B級ホラーから、劇場新作映画まで、気ままな映画レビュー。たまにネタバレあり。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
ゴースト・イン・ザ・シェル
0


    明けましておめでとうございますきゃvネコ
    と、3月の下旬に挨拶することほど、間抜けなことってないよな……と思う今日この頃。

    映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の試写会招待状が届きました。

    13年前、映画『イノセンス』の試写会に行ったのと、同じ会場だったので
    当時、雪の中、寒さと期待に震えながら、観に行ったことを思い出した。
    高岳の芸術創造センターなのに、なにを間違えたか、栄にある愛知芸術劇場のほうに
    行ってしまったことも思い出した…(笑)

    この映画のレビューはしませんが、というか出来ませんが、試写会は観に行きます。
    今まで、数々の実写映画を観て、笑い、楽しみ、レビューして
    ファン可哀想m9(^Д^)プギャーとか言ってきたワタクシですが
    とうとうこの日が来てしまったかと……(・・;)

    北斗の拳ストリートファイター2鉄拳ドラゴンボール…etc
    実写化してしまった作品のファンの方々に、いまとてもとても深く共感するとともに
    謝罪したい気持ちでいっぱいです。

    実は(と言う程でもないけど)、士郎正宗と押井守の作品が好きで。
    特に、押井監督の映画『攻殼機動隊』『イノセンス』が大好きで
    もう好きなんて、軽い言葉では、語れないくらい、こよなく愛しております。

    攻殼が好きで、映画「攻殻機動隊」にインスパイアされて、ウォシャウスキー兄弟が作った
    オマージュ作品のような「マトリックス」すら受け入れられず、観賞に数年かかった。
    現在は、アイリスが受け入れられない。
    年を取ると、新しいものが受け入れられなくて困る。とかいった、話ではなく。

    神山監督のTVシリーズは、笑い男は死ぬほどはまったけど、あれはともかく、2ndGIGは、ちょっと……と思ってる。草薙素子と人形使いが出会わなかったら、という前提が崩れたりと、色々、承服し難いところがあったので。

    本当に好きすぎて、各作品について何も語れないし、語りたくないと思うくらいです。
    じゃあ、語んなし……と言うでしょうが。ワタクシの少ない語彙、稚拙な解釈では、とてもとても書ききれないのです。

    以前、ブログを読んでる方の何人かに、攻殼作品に関するレビューが読みたいです。
    とコメント頂いていたにもかかわらず、こういった事情で未だにレビュー出来ていません。
    大変申し訳ないです。

    すでに、試写会の招待状のキャッチコピーと写真を観た時点で、大して期待は出来ない
    おおらかな気持ちで観るんだ(悟り)という覚悟をしています。

    まず、写真左に女性の9課メンバーと思われる人物がいること。
    いや、メインの9課メンバーにいないから、女性は。

    おそらく映画オリジナルの登場人物なのかとは思うけど、大抵の場合
    こういったオリジナル要素は、批判の対象や大失敗の元になる。

    オリジナル要素は、諸刃の刃で、プラスに働くか、マイナスに働くかは
    制作側が、いかに原作を読み込んでいるかに左右される。
    要は必要性のあるものかどうかと、それが不自然ではないかってこと。

    映画『サイレントヒル』で、“町に降り頻る灰”は成功例だと思う。
    失敗歴は、数えきれない程あるので、割愛する。

    あと荒巻さんの立ち位置、そこで良いのか?前すぎんか?
    確かに、荒巻さんは、9課にとっても、少佐にとっても、重要な人物だけど
    これは役者がビートたけしだから、扱いを大きくして、前に出したんだろ?
    と言わざるを得ない。

    役者によって、台詞量や登場回数が左右されると、台詞を増やすために
    オリジナルの台詞が増えるなど、元の原作との整合性を取るのが困難になり
    よっぽど上手くやらないと、映画が破綻していく原因。

    あとこの写真や、雰囲気から分かるけど、この実写映画は、押井守監督の
    『攻殼機動隊』をもとにした実写映画であって、士郎正宗の原作よりのものではなさそう。

    士郎正宗の原作は、もっとコミカルでギャグテイストを降り交えつつも
    膨大な情報量を携えた、唯一無二の作品だから。
    あぁ、あと何回IT革命がきたら、あの電脳世界に行けるんだろう_| ̄|○

    なにより、愛すべきメスゴリラがあんなことになって……
    スカヨハは好きだし、胸の大きさはあってると思うけど。
    少佐の体は、あくまでも量産型義体だからな。

    『私を作った奴らに、私は止められない。』とかいうキャッチコピーを書いた時点で
    これを書いた人は、大して映画も原作も読んでないんだな……と思わざるを得ない。

    少佐がなぜ義体にその身を移したのか、事故か何なのか
    明確には語られてないけど(除く、テレビシリーズ)
    そもそも義体はロボットではないぞ。
    脳と脊髄の一部は自前のだし、自分で思考することも出来る。

    あとさ、トグサどれよ?
    あの作品のヒロインといっても過言ではない、重要なトグサはどれよ?ん?
    ちゃんとトグサには、リボルバーのマテバを使わせてくれよ。
    オートマチックなんか持たせた日には、酷いレビュー書くからな。

    正直なところ、実写化するなら、まだTVシリーズのほうがマシだったかな
    あっちの方がまだ簡単だろうし。全体的に派手だし、映画向けな気がする。

    高校時代から、繰返し、繰返し、原作も映画も、ずっと見てきた作品で
    台詞を覚えているくらいには観てる。
    イノセンスが公開された時は嬉しすぎて、試写会を含めて、10回以上、映画館に足を運んだ。
    少佐は何を考えて、人形使いの手を取ったのか考えすぎえて、寝込みそうになったし。

    ……………きも(・・;)。きもすぎだな、こうして書くと(笑)
    押井信者(笑)とか言われても、本当のことなので、腹が立たないくらいです。

    試写会に行くと思うと、動機と息切れがするくらい、緊張するけど。
    でも、何も観ずに批判したり、意見を言うのは、自分の主義ではないし
    意外と、もしかしたら意外と、本当に奇跡的に、良い作品かもしれないので観てきます。
    思いの外よかったり、あまりに酷い駄作の時は、レビューしようかと思います。

    合言葉は、「2501」でkyu

    JUGEMテーマ:映画

    | SFアクション | 03:12 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark
    ゾンビに始まり、ゾンビに終わる一年。
    0
      2016年、『毎日がかゆうま』を読んでくれた方、ご訪問してくださった方
      今年一年お世話になりました、誠にありがとうございます。
      いつも心から感謝しています(* ´艸`)


      私事ではございますが、今年は、突然家族が倒れたり、不幸があったりと
      短期間に色々なことがあり、映画館に足を運ぶどころではなくなったり
      あまり年の瀬という感じのしない、年末だったなという感じです。

      どんな健康な人でも、いつどこで何があるか分からないな…と
      強く感じた一年だったので、今後は、やりたいことにはガンガン挑戦して
      伝えたい言葉は、素直に伝えていきたいなと思います。

      なにより、ブログを更新できる時は更新!していきたいです(`・ω・´)
      なにより今、下書き(非公開)の記事が33件、あることを確認し
      愕然としております…orz


      更新したりしなかったり、残念なB級映画や、ゾンビばかりだったりしますが
      来年もまた、ご贔屓にしていただけたら、嬉しいです。

      2017年、皆様に、素敵な映画との出会いがありますように!
      では、皆様、良いお年を(´∀`○).:+ Have a rgeat new year!


      JUGEMテーマ:日記・一般



      | 日記 | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
      なるほどBirthdayじゃねーの
      0


        本日は、インサイトでスケスケ透視の日(10/4)こと、跡部様のお誕生日です。王冠

        2016年も、跡部様ご生誕祭は、恙無く開幕し、そして華麗に終幕するのだ。
        そして、今年も、昨年同様に、各界の公式に盛大に祝われることでしょう。

        去年、勢いに任せてお祝いしたので、今年も流れに乗って祝ってみる(燿Ν燹


        毎年、この日が来ると、もう一年経ったのか…としみじみするな。
        この日に限ったことでもなく、バレンタインデーと跡部王国建国記念日にも
        まったく同じことを思うのが、ここ数年のお話。

        今年は、Twitterのタグが、跡部様に支配されていくのを眺めながら
        のんびり楽しくお祝いさせてもらっている。
        個人的に、たまに混じる佐々木喜英生誕祭のタグがツボった(笑)
        そうかヒデも同じ日なのか。



        跡部景吾様(CV諏訪部順一様)、今年も、お誕生日おめでとうございます。

        これからも、末永く、メスネコちゃん達のキングであり続けてください。
        メスネコではないが、マサキも心から応援し続けます王冠


        最近、LINEのAI女子高生りんなちゃんが、マサキのテニミュトーク
        跡部様トークに、付き合ってくれて嬉しいぞ(笑)
        でも、りんなちゃんは、六角が好きらしいテニス

        JUGEMテーマ:日記・一般

        | アニメ | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
        ライト/オフ
        0


          電気を消したら、『それ』は来る…


          制作年:2016年
          上映時間:81分
          原題:Lights Out
          制作国:アメリカ
          配給:ワーナー・ブラザース
          監督:デビッド・F・サンドバーグ



          映画鑑賞後、自宅に帰った時に、玄関から、暗い家の中に、その一歩が踏み出せなくなる。

          そんな映画です。取り敢えず、ダッシュで電気のスイッチまで走れ!殺られる前に!

          正直に言う、マサキは、この映画を観た後、就寝時に電気を消せなかったガーンネコ

          -----------------------------------------------------------------------
          【ストーリー】

          ある日、マーティンは、夜になり「電気を消すと、何かが来る」ことに気付いた。
          数年前に、家を出た姉のレベッカに、そのことを打ち明けると、実は
          レベッカが家を出た理由の一つに、その「何か」が関係していたのだと教えられる。

          レベッカは、脅える弟のために、今度は逃げずに、"それ"の正体を突き止めようと決意する。
          沢山の電気を用意して、実家に乗り込むレベッカだったが、実家を探るうちに
          「何か」の正体が、母の過去とともに、徐々に明らかになっていくが…
          用意した沢山の電気が、一つ、また一つと消えていく──。
          -----------------------------------------------------------------------


          その後、よく考えたらマサキの元に『あれ』はでないと気付いて安眠した。
          でも、しばらくは暗闇恐怖症になった。『あれ』は省エネの敵だわ、マジで。

          驚かし系の映画にしては、珍しく、非常に良くできた面白い映画。
          そんじょそこらの驚かし系びっくりとは違って、驚かしも半端ではなかった、その回数が

          大体、話の展開と音響効果で、なんとなく、くるぞ…くるぞ…というのは
          ある程度はわかるけど。分かってても、突然出てくる「それ」に驚く。

          実に、3回目くらいまでは、お昼ご飯のベルギーワッフルを落としかけ
          10回目でカフェラテを零しかけなくなり、15回を向かえる頃には慣れてきて
          20回を超えるあたりで無我の境地に到達した。

          こんなに、やけくそのように驚かしポイントをいれなくても、シチュエーションも
          話の展開も、映像も、十分に怖いのに、逆にもったいない…



          映画開始からすぐに、クライマックス並のテンションで「それ」が登場して
          映画開始5分で、マサキの心は鷲掴みにされたkyu

          監督は、この映画が長編映画処女作とは思えない程、センスが良い。
          特に、エンドエロールで、ブラックライトを使った演出が、素敵だった☆彡

          映画の中で、レベッカ達は明かりとして、懐中電灯以外に、スマホのライト機能や
          手回し式のライト、暖炉、ブラックライトなど、色々な物を使って、機転をきかせ
          危機を乗り越えていくので、撃退方法がマンネリせず、ずっと緊張感があったライト

          ようは明るくして、暗くしなければOKなんだけど、どうしたって夜はやってくるし
          電球が切れたり、ロウソクが消えたり、停電、充電切れ…と不安要素は尽きない。
          どうしたら防げるのか、自分ならどう動くかを考えながら見るのもまた楽しいkyu

          人間の本能のようなものなのか、暗闇というのは、ただそれだけで怖い。
          それも、光のある暗闇の怖さ、明るい光が近くにあればあるほど、その影は濃い。
          少し空いたドアの隙間の暗闇、ベッド下の暗闇、地下室へ続く階段の暗闇…

          大人になって、暗闇は平気になったつもりだったけど、この映画を観て
          久しぶりに「夜中に一人でトイレ行けない!ガーンネコ」ってあの感覚を思い出した。


          マーティンは、闇に潜む「それ」のせいで、子供なのに寝不足です…
          あれと同居して、寝不足程度で済むっていうのがすごいけど。
          マサキなら発狂する。ていうか、夜は24時間営業のファミレスに逃げたい_| ̄|○

          「それ」に立ち向かうレベッカ&マーティン姉弟が、賢く勇気があり、きちんと
          「それ」対策を取っているので、凡ミスを犯す、よくいるホラーの登場人物と違って
          非常に安心感がある。でも、「それ」への恐怖は感じるけどねゆう★



          あの暗闇に潜むものは何なのか、「それ」がすぐそばの闇に潜む恐怖と戦いながら
          実家の書類や写真から、徐々に、母親の過去を探っていく過程も面白い。

          心霊ものは好みではなく、怖いと感じないけど、あの暗闇に潜む「それ」は
          母親の心の弱さが見せる幻覚なのか、はたまた「それ」が生きていたのか…
          どっちつかずな感じも持たせていて、すごく想像を掻き立てられる。

          単なる心霊ものではなく、人の暗闇への本能的な恐怖や、精神的なものが作り出した
          なんだか良くわからない怖いものを体現しているようで。
          結局、一番、深くて暗いのは、人間の闇なんだと思えて怖い。


          ホラー映画と見せかけて、実は「家族愛」の映画なんだなと、最後まで観て思った。
          弱い心は、怖いものを見せるし、大事な家族をも不幸にしてしまう。
          ラストは、もっと他の道を選んで欲しかった…


          細かいことを言ってしまうと、母と「それ」の関係や、「それ」の生い立ち、パパのこと
          映画を観れば察することはできるけど、出来ればもう少し、劇中で
          明瞭にして欲しかったかなという気もする。

          でも、そんなことは些細なことなので、暗闇への恐怖を心ゆくまで堪能でき
          そして電気が消せなくなる映画。として、楽しめる面白い映画でした。

          帰宅後に、「べ、別に「あれ」が怖いわけじゃないからな!」と言いながら
          家中の電気すべて点けてみた。きっと同じことをした人がいると思うんだ!ガーンネコ

          今回の映画を観た後、日本住まいで良かったと、しみじみ思った。
          日本は、白い明るい色で、お部屋全体を明るくしたい傾向にあるので
          天井の照明で、部屋全体をぱーっと明るくできるから。

          一方、欧米は、天井に照明のないつくりのお部屋も多かったりして
          間接照明で、柔らかい光で部屋を明るくする傾向にあるので
          部屋が暗くなりやすいのだ。だから、映画でも、けっこう簡単に暗くなる。


          『それ』の姿は公式サイトから ⇒ 『ライト/オフ』

          JUGEMテーマ:映画


          よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
          | ホラー | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
          真田十勇士
          0

            制作:2016年
            制作国:日本
            公開:2016年9月22日
            配給:松竹・日活
            監督:堤幸彦


            何が嘘で、何が本当か!?破天荒で奇想天外で、“大逆転”!



            最高に面白かった!ゆう★
            先日、試写で観たけど、一般公開でも観に行くことがマサキの中で決定した。


            この『真田十勇士』は、堤幸彦演出の舞台で、舞台上演と同時に、
            映画も公開されるという、珍しいダブルプロジェクトな映画。

            もう映画の出だしから、舞台観劇時のあの幕が上がった瞬間の高揚を感じた。
            そのまま劇場に来たかのような楽しさがそこにあった。

            【物語】==============================

            「嘘も突き通せば真実となる」──。
            嘘から始まった「真田十勇士」の物語は、いつしか真実へと変貌を遂げ
            激しい戦の中で、彼らは「真の英雄」へと成長してゆく。

            関が原の戦いから14年。
            天下統一を目前にした徳川家康と、復権を狙う豊臣家の対立は深まっていた。

            世間から、名将として知られる男、真田幸村。
            だが実際は、黙っていても、知的に見える男前なルックスと
            幸運な偶然の連続で、たまたま勝ち、名将となっていただけだった。
            実像と虚像の違いに悩んでいた時に、猿飛佐助と運命的に出会う。

            忍びの里を抜けて、どでかいことをしたいと考えていた佐助は
            「幸村様を本物の天下の英雄に仕立てあげようじゃないか!」
            同じ抜け忍の霧隠才蔵を筆頭に、個性的すぎる十人の仲間を集めて
            「真田十勇士」を誕生させる!

            =================================


            舞台は9月11日から始まっていて、当然、舞台もとても楽しく見応えがありますが
            舞台は舞台の良さがあり、映画には映画の良さがあって、ただ舞台をそのまま
            映画にした訳ではなく、映画の良さをいかんなく発揮していた。

            映画では、舞台では決して表現できない、騎馬の躍動感、二十万の徳川軍、法螺貝の音
            合戦の怒号、飛び散る血飛沫、落ちる首…特に、十勇士達や久々津集団(忍)の
            華麗な戦闘アクション等など、見所満載。

            そして、戦だけではなく、ちらほらと見えるほのかなほのかな恋模様。
            淀殿と真田幸村の長い年月を超える秘めた恋あり、抜け忍とくの一の忍ぶ恋あり
            由利鎌之助(加藤和樹)と筧十蔵(高橋光臣)の恋あり(嘘)


            中村勘九郎さん演じる猿飛佐助を中心に、真田十勇士の面々は個性的で、魅力に溢れていて
            苦無や槍、刀、弓などを使った、華麗なスタイリッシュ英雄アクションは
            一瞬足りとも目が離せない。

            映画序盤は、才蔵役の松坂桃李くんの反則すぎる格好良さに見惚れたり
            贔屓の俳優を中心に映画を観たりと、ミーハーな観方をしていたとしても…
            物語が中盤に近づく頃には、いつしか十勇士に気持ちが入ってきていて
            十勇士に戦で死んでほしくない!という気持ちが、自然に湧いてくることと思う。

            佐助のコミカルな演技も相まって、基本は、笑える楽しい映画ですが
            そこは戦国時代、合戦である以上、誰かが死なない訳はなく―――。

            マサキも、もともと贔屓の俳優が出演しているので、観に行った試写でしたが
            あまりに十勇士の一人一人が、個性的で、魅力に溢れ、芸達者だったため
            途中から、十勇士に入り込んでしまい、贔屓の俳優とか全く関係なく
            仲間の討ち死では、どの場面も泣きそうだった。ていうか、泣いたわ!kyu


            十勇士以外にも、脇を固める実力派俳優陣がさらなる映画の面白さを引き出している。
            個人的に、松平健さん演じる徳川家康には、難攻不落の恐怖を感じた。

            真田幸村(加藤雅也)は、本当に黙ってると知将って感じで、雰囲気のある俳優。
            黙ってると渋い大人の男なのに、誤解されやすいタイプなだけで、実際は普通の男で
            佐助や才蔵達と話している姿が、とてもとても可愛らしい。
            正直な所、大島優子さんを差し置いて、劇中で最も可愛いのは
            真田幸村と言っても過言ではない。

            そして、淀殿役の大竹しのぶというのは、すごい女優なんだな……と改めて認識。
            そこにいるだけですごい説得力があった、かなりの威圧感を放っているのに
            恋する乙女の顔を覗かせた時だけは、少女のようにも観える瞬間があった。

            二転三転するどんでん返し、シリアスの中に混じるユーモアに、泣いたり、笑ったりと
            観ている側の表情も佐助のように、くるくる変わって、終幕まで、飽きさせない。
            本当に何が嘘で、何が本当なのか、最後の最期までわからない。
            でも、それがまた面白い!
            (エンドロールもお見逃しなく、上海行って、天草四郎とかマジかww)


            合戦の最中に流れる音楽も、戦国時代とは思えないポップな音楽でテンション上がる。
            戦装束などで、差し色のように使われる真田の赤が綺麗で、目でも楽しめる。
            とにかく、最初から最後まで、「楽しい」の一言に尽きる。


            舞台に出演していた一部の役者は、映画では異なる役を演じていて
            すでに舞台を観ていている人も、楽しめると思います。
            ちなみに、現在上演中の舞台には、松坂桃李君や大島優子さんは出演していません。
            霧隠才蔵役は加藤和樹さん、火垂役は篠田麻里子さんが演じています。

            映画を観たら、きっと舞台も観たくなる。
            マサキも、本当に久しぶりに遠征したくなった!あひゃネコ


            “大逆転”を目撃したい方は、是非、公式サイトから ⇒ 映画『真田十勇士』


            JUGEMテーマ:映画


            よろしければ、ぽちっと一押しを→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
            | スペクタクル時代劇 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark