もっと他に方法はなかったのか、拉致監禁じゃないとダメだったのか。
    そう松男に、こんこんと説教してやりたい…(((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・


    何故、松男が拉致監禁したのが、まどかだったのか?
    松男とまどかの間に、本当に「完璧な愛」は生まれたのか?
    その答えは、映画の最後で判明します。
    意外と言えば意外な最後でした。



    松男のその後は、『飼育の部屋〜終のすみか〜』へと続いていく訳ですが↓
    まぁ、DVDジャケットを見れば分かる通り。

    やべぇ、こいつ全然反省してねぇ…

    人によっては、ただのピンク映画ラブ(官能映画)という感想もある。
    そこは、否定しない(´・д・)y−。.。o○そういう見方もできるから。

    『完全なる飼育』シリーズは、女優が脱いで、濡れ場を演じるというのが
    見所の一つでもありました。
    類似作品の「飼育の部屋」でも、主演俳優・女優ともに景気良く脱いで
    様々な濡れ場と、裸体を見せてくれます。

    ベッドの上、海岸、バスルーム、畳の上と…散々やってます。
    濡れ場Lv.としては、普通の映画にしては生々しい本番風で
    オカズとして観るには、普通にAVを観た方が良いレベル。

    桜井真由美さんが好きという人なら、お勧めできます。
    今時の女の子にしては、小振りな胸で、妙にリアル。

    桜井さんに関しては、DVDのインタビューでご本人も語ってますが
    「松男がまどかを観ていない時」の演技に、注目して鑑賞すると、面白いと思います。

    松男がまどかを観ていない時に、浮かべるまどかの表情は意味深。
    単純に喜びからの微笑なのか、してやったりとほくそ笑んでいるのか…


    よろしかったら、ぽっちと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
    評価:
    キム・テグワン
    ハピネット・ピクチャーズ
    ¥ 4,402
    (2003-02-21)
    Amazonランキング: 36872位
    桜井真由美が貧乳/微乳で、普通っぽくて良い
    どこにもない愛の世界
    萌える

    | 邦画/官能映画 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark