B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
アンチヴァイラル
0



    あなたのすべてに感染したい


    制作年:2010年
    上映時間:108分
    原題::Antiviral
    制作国:アメリカ、カナダ
    配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
    監督:ブランドン・クローネンバーグ


    こんばんは、149日振りに更新しました、マサキです…orz

    本日、無事に仕事収めができたので、更新しています。
    言い訳ですが、舞台観劇の方に現をぬかしておりました。
    あとは仕事&ゲーム、妹の結婚準備などなどで、更新を超停滞させていました;
    (ケッコンと漢字変換したら、『血痕』『結魂』と変換され、地味にダメージを受けた今_| ̄|○

    おかげで、毎年恒例のUSJのバイオハザードのアトラクションにも参加できずでした。
    『ラクーンシティの歩き方(2012)』
    『リアルにラクーンシティの歩き方 バイオハザード・ザ・リアル(2013)』

    来年の抱負として、2015年はせめて月1〜5は更新したいと、囁かに決意。
    したところで、2014年最後の更新をして、締めくくりたいと思います。


    予告を見てからずっと気になってた血液映画。
    主役をユニセックスな女性だと思い込んでたけど、映画を観て男性だと気付いた。
    美貌のハンナ・ガイスと、彼女に細胞レベルで執着する女性注射技師
    こう、百合的百合なお話かと思ってたのに!別に、残念だなんて思ってない。ほんとうだ。

    薬薬ストーリー
    近未来、
    セレブのウィルスをマニアに注射するというルーカス・クリニックで働く、注射技師のシド
    シドは、希少価値の高いセレブのウィルスを自分に注射して、外部に持ち出しては
    闇マーケットに横流しするという違法行為に、手をそめていた。

    ある日、完璧な『美』を持つハンナ・ガイスが、原因不明の病に冒されて死亡する。
    その直前、ハンナから直接採取したウィルスを自らに注射していたシドも
    異様な幻覚症状に襲われる。

    ハンナを死に至らしめたウィルスの唯一の宿主になったシド。
    その頃から、何者かに追われ始める…。

    薬薬


    DVDレンタルして、さらに2回観てしまった…これはとても俺好みkyu

    ウィルス、血液、異様な幻覚、カニパリズム、体調不良、粘膜、白と赤…
    なにが自分のツボなのか良くわからないんだけど、総合的にみて俺好み状態だった。

    全体的に、白基調の部屋など無機質な空間が多く、血の赤がそれはもう良く映える。
    赤い血液も含めて、一つの絵のようなアートみたいな場面が多い映画。

    あの白い空間には、ファニーゲームUSAみたいな印象をずっと受けてた
    内容は全く異なる映画だけど、金髪の役者も相まって思わず連想した。
    白いシーツに赤い血、白い肌に吐血、細胞の採取…とか、とにかく血液血液血液。

    血がダメな人とか、注射する場面を直視できない人は、観られない映画だと思う。
    しっかりと見せる系の映画なので、唇や腕にぶっすりと注射する場面も
    もちろんアップでしっかりと見せてくれる。


    ルーカス社に訪れて、憧れのセレブの病気に、感染したいと希望するお客様や
    セレブの細胞が混ざった培養肉を食べたりする人々は(これカニパリズムじゃね?)
    さしずめ、セレブに執着しすぎて、細胞レベルで交じり合いたいといったところだろうか。

    まぁ、好きな人や芸能人の身につけている物が欲しいとか、歯ブラシが欲しいとか
    鼻をかんだティッシュが欲しいなぁ…というののとても行き過ぎた結果だと思う。

    マサキもわりとマニアな方だと思うし蠍座AB型だし?(全国の蠍座AB型の人ごめんなさい)
    気に入ったものに執着する気質だとも思うけど…セレブのウィルス欲しいとかこれは理解し難い。するつもりも全くないけど;

    完璧な美をもつハンナに執着している若者が、ハンナから採取した
    口唇ヘルペスのウィルスを注射してるのも生理的には…うぇぇ(;゚Д゚)エエー

    なんだかセレブ本人が好きで、本人を手に入れるのが難しいから…細胞をというよりも
    ほんとは本体じゃなくて細胞自体が目的なんやろ?ん?と思えてきてならない。

    本人とキスできないから、あえてリコーダーを舐める。のではなく。
    『リコーダーを舐める』という行為自体が目的で、それに興奮する。
    という感じというか。って、なに言ってんだ自分…orz


    最初は気持ち悪いという、自然な嫌悪感を持って観ていたのに、映画の後半では
    だんだん世界観に引き込まれて、最終的に、細胞や血液を取り込むその行為が
    エロティックに見えて来たり…末期だなkyu

    途中、ハンナの主治医が出てきて、まともな人種かと思いきや、実は腕にセレブの皮膚を移植していて、「セレブの皮膚を腕に移植すると安心する(*´Д`)ハァハァフンフン」とか言ってきたりして、立派な変態紳士である。
    そういえばこいつ、実写版「北斗の拳」のリュウケン役を演じていたな…
    といらん記憶まで蘇ってくる始末。


    血液が苦手な人、カニパリズムに嫌悪を感じる人は観るのをやめたほうが良いかも。
    マサキも食欲がややなくなった、肉を美味しく食べられない予感_| ̄|○
    異様な幻覚も、なんか血ダラダラで意味不明で怖い…

    救いは話が面白いことと、役者が美しいことくらいだろうか…
    女性と勘違いしてしまった主役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズは
    男性と知ってからも、ふとした表情や仕草が女性的で綺麗な役者さん。


    彼の病的で神経質な感じや、体調悪い演技が上手すぎて、映画が進むにつれて
    徐々に徐々に彼の体調が悪くなっていくのが、伝わってきてすごく不快だ。
    最終的に、杖をつかないと歩行困難なレベルで廃人一歩手前のようになっていて
    21歳にして、体調不良の演技に鬼気迫るものがあった。

    わりと感情の起伏がない淡々とした役柄なので、すごく抑えて抑えて演技をしているのに
    最後の体調不良MAXで暴れるシーンや、セレブの血にはぁはぁ興奮してる時とか
    普段抑えているだけに変態ぶりが、より華麗に際立ってた。
    個人的には、体温計を口に加えてぶーたれた表情してるのがツボ。可愛い。


    この映画のブランドン・クローネンバーグ監督は、名前を見ればわかるとおり
    デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子な訳ですが、血は争えないというか…遺伝なのか…
    父親は内臓怪物系だけど、息子は血液細胞系みたいな。


    最後は、シド目線で見て、ハッピーエンドundefinedだと個人的には思いました。
    理解不能な幻覚も謎も、最期まで観て、納得して、すっきり落ち着いた。


    マサキの貧困なボキャブラリーでは、久しぶりの更新ということもあり
    なかなか上手くお伝えすることができませんが。
    『アンチヴァイラル』は、独自の世界観があり、また一貫した雰囲気づくりとテーマを持った、上質なサスペンスミステリーなので、血液好きな人、クローネンバーグ監督好きな人は
    一見の価値ありだと思います。


    2014年、『毎日がかゆうま』を読んでくださった方、ご訪問してくださった方
    本当にありがとうございます。大変大変感謝しております(* ´艸`)

    こんな149日も更新しないブログではございますが
    また来年も、お付き合いいただけたら、最高に嬉しいです。

    2015年も、皆様にマサキに、素敵な映画との出会いがありますように!
    ではでは、皆様良いお年を!(´∀`○).:+


    JUGEMテーマ:映画
    (´・ω・`)感染したい方は、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

    評価:
    カルチュア・パブリッシャーズ
    ¥ 4,067
    (2013-10-11)
    Amazonランキング: 92970位

    | ミステリー | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
    羊たちの沈黙
    0
      羊たちの沈黙 (アルティミット・エディション) [DVD]
      制作年:1991年
      制作国:アメリカ
      上映時間:118分
      原題:The Silence of the Lambs
      配給:ワーナー・ブラザース
      監督:ジョナサン・デミ


      「子羊たちの悲鳴は、まだ聞こえるか?」


      TSUTAYAが、100選100円(税込)キャンペーン中CDだったので
      今がチャンスとばかりに、DVDを漁っております。
      8月31日まで、特定のDVDが100円でレンタル出来るようです。
      詳細はこちら→100選100円(税込)キャンペーン※終了しました

      100選の「ザ・サスペンス!」に、『羊たちの沈黙』があったので
      久しぶりに、レクター博士にお会いするため、さっそくレンタルニコニコ

      マサキの中では、「人肉を食う」と言えば、ゾンビかレクター博士かというくらい。

      ゾンビは素材の味を生かし、そのままワイルドに食べますが、博士は大変な
      美食家でいらっしゃるので、ちゃんと調理してから召し上がられます。
      テーブルマナーは、もちろん完璧ですし。
      ワインや高級食材にも精通しており、言うまでも無く真の美食家なので、食器にも拘ります。

      飛行機に乗った折には、機内食は「人間の食べるものじゃない」と隣席の子供に
      言ったとか言わないとか
      むしろ、「人間は食べるものじゃない」と、マサキは博士に言ってやryt

      博士を語ると、長くなってしまうので、ササッとあらすじ↓
      -------------------------------------------------------------
      <ストーリー>

      FBI訓練生クラリス・M・スターリング(ジョディ・フォスター)は、
      クロフォード主任捜査官に、ある任務を言い渡される。

      それは、最近発生している、若い女性の皮膚を剥ぎ、その死体を川に流すという
      猟奇殺人事件の犯人バッファロー・ビルに関する情報を得るため、ある人物に会うことだった。

      クラリスが訪れたのは、州立精神病院。
      ここに、措置入院させられている(自分の患者を食したため)、元天才精神科医
      ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)に会って、バッファロー・ビルの
      精神状態を解明してもらうことだった。

      だが、天才精神科医である博士が、若くて、しかも未だ訓練生のクラリスと
      対等に話す気など、あるはずもなく。
      クラリスと対面したレクター博士は「アカデミーに帰りなさい、クラリスお嬢さん」と
      紳士的にあしらう。

      が、クラリスが、囚人の一人に辱められたことに怒り
      そのまま彼女を帰すことは、博士のプライドが許さないらしく。
      非礼への償いとして、クラリスに最初のヒントを与える。

      そしてレクター博士は、クラリスの過去を語らせるのと引き換えに
      バッファロー・ビルの心理を語り始める。

      -------------------------------------------------------------


      映画史に残る魅力的な悪役は、例えば、最近の映画では、「ダークナイト」の
      ジョーカーをはじめ、何人もいるかと思う。
      『羊たちの沈黙』の天才精神科医ハンニバル・レクターも、そのうちの一人だ。

      もしかすると、主人公以上に、愛されているのではないか…とすら思える悪役
      猟奇的な大量殺人者でありながら、彼は人を惹きつけてやまない。
      ハンニバル・レクターは、映画史上もっとも、人気のある悪役だと、マサキは信じています。

      猟奇的な殺人鬼をここまで、魅力的な人物に仕上げることが出来たのは
      アンソニー・ホプキンス氏の演技、役作りによるものも、かなり大きいと思う。
      レクター博士には、彼以外もう考えられないし。

      その証拠に、ホプキンスさんが、子供と触れ合うハートウォーミングな映画に
      出演しているのを観ると「子供逃げてぇぇぇえ!食われるー!ヽ(`Д´)ノ」と思う人が
      絶対に何人もいるからだ(ソースは、マサキの友人)
      俳優としては良くないことなのかもしれないが、そう思わずにはいられない。

      あとは、博士の経歴や趣味嗜好なども、その一因かもしれない。
      レクター博士は、3ヶ国語以上を話し、教養も品もある。
      グールドの音楽をこよなく愛し、芸術方面にも多彩だ。

      精神異常犯罪者診療所の最厳重監視病棟(独房)に、閉じ込められていながら、多数の書籍を
      購読しており、その書籍は医療書から、料理書、果てはファッション誌まである。
      自分で描いた絵画なども飾ってある。しかも、上手い…

      さらには、臨床精神病理学会誌や精神医学会誌に、独房から、論文を発表するなど
      自分の権利は、しっかりと最大限守っている。
      なんというフリーダムな…博士ってば

      しかし、彼が紳士に、見えたとしても、油断は禁物だ。
      1981年7月8日、拘置されていた精神病院で、胸の痛みを訴えたので、心電図を取るために
      拘束を解いたほんの一瞬の隙を突いて、看護士(女性)に噛み付き
      その顎を噛み砕き、舌を食いちぎり咀嚼した後、飲み込んだという…
      まぁ、簡単に言うと、食ったンです。生きたゾンビのようだ。

      でも、マサキはゾンビよりも、博士の方が怖い(((( ;゚д゚)))

      そんな博士が、なんで捕まったの?とは思うだろうけど、その経緯は
      また別の映画で語られるので、今回は保留。
      ついでに、別の映画の話ではあるが、独房の中にいながら、自分を捕らえた刑事の
      家族を襲うなど、博士は大変フリーダムな方です。

      『羊たちの沈黙』は、今まで何度も観ている映画ですが、いつ観ても
      クラリスと博士の対面シーンは、ドキドキするし。
      ドクター・チルトンのアホっぷりにはwktkする(・∀・)お前食われるぞっ

      映画には、やはり内容上、グロテスクな写真やショッキングなシーンもありますが
      そこよりも、博士とクラリスの緊張感漂う会話や、バッファロー・ビルに
      辿り着くまでの過程に、注目してほしい。
      あと、昆虫苦手な人は注意バッド

      博士についてばかり、書いてしまいましたが、クラリス役の
      ジョディ・フォスターも、大好きですラブラブ

      博士は元精神科医でもあるため、対面したその瞬間から、容姿、持ち物、香水
      言動などから、あの何もかもを見通す鋭い視線で、こちらを分析してくる。
      それに怯みながらも、果敢に情報を捥ぎ取ろうと奮闘する若きFBI捜査官クラリス。最高です。

      彼女のクラリス役が、本当に大好きなのですが、非っ常に残念ながら今回のみで
      次作からは、別の女優さんになってしまいます。
      なんでも原作を読んで「あまりにもグロテスク」と断ったそうで。
      そこだけが、残念…orz

      原作も面白いですが、映画も緻密に作り上げられていて、大変面白怖い。
      今なら、8月31日まで、100円でレンタルできるので
      この機会に、レンタルすることをお勧めします。

      メールブルー
      ゾンビが街に発生したら…という妄想シミュレーションをした場合
      何となく生き残れるような気がする。
      レクター博士と出会ったらと考えると、生存できる気がしない。


      よろしかったら、ぽっちと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

      評価:
      20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
      ¥ 2,500
      (2008-09-26)
      Amazonランキング: 24922位
      上質のワインとともに
      サスペンス大作
      なんど見ても怖くて面白い

      | ミステリー | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark